三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

張良㈬ 鴻門の会編01 劉邦

 

いつ果てるともしれない戦乱のイメージしかない三国志の時代ですが、
その傍らでは、とあるスポーツが大ブームになっていました。
今回は、忘年会の余興に使えるかもしれない?
超ホットでクールなスポーツ、撃壌(げきじょう)を紹介します。




撃壌のルールとプレイスタイルを解説

撃壌

 

撃壌とは、遥か堯(ぎょう)帝の時代から中国人の心を捉えて離さないスポーツです。
前置きは、兎も角、まずは、そのプレイスタイルについて説明しましょう。

 

撃壌をプレイする上で必要なもの

孔明

 

①服装      :動きやすいラフな格好でよい

②使用するアイテム:壌という木製の沓(くつ)の形をしたアイテムを複数

※沓形のアイテムがないなら、室内で自分の靴を利用しても可能です。




撃壌のルール

撃壌

 

① 地面に、壌を立てて置いておく
② 壌を立てた場所から、30歩から40歩離れた地点から、
別の壌を投げ、地面に立てた壌を撃ち、倒す事が出来ればポイント

※壌を撃つ、だから撃壌というんですね。

 

撃壌のプレイ人数

プレイ人数は、2~6名程度が盛り上がる。
1投ずつ壌を投げていき、投げ終わった人は列の一番最後に再び並ぶ。
こうして壌を倒した回数がより多い人が勝ちとなるシンプルルール。

※今風にいうと、玉を投げないボーリングみたいな感じですかね?

 

本当にあったスポーツだったのか?

 

こうして書くと、あまりに適当に見えて、実在したスポーツなの?
と疑りたくなりますが、撃壌は後漢初期の合理主義者であり
儒教的な思想家として有名な王充の著作である「論衡」の
芸増編に出てくるような由緒あるスポーツだったりします。

正直、なんだか、ヒマ人が酔った勢いで始めた悪ふざけが、
そのままスポーツ化したようなイメージなのですが、
王充がわざわざ書いた位ですから、広く当時の名士が、
楽しむような紳士なスポーツだったのだと推測されます。

※出典 論衡  著者王充

 

シミルボン

 

【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  2. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  3. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  4. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…
  5. 【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった?
  6. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散…
  7. 曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図
  8. 曹操が三国一の大国・魏を作ることができた秘訣はヨイショだった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 海賊時代の孫堅と孫策
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 真田丸 武田信玄
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 聖徳太子の地球儀
  6. 魏の占い師・周宣(しゅうせん)

おすすめ記事

  1. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3
  2. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】
  4. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  5. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  6. 龐徳は馬超に義理で部下になっていた!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉備は剣術を使うことができたのか正史・演義から調べてみた 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣 さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説 陸抗 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 諸子百家って何?春秋戦国時代に花開いた思想の数々をご紹介 キングダム 533話 ネタバレ予想:失われた士気 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

おすすめ記事

  1. 古代出雲王国の躍進、元祖「国盗り物語」?荒ぶる神スサノオ
  2. 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう!
  3. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?
  4. 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!
  5. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢
  6. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  7. 曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは? 曹植
  8. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP