ライセンシー募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての漢

【3分で分かる】王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物

この記事の所要時間: 419



楊儀

 

王充(おうじゅう)は字を仲任(ちゅうじん)といい、

後漢の初期である建武3年(西暦27年)に生まれました。

天文上の日食を政治の不吉と見做したり、呪術などが流行していた

迷信だらけの当時、王充は驚異的な合理主義で見聞する事象の全てを疑い、

反証をなして迷信を徹底論破するという事を行いその一連の作業を

論衡(ろんこう)という書物に残しています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




予言などというのはインチキである

孔子 儒教

 

王充の生きていた時代、儒教の開祖孔子(こうし)は神格化が進んでいて、

堂々とそれを批判するのはタブーでした。

 

始皇帝

 

その逸話の中には孔子が就寝中に、始皇帝(しこうてい)

我が家を荒らす夢を見て、やがて暴君が登場する事を予言し

嘆息したというものがありました。

 

このような予言は聖人の証だったのですが、王充は信じません。

 

「その書物を読んだが、そこには始皇帝などという文字は無かった、、

誰かが孔子の夢に出て、家を荒らしたという事はあったかも知れないが

それが始皇帝だと孔子は断定していないのである。

つまり、これは後世の人が始皇帝が登場した後に、この書物を読み、

孔子の夢に登場した謎の男を始皇帝に当てはめただけなのだ。

世に言う予言とは、大抵はこういうものだ」




懐かしいノストラダムスの予言も、この類だった

ノストラダムスの大予言

 

1999年前後に大流行した、ノストラダムスの大予言ですが、

あれも、ノストラダムスが記した幻想的な詩を無理やりに歴史的な

事件に当てはめて予言が当たったと言っていただけでした。

そもそも、ノストラダムスは、その詩が予言などとは言っていません。

王充が現在にいても、同じ事を理由にインチキを見抜いたでしょう。

 

雷神などいない、あれは自然現象だ

雷怖くない 能ある劉備

 

王充の生きていた時代、雷の直撃で死んでしまう人は、

あまり良くないモノを食べた神罰だと言われていました。

これも儒教が食事に細々とうるさいのを雷に仮託したのでしょうが、

王充は、この事にも猛然と異を唱えます。

 

「良くないモノを食べた人が雷に直撃されて死ぬのなら、

それは雷に意志があるという事になる。

しかし、一方では食中毒になる人は悪いモノを食べたのに

落雷を受けない、これは何故だろうか?

雷が、ある人には落雷を落とし、ある人には落とさない、、

これは雷がえこひいきをしているのか?」

 

王充は落雷現場に行き、実況見聞をしていた!

雷 f

 

王充は若い頃、落雷で沢山の羊が死亡する事件に出くわし、

その現場を見た事がありました。

そこで王充は、死んだ羊の体に、すべて火傷の痕が

ついている事を発見していたのです。

 

「結論を言えば、雷には意志などありはしない、、

だから、良くないモノを食べた、食べないに関係なく、

人にも落ちれば家畜にも落ちるのである。

雷の正体とは自然現象であり、それは熱く焼いた金属に

水をかけると凄まじい音を出して爆発するようなものだ

天において、そのような事が起き、たまたまその近くにいた

人間や家畜が、その被害で大やけどを負い死ぬのである」

 

実際の落雷は静電気によって起きる事が今では証明されていて

王充の言う、焼けた金属に水をかけるという説は間違いですが、

彼の非凡な所は落雷という現象を科学的に考えた点でした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明
  2. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  3. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  4. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生…
  5. 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!
  6. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  7. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  8. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え
  2. 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?
  3. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?
  4. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  5. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった
  6. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介 【はじめての水滸伝】役級を一挙公開、これが好漢だ! 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの? 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは? どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康 もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

おすすめ記事

  1. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る
  2. 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  3. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン
  4. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  5. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?
  6. 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  7. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  8. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP