よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?

この記事の所要時間: 213




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

陸遜 兵士

 

三国志に欠かす事の出来ない要素と言えば、武勇無双の豪傑、神算鬼謀の軍師

それよりなにより、全く目立つ事なく、黙々と戦う兵卒ではないでしょうか?

三国志を構成する重要な要素である兵卒、彼等はどこからやってきたのでしょう。




武帝の拡張主義が貧富の格差拡大を生み出した。

張良㈭ 広武山決戦編02 劉邦

 

三国志の時代の下地は、それ以前の漢の時代にすでに用意されていました。

すでに前漢の7代皇帝、武帝(ぶてい)の時代に騎馬民族、匈奴(きょうど)との

度重なる戦いが起き、漢の領土は大きく拡張されますが、軍事費は増大し、

劉邦の時代からコツコツと蓄えた富を使い尽くしていました。

 

困った武帝は、経済官僚の意見を入れて、塩と鉄を国家が一括して買い取り、

公定価格で売買する専売制を導入します。

 

それにより、漢の国庫は一気に潤いますが、国から委託を受けた商人の中には

意図的に、塩を高値で消費者に売りつけたり鉄製品を粗製濫造して

農民から暴利を得るなど腐敗が目につくようになります。




世界最古の経済論争、塩鉄論が巻き起こるも風潮は変わらず

 

一方で儒教を信奉する知識人は、経済に国家が介入する事に反対し、

紀元前81年、推進派の桑弘羊(そうこうよう)と激しく論争しました。

これは、世界最古の経済論争であり、この時の一部始終を記録した

塩鉄論という書物も出ています。

 

論争は儒教徒の知識人が終始リードしていましたが、

さりとて、知識人には、塩鉄の専売に対抗する経済プランは無く

酒の専売制が廃止されただけで、塩鉄の専売は続いていきます。

 

富の偏在が貧困を産み、武帝は酷吏を使って取り立てを厳しくする

疫病 村02b

 

このような風潮により、各地には塩と鉄の利益で巨万の富を築く、

大商人が出る一方で、一度の不作で税金が払えなくなり処罰を恐れて、

土地を放り出し、山賊になったり、大土地所有者になった豪族に匿われ

私有民になっていく農民が急増しました。

 

私有民が豪族に搾取され、どんな悲惨な暮らしを送っていたかを

如実に示す逸話が、崔寔(さいしょく)の「政論」にあります。

 

豪族は巨万の富を蓄え、大名のように広い土地を持ち、賄賂で役人を買収して 国の政治を動かし、ごろつきを養って民をおどしつけ、罪なき人々を殺すなど 横暴の限りを尽くしている・・・・・・だから普通の農民はほんの僅かの土地もなく 親子ともども首をうなだれ小さくなって奴隷のように豪族に仕え、妻子ともども これに使役されている。 豪族が贅沢な毎日を送っているのに対して、貧乏人はいつまでたっても 奴隷のようなみじめな暮らししかできず、衣食にも事欠く有様である。 一生働き通しても、死んだ時に葬式さえ出せない、ちょっとした不作の年には 家族はちりぢりになり妻子を売ったりしなければならない。 まったく農民の生活は、なんのために生きているのかと言いたいほど、 痛々しいものである

出典元:中国古代の貨幣

 

さて、税収の低下に対して武帝は、法律至上主義の酷吏という官僚を使い、

厳しく税を取り立てたので、困窮する農民は増大し、かえって治安は

悪化する結果になります。

 

二極化する人民、公民と私有民

 

武帝の時代以後、行き過ぎた酷吏を止めて、税を軽くするなどの措置が取られ

貧民の救済が行われますが、それでも各地の豪族の荘園に逃れて、

私民となる人々の流れは止める事が出来ませんでした。

 

こうして、前漢の終わり頃には、国家の戸籍に籍を持つ公民と、

逃げてしまって豪族の荘園で食うや食わずの搾取を受ける私有民へと、

人民は二極化していくのです。

 

シミルボン

 

【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです




関連記事

  1. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  2. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  3. 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?
  4. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  5. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  6. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主…
  7. 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動
  8. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1
  2. 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック
  3. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  4. 第2話:三国夢幻演義 龍の少年「龍の目覚め」配信中
  5. 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説
  6. LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった? 近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで? ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した! 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?

おすすめ記事

  1. 篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則
  2. 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像
  3. 【丞相ランキング】三国志で一番すごい丞相はいったい誰なの?
  4. 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える!
  5. 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった?
  6. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?
  7. 【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ
  8. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP