キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

張良㈬ 鴻門の会編01 劉邦

 

いつ果てるともしれない戦乱のイメージしかない三国志の時代ですが、
その傍らでは、とあるスポーツが大ブームになっていました。
今回は、忘年会の余興に使えるかもしれない?
超ホットでクールなスポーツ、撃壌(げきじょう)を紹介します。




撃壌のルールとプレイスタイルを解説

撃壌

 

撃壌とは、遥か堯(ぎょう)帝の時代から中国人の心を捉えて離さないスポーツです。
前置きは、兎も角、まずは、そのプレイスタイルについて説明しましょう。

 

撃壌をプレイする上で必要なもの

孔明

 

①服装      :動きやすいラフな格好でよい

②使用するアイテム:壌という木製の沓(くつ)の形をしたアイテムを複数

※沓形のアイテムがないなら、室内で自分の靴を利用しても可能です。




撃壌のルール

撃壌

 

① 地面に、壌を立てて置いておく
② 壌を立てた場所から、30歩から40歩離れた地点から、
別の壌を投げ、地面に立てた壌を撃ち、倒す事が出来ればポイント

※壌を撃つ、だから撃壌というんですね。

 

撃壌のプレイ人数

プレイ人数は、2~6名程度が盛り上がる。
1投ずつ壌を投げていき、投げ終わった人は列の一番最後に再び並ぶ。
こうして壌を倒した回数がより多い人が勝ちとなるシンプルルール。

※今風にいうと、玉を投げないボーリングみたいな感じですかね?

 

本当にあったスポーツだったのか?

 

こうして書くと、あまりに適当に見えて、実在したスポーツなの?
と疑りたくなりますが、撃壌は後漢初期の合理主義者であり
儒教的な思想家として有名な王充の著作である「論衡」の
芸増編に出てくるような由緒あるスポーツだったりします。

正直、なんだか、ヒマ人が酔った勢いで始めた悪ふざけが、
そのままスポーツ化したようなイメージなのですが、
王充がわざわざ書いた位ですから、広く当時の名士が、
楽しむような紳士なスポーツだったのだと推測されます。

※出典 論衡  著者王充

 

シミルボン

 

【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  2. 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?
  3. 関羽 関羽の名言にはどんなモノがあるの?
  4. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  5. 甘寧と凌統 よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  6. 魯粛 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!!
  7. 劉邦と劉備 劉備と劉邦
  8. 荒れる黄河 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  2. 曹丕
  3. 孔明を持ち上げる魏延
  4. 織田信長
  5. 東京五輪のボランティア いだてん

おすすめ記事

  1. 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ
  2. 周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  3. 中国・西安の秦兵馬俑博物館に行ってきた
  4. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻 張遼 カカロットーーーー!
  5. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの?
  6. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

三國志雑学

  1. 呉の孫権は皇帝
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 馬良(眉白)
  5. キングダム53巻

おすすめ記事

土いじりをする劉備 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!? 三国志の地図(州) 漢王朝の地図はどのように変化した?現代の中国地図とほぼ同じ? 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました はじめての三国志編集長 kawauso 【祝】はじめての三国志TVチャンネル登録者5000人突破 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗む」の見どころ紹介 どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん 大河ドラマの田畑政治とはどんな人?いだてんの主人公を紹介 夏侯惇 【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP