法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?

曹操




曹操

 

三国志で最大の国土を有することになった魏の曹操(そうそう)

 

許劭 許子将

 

彼は青年の時、三国志時代のインフルエンサー・許子劭(きょししょう)から

「君は清平の奸賊、乱世の英雄である」と評価を受けます。

しかし曹操は本当に英雄であったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




英雄とは

劉備 黒歴史

 

曹操が本当に英雄であったかを検証する前に、英雄の定義について説明しなくてはなりません。

皆さんが考えている英雄とはどういったものなのでしょうか。

強くてかっこよくて背が高いなど色々な定義を持っている方が多いと思います。

しかしばらばらな定義を持っていると収拾がつかなくなるので、

今回は私が考えた英雄の定義で曹操が英雄なのかどうかを検証していきたいと思います。




英雄の定義

曹操 真田丸

 

私の英雄の定義は

1既存の物を壊して想像した人物なのか

2カリスマ性があり、人を引き付けてやまない人物。

3多彩な能力を持っており、戦にも強かった(個人の武ではなく、戦術で優れていた)人物

4史家からの視点で英雄であったと評価をもらっている人物

 

上記の4点を持って3つ以上あてはまった場合、英雄にしたいと思います。

あくまでも私の視点での英雄の定義であるため、お気に召さないと思いますが、

気になった方のみに読んでいただければと思います。

 

曹操は英雄であったのかその1:既存の物を壊して想像した人物なのか

曹操 死

 

まず私の英雄の定義である既存の物を壊して

想像した人物に曹操が該当するのか、調べてみましょう。

曹操は既存の文化を破壊して想像した三国志の中でも唯一の人物ではないのでしょうか。

 

既存の人材登用方法を無視した、新たな登用方法「求賢令」制定

司馬朗 曹操

 

後漢時代の人材登用方法の主なものは「孝廉(こうれん)」と「辟召(へきしょう)」と

呼ばれる登用方法がありました。

孝廉は一年に一回厳正な選挙で選ばれた人材が推挙され、朝廷に仕える事になります。

また辟召と言われる登用方法は、朝廷に仕えている三公九卿や大将軍などの政府高官や

地方高官である県令や太守といった人々が自らの部下を増やすために、

人材を選んで召し抱えることのできる制度です。

これらの制度は能力があって品行方正もしくは知名度の高い人物が次々に仕える事になります。

また辟召は地方の実力者達が太守などに口添えして、

朝廷に自分の息のかかった人材を送り込んで人脈を広げようとしておりました。

こうした理由から能力の有無よりも、豪族の息のかかった人材や名声のみが高く、

たいした能力のない人物などが中央へやってくることになります。

そのため曹操は後漢で使われていた人材登用方法を廃止して、

公平な法の元で人材を登用しようと考え、

能力があれば誰でも登用する新しい人材法である「求賢令」を制定します。

 

求賢令とはいったいどういう制度

潘璋

 

曹操が制定した求賢令はいったいどのような制度なのでしょうか。

ざっくり説明しますと殺人者や人の者を盗んだことのある人など法に触れたことのある人物でも

能力さえあれば召し抱えてやるといった制度です。

後漢の人材登用方法である官僚登用方法である辟召・孝廉は

朝廷に魏の領土を支える地方官の部下を集めるにはそれなりの成果を出すことができる

人材登用法でありました。

しかし中央政府に人材を集める場合、孝廉の様な人材登用法を用いていれば、

人は集まってこないし、

集まってきた人材が果たして優秀な人材で仕事ができるのかこの点に疑問を覚えます。

そのため曹操は、犯罪者や人殺しであっても能力さえあれば仕える事のできる採用方法を用います。

この採用方法だと「孝廉」のように一年に一回集まってくる人材を待つよりも、

スピーディに人材を集めることができます。

また犯罪者は一度犯罪を犯すと官への出仕はほとんど絶望的な状況でした。

しかしこの「求賢令」はそんな人でも能力さえあれば官へ再弛緩人材を活用することができ、

優秀な人材を多く集めることができるのではないのでしょうか。再仕官することができるので、

優秀な人材は多く曹操の元へ集まってくることになります。

この「求賢令」は曹操が既存の物を破壊して新たな物取り入れた一例と言えるでしょう。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去
  2. 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情
  3. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じ…
  4. 司馬昭 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  5. 生姜を買ってくる左慈と曹操 三国時代の空には仙人たちが舞っていた!?
  6. 王政君お怒り!玉磁なげる 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  7. 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うること…
  8. 劉備主役 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 朱儁(しゅしゅん)の名声を利用しようと近づいてくる董卓
  2. 西夏の旗の兵士
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. ツンデレ曹丕

おすすめ記事

  1. 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長?
  2. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害 郭嘉を推薦する荀彧
  3. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】
  4. 【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー
  5. 紀霊とはどんな人?三国志演義では猛将だが正史では呂布の引き立て役の紀霊 紀霊
  6. 山南敬助とはどんな人?新選組から脱走した理由は? 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組

三國志雑学

  1. 曹宇
  2. 顔良と文醜
  3. 車に乗る諸葛亮
  4. 馬謖を斬り悲しむ孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の魏延
  2. 盧植
  3. 孔明
  4. 劉禅と董允
  5. 孔融と禰衡
  6. 廃仏毀釈

おすすめ記事

島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 曹休 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦 黄月英 諸葛亮の妻・黄月英は伝説だらけのスーパーレディな件 スピリチュアルにハマる光武帝 なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの? 三国志大学 曹操 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた! 蜀の劉備 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP