曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?

2016年9月16日




監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



2.戦にも強かった(個人の武ではなく、戦術で優れていた)人物

 

曹操

 

曹操は身長が小さくちびで個人的な武があまりないように思われがちですが、

実はかなりの武芸者でありました。

強弓を引くことができ、空を飛んでいる無数の鳥を射落とすことが出来るほどの弓の達人です。

また剣術の腕前にも優れており、数十人の兵士を一人で切り倒したことがあります。

しかし彼ほどの武をもってしても、個人の武で見れば三国志最強の呼び声高い呂布(りょうふ)や

長坂の戦いで逃げる劉備軍の殿を少数の兵士を率いて、

大軍である曹操軍の前に立ちはだかった張飛などの豪傑に比べれば見劣りすることでしょう。

しかし今回の英雄の条件は個人的な武の強さではなく、戦術面で優れているのかが

重要なため、個人の武はあまり関係ありません。

では戦術面において曹操はどの程度優れていたのでしょうか。

 

67戦58勝

曹操 呂布

 

曹操は後漢の混乱期に群雄として立ち上がった人物であり、

小さい戦から大きな戦まで様々な戦を勝ち抜いてきた歴戦の将軍です。

彼はその生涯をほとんどと言っていいほど戦でしたが、

戦いの数は67戦と言われております。

この67戦の間で勝った数はなんと58勝とされており、ほとんどの戦を勝利で彩っている名将と

言っても過言ではないのでしょうか。

また彼はこの58勝のほとんどを劣勢の状態から挽回しての勝利であることです。

劣勢の状態から始まった戦を挽回するには、戦術面で優れていないとまず無理であると思います。

この戦歴を超える群雄は三国志が終焉を迎えるまで誰も破ったことのない記録であり、

リアル無双を行った強い人物であることは間違えありません。

そして私が掲げた英雄の定義にバッチリ当てはまります。

 

英雄の定義その4:史家からの視点で英雄であったと評価をもらっている人物

曹操 魏王

 

さて英雄の定義最後の一つは史家からの視点で英雄であったと評価されている人物です。

曹操はその死後歴史家たちから果たして、

英雄という評価をもらっているのか調べていきたいと思います。

 

陳寿の評価

現実主義曹操

 

正史「三国志」を執筆した歴史家である陳寿は、いったいどのように曹操を評価したのでしょうか。

陳寿は「曹操は知略と法治において優れていた人物である。また人材を適材適所に配置することで、

彼の配下達は大いに能力を発揮させており、乱世に必要な人物で時代を超えた英傑である」と

ものすごく高い評価を彼に与えております。

このような高い評価得ていた曹操ですが、羅漢中が書いた「三国志演義」が世に出回り始めると、

三国志演義において悪者扱いされてしまい、ごく近年まで彼は悪者扱いを受けておりました。

しかし一人の文人が彼の評価を大きく変えることになります。

 

中華民国の文学者「魯迅」の評価

曹操 五胡十六国

 

「阿Q正伝」の著者である魯迅は、長い間三国志演義で悪者として扱われていた、

曹操を改めて評価しております。

彼は「三国志で有名な魏の曹操ですが、

彼は三国志演義のような残虐性を持っていた悪者として彼を見ることは正しい見方ではありません。」と

自らが書いた書物に記しております。

そして彼は「短い期間で滅んだ王朝の初代君主は大体悪く書かれている。

その代表的な例は秦の始皇帝です。秦も天下統一という偉大な業績を残しておりますが、

短命な王朝であったがゆえに、悪く書かれてしまいます。

曹操もまた始皇帝と同じように欠点を大々的に挙げられているために悪い人物のように、

伝わってしまっているのだと考えます。欠点も多い曹操だが、多彩な才能を持った

英雄と呼ぶにふさわしい人物であろうと思うと同時に、私は彼を尊敬しております。」と述べます。

陳寿と魯迅二人の偉大な人物が曹操をこのように高評価をしており、

私が挙げた英雄の最後の条件にあてはまるものだと考えます。

 

曹操は英雄たり得るのか…

曹操

 

曹操は私が挙げた条件をすべてクリアしていることから、彼を三国志の君主の中の英雄として

認定したいと思います。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

曹操は私が勝手に決めた英雄の条件にすべて当てはまっているので、

彼を英雄に認定させていただきました。

しかし読者の皆さんにはそれぞれ英雄の定義というものをお持ちになっているので、

気に入らないか部分もあると思います。

ですが誰が英雄たり得るのかを考えながら、特定の人物を追っていくと歴史はさらに深みを増すのではないのでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

じかいもまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~」

 

関連記事:無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 

曹操孟徳

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学
-,