ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?

この記事の所要時間: 342




小野小町

 

小野小町(おののこまち)や在原業平(ありわらのなりひら)など、

平安時代の人々は沢山の和歌を詠んでいます。

でも、正直なところ、和歌って何?という人も多いのでは・・

どんなルールがあり、どんな特徴があるのでしょうか?

はじさんでは、日本固有の文化、和歌について簡単に説明します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




和歌と短歌は違うの?同じなの?

小野小町wiki

 

私達は、和歌と言ったり、短歌と言ったりします。

どちらも五・七・五・七・七の三十一文字で

構成されているのですが両者は同じなのでしょうか?

 

大きな括りで言うと、日本語で読まれる歌は全て和歌というジャンルで

実は俳句も和歌なのです、短歌や俳句は和歌という大きなカテゴリの

1ジャンルという扱いなのですね。

 

狭義で言うと和歌と短歌の違いには、枕詞の有無があります。

和歌は、たらちねの、とか、うばたまの、とか、ちはやふる、とか

必ず使わないといけない枕詞(まくらことば)がありますが、

短歌には、その縛りはありません。




日本で最初に和歌を詠んだのは神様

スサノオノミコト wiki

 

和歌を最初に詠んだのは、日本神話の伝説では

天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟のスサノオノミコトとされ、

その歌は下のようなものです。

 

「やくもたつ やくもやえがき つまごめに やえがきつくる そのやえがきを」

 

こちらの意味は、スサノオが八本首の大蛇ヤマタノオロチを退治し、

オロチの生贄になる所だった美しいクシナダ姫を救い、そのお礼として、

姫を嫁にもらった時に詠んだもので、

 

「美しい妻を誰にも見られないように、屋敷に押し込めて

屋敷の周囲には八重に垣根を造って他人が覗けないようにしてやる」

 

という恐ろしい束縛夫ぶりを発揮したシーンです。

 

このようにスサノオの過激な愛情表現として誕生した和歌は、

必然的に、人を想う歌、恋い慕う歌、別れ歌、恨み歌として

最も沢山の内容が詠まれるようになります。

 

どうして沢山の和歌が詠まれるようになったの?

キングダムと三国志

 

和歌の特徴は、日本人の性格にHITしています。

それは思った事をズバリ言う事をダサいとしている事です。

 

アメリカやイタリアでは、どこでも「アイラブユー」や、

「アモーレミオ」でOKなのかも知れませんが、

平安の昔の日本では、「好きだぜ!」とか「愛してます!」を

直線的に言う事を無粋としてNG にしていたのです。

 

「わざわざ和歌を送る位だから、気がある位知っています

なので、グッとくるような歌で気持ちを惹きつけて下さい」

 

当時の教養ある貴族は、こうして恋愛を文化にして楽しんでいました。

 

そこで、歌人は技術を凝らし、激しい想いを燃えるような夏草に例えたり、

激しい川の流れに例えたり、凍えるように白く輝く月と霜で、

独り身の寂しさを表現するようになったのです。

 

漢詩が入ってきて和歌は廃れるが、仮名文字の発明で再び盛んに・・

 

元々は文字が無かった日本では、万葉仮名(まんよう・かな)といい、

中国の漢字を音だけ拝借して和歌を表現していました。

例えば、最初のスサノオの和歌だって元々は、

 

「夜久毛多都伊豆毛夜幣賀岐都麻碁微爾夜幣賀岐都久流曾能夜幣賀岐袁」

 

と表現して、全部漢字だったのです。

 

しかし、これでは不便なので次第に漢文で文字を書くようになり、

万葉仮名の和歌は廃れていくようになります。

 

ところが、遣唐使が中国の政情不安で、西暦894年に廃止されると、

また日本の文化が見直されるようになり、その頃には現在の仮名が

完成していた事もあり、書く上での面倒くささも解消され、

和歌は再び繁栄するようになりました。

 

和歌にはルールがあるの?ないの?

和歌 f

 

和歌には、枕詞、序詞(じょことば)、掛け詞、縁詞(えんことば)

というような基本的なルールがあります。

 

ただ、個人の心情を詠むだけなら、上手い下手は無いのですが、

このようなルールが存在する事によって和歌は洗練され名人が誕生したのです。

では、一つずつルールを簡単に説明しましょう。

 

・枕詞・・・和歌の中で必ず使わないといけない五文字の言葉で、

上述した、ちはやふる、うばたまの、たらちねの、などがあります。

そして、枕詞には、必ず修飾語として決められた言葉が続きます。

 

例えば、ちはやふる、には神、神社、、うばたまの、には黒、夜、月、

たらちねの、には母、親が必ず修飾語として入ります。

 

これを知っていると、たらちねの・・とくれば、次は、母か親だなと

詠み人以外にも分り、和歌に重々しさが加わります。

 

・序詞・・・枕詞に似ていて、元の言葉を修飾して、意味を強調します。

 

例えば、

 

「あしひきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を 一人かも寝む」

 

では、「しだり尾の」次の「ながながし夜を」が序詞になります。

山鳥の尾は長いですが、それにさらにながながし夜とする事で、

独り寝の夜は長いと印象づけているのです。

 

・掛詞・・・こちらはダジャレです、用途は「待つ」と「松」、

「秋」と「飽き」など、言葉に二重の意味を持たせる言葉遊びです。

有名な小野小町の、

 

「花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」

 

でも、降るが経(ふ)る、ながめが長雨、(眺め)に掛っています。

 

こちらは、入れようとすると幾らでも入りそうですが、

あまり掛け詞を入れ過ぎると本来、何を言いたいのかが、

分らなくなってしまうので注意が必要です。

 

・縁詞・・・これは、和歌の中で使う言葉と関連する言葉を入れるという事で

例えば、蝶なら、ひらひら、袖なら、涙、結ぶ、川なら、流る、棲む、はやし

と、それに関連する言葉をつけていきます。

 

例えば、和歌の達人で歌仙の紀貫之(きのつらゆき)には、

こんな掛け詞満載の和歌があります。

 

「青柳の 糸よりかくる 春しもぞ みだれて花の ほころびにける」

 

ここには、糸の縁詞として、みだれる、ほころび、よりかくる

という3つの縁詞が織り込まれていますが、意図的に織り込まれたとも

感じさせない見事な和歌ですね。

 

kawausoの独り言

kawauso 三国志

 

以上のように、和歌は、物事をストレートに言わず、比喩や例えを

多用して気持ちを表現するという日本人の性質に適合し、

長い、長い期間を生き残ってきました。

 

そして、次第に、ルールが整備されて縛りができつつも、

その縛りを感じさせない巧みさで歌を詠むという技巧まで凝らされます。

和歌は、このようにして現代人でも、あっと驚く程の高い、

文学性や芸術性を培っていったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  2. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  3. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  4. 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物
  5. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女と…
  6. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦…
  7. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…
  8. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超
  2. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  3. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード
  4. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  5. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?
  6. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう) 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった

おすすめ記事

  1. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  2. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る!
  3. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】
  4. 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説
  5. 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦
  6. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2
  7. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟
  8. 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP