法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

張良㈬ 鴻門の会編01 劉邦

 

いつ果てるともしれない戦乱のイメージしかない三国志の時代ですが、
その傍らでは、とあるスポーツが大ブームになっていました。
今回は、忘年会の余興に使えるかもしれない?
超ホットでクールなスポーツ、撃壌(げきじょう)を紹介します。




撃壌のルールとプレイスタイルを解説

撃壌

 

撃壌とは、遥か堯(ぎょう)帝の時代から中国人の心を捉えて離さないスポーツです。
前置きは、兎も角、まずは、そのプレイスタイルについて説明しましょう。

 

撃壌をプレイする上で必要なもの

孔明

 

①服装      :動きやすいラフな格好でよい

②使用するアイテム:壌という木製の沓(くつ)の形をしたアイテムを複数

※沓形のアイテムがないなら、室内で自分の靴を利用しても可能です。




撃壌のルール

撃壌

 

① 地面に、壌を立てて置いておく
② 壌を立てた場所から、30歩から40歩離れた地点から、
別の壌を投げ、地面に立てた壌を撃ち、倒す事が出来ればポイント

※壌を撃つ、だから撃壌というんですね。

 

撃壌のプレイ人数

プレイ人数は、2~6名程度が盛り上がる。
1投ずつ壌を投げていき、投げ終わった人は列の一番最後に再び並ぶ。
こうして壌を倒した回数がより多い人が勝ちとなるシンプルルール。

※今風にいうと、玉を投げないボーリングみたいな感じですかね?

 

本当にあったスポーツだったのか?

 

こうして書くと、あまりに適当に見えて、実在したスポーツなの?
と疑りたくなりますが、撃壌は後漢初期の合理主義者であり
儒教的な思想家として有名な王充の著作である「論衡」の
芸増編に出てくるような由緒あるスポーツだったりします。

正直、なんだか、ヒマ人が酔った勢いで始めた悪ふざけが、
そのままスポーツ化したようなイメージなのですが、
王充がわざわざ書いた位ですから、広く当時の名士が、
楽しむような紳士なスポーツだったのだと推測されます。

※出典 論衡  著者王充

 

シミルボン

 

【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  2. 劉備と曹操 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…
  3. 呂布に殺害される丁原(ていげん) 呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?
  4. 悩む司馬炎 司馬炎の息子は一体何人いたの??
  5. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパル…
  6. 後宮にいる美女の階級事情 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪
  7. 徐晃 徐晃が地味な原因は裏方仕事が多いせいだった!
  8. 嬴政(始皇帝) 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 育てる三国志の華
  2. 熱血曹操
  3. 呉の勢力を率いる孫策
  4. 城の前を掃除する孔明
  5. 玉璽
  6. 後継者を決めずにダラダラする袁紹

おすすめ記事

  1. まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操 曹操
  2. 【三国志トランプ】なぜこの顔ぶれなのかちょっと謎! 袁術と董卓
  3. 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった? 周瑜と孫策
  4. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  5. 【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの?
  6. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決

三國志雑学

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 周瑜 周郎
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志 まんがで読破
  2. 真田丸 真田幸村
  3. 劉備主役
  4. 水時計
  5. 劉備軍 曹操軍

おすすめ記事

張良と始皇帝 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3) 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった? 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国志マニアになろう 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません! 郭嘉 vs 法正 郭嘉と法正って似ている所あったの? 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬 程普 【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話 老荘思想(ろうそうしそう) 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP