三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌

この記事の所要時間: 126




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

張良㈬ 鴻門の会編01 劉邦

 

いつ果てるともしれない戦乱のイメージしかない三国志の時代ですが、
その傍らでは、とあるスポーツが大ブームになっていました。
今回は、忘年会の余興に使えるかもしれない?
超ホットでクールなスポーツ、撃壌(げきじょう)を紹介します。




撃壌のルールとプレイスタイルを解説

撃壌

 

撃壌とは、遥か堯(ぎょう)帝の時代から中国人の心を捉えて離さないスポーツです。
前置きは、兎も角、まずは、そのプレイスタイルについて説明しましょう。

 

撃壌をプレイする上で必要なもの

孔明

 

①服装      :動きやすいラフな格好でよい

②使用するアイテム:壌という木製の沓(くつ)の形をしたアイテムを複数

※沓形のアイテムがないなら、室内で自分の靴を利用しても可能です。




撃壌のルール

撃壌

 

① 地面に、壌を立てて置いておく
② 壌を立てた場所から、30歩から40歩離れた地点から、
別の壌を投げ、地面に立てた壌を撃ち、倒す事が出来ればポイント

※壌を撃つ、だから撃壌というんですね。

 

撃壌のプレイ人数

プレイ人数は、2~6名程度が盛り上がる。
1投ずつ壌を投げていき、投げ終わった人は列の一番最後に再び並ぶ。
こうして壌を倒した回数がより多い人が勝ちとなるシンプルルール。

※今風にいうと、玉を投げないボーリングみたいな感じですかね?

 

本当にあったスポーツだったのか?

 

こうして書くと、あまりに適当に見えて、実在したスポーツなの?
と疑りたくなりますが、撃壌は後漢初期の合理主義者であり
反儒教的な思想家として有名な王充の著作である「論衡」の
芸増編に出てくるような由緒あるスポーツだったりします。

正直、なんだか、ヒマ人が酔った勢いで始めた悪ふざけが、
そのままスポーツ化したようなイメージなのですが、
王充がわざわざ書いた位ですから、広く当時の名士が、
楽しむような紳士なスポーツだったのだと推測されます。

※出典 論衡  著者王充

 

シミルボン

 

【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深…
  2. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣
  3. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー
  4. 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面…
  5. 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯
  6. まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家
  7. 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男…
  8. 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawaus…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部
  3. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  4. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  5. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性
  6. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる? 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント? 東方明珠って、何者? 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの? 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】

おすすめ記事

  1. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは?
  2. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  3. 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  4. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!
  5. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  6. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)
  7. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  8. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.3【完】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP