ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?

兵士 朝まで三国志




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

兵士 朝まで三国志

 

三国志では、何万人という兵士が、将軍に率いられて、

時には数年という長い期間、各地を転戦したりします。

もちろん、彼等も人間、ただ配給の食糧を得るだけで、何年もの間

牛馬のような行軍は出来ないのであり、必ず息抜きを必要としました。

そこで誕生したのが軍市(ぐんし)という存在です。

 

今回は、三国志の話の表では、知る事が出来ない、

兵士達の心のオアシス、軍市について紹介します。




将軍が開いた兵士専用の娯楽件市場 軍市

潘璋

 

記録によると、軍市の存在は、紀元前3世紀の戦国末期に見られると言います。

「商君書」墾令(こんれい)偏によると、当時の軍市の様子がこのようにあります。

 

「軍市を興す時には、女を入れてはいけない、

そして、しかるべき商人を指名して商いをさせて、

兵士が必要な食料品を手に入るようにしてやり、

同時に娯楽などを提供すべし

 

軍市を置いて、食料品を売らないと、兵士は不満が溜まり

盗みなどが横行するようになるので注意が必要だ。

また、軍市に置いては、身元の確かな人間だけを入れ、

不良や博徒、遊侠の徒などは入れてはいけない。

 

そうなると、軍の規律が乱れ、その乱れは辺りの

町にも広がり、農民まで感化されて怠惰になるだろう

軍市の決まりが守られれば、農民は悪風に染まらず、

荒れ地は立派な農地になるのだ」

 

参考文献:商君書 中国流統治の学

著者: 守屋 洋/出版社: 徳間書店




大騒ぎをする兵士の中で命がけの稼ぎをする商人

潘璋

 

商君書では、軍市では、女を置かない事、決められた商人以外は、

軍市に出入りさせない事が決められています。

そういう事が守られないと周辺の町の農民まで悪風に染まると

書いていますから、軍市の中が、どんな様子か想像がつきます。

 

おそらく、兵士は普段の牛馬のような扱いのストレスを爆発させ

喰い散らかし、飲み散らかしたのでしょうし、あちこちで、

喧嘩も発生し刃物沙汰も生じたのでしょう。

 

なにしろ、市というのは常設ではありませんから、

軍市が立つ時に、ここぞとばかりに憂さを晴らそうとする

兵士の行動は、刹那的で殺伐としていても仕方ありません。

 

そんな中で商売をする商人や大道芸人は、文字通り、命の危険を

感じながら、体を張って商売していたのだと思われます。

書かれてはいませんが、軍市の商品は通常より割高で、

そうであればこそ、危険な軍市で商いをする人もいたのでしょう。

 

また、女を置かない事というのは、娼婦の事であり、

性病の蔓延や、喧嘩、或いはこちらの情報が娼婦を通し、

敵に漏れる事を防ぐという意味合いがあったようです。

 

参考文献:画像が語る中国の古代

著者: 渡部 出版社: 平凡社

 

将軍の儲けになった軍市の税金

 

この軍市は将軍の命令で置く事が認められ、その監督は、

軍市官という人間が当たりましたが、この軍市官の任命も

将軍の人事権の中で出来ました。

 

軍市で商売をした商人は一定の軍市之租(ぐんしのそ)という

税金を将軍に支払っていたようです。

 

この軍市之租は、国に納める性質のものではなく、

将軍の個人的なポケットマネーになりました。

一般の市では、売上の2%を納めていたそうですから、

全体で100万銭が売上げられれば税は2万銭、

何度か市を開けば、結構な金額になります。

 

将軍は、こうして、ポケットマネーを集めていき、

時折、士気を高める為に、兵士に酒食を振る舞ったり、

褒美を取らせる時の費用として使っていたようです。

 

辺境を守っていた将軍と言えば、三国志董卓(とうたく)がいますが、

彼は部下には気前が良い将軍だったようで、或いは、軍市で徴収した租を

惜しげなく、部下に使っていたという事かも知れません。

 

シミルボン

 

【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 黄忠 老将黄忠の活躍に関羽も嫉妬?生涯現役を貫いた猛将を考察
  2. 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説
  3. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 三国時代の経済ってどうなってたの?
  4. 太史慈 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介
  5. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  6. 孫皓と張俊 びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  7. 袁術と呂布 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!
  8. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮 孫亮は皇帝になっても何にもできなかったってホント?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回
  2. 三国志の計略と孔明
  3. 司馬朗と司馬防
  4. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  5. kawauso
  6. 桃園の誓012
  7. 蔣琬(しょうえん)

おすすめ記事

  1. 陳宮の珍エピソード?実は主君・呂布が大嫌いだった? 怒る陳宮
  2. 忘年会の語源は?忘年会の雑学で使える禰衡と孔融の忘年の交わり 忘年会の特集バナー ver.3
  3. 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ! 大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操
  4. キングダム最新ネタバレ598話「紡ぐ者」レビュー キングダム53巻
  5. 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  6. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝 荀彧 怒る

三國志雑学

  1. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  2. 愛馬に乗る張遼
  3. 陸遜


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 祝融
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 徐庶
  4. 卞夫人 曹操
  5. 趙雲
  6. 曹操は関羽をGET
  7. 桃園の誓012
  8. 郭嘉の本
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

劉備の臨終に立ち会う孔明 劉備はいつから病気になっていた?晩年の判断ミスをすべて病気のせいにしてみる キングダム 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想 糜竺(びじく) 糜竺とはどんな人?すべてを捨てて劉備に付き従った忠義者 はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに曹丕・袁紹を追加しました 黒船(ミシシッピ号) 東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった! 楚の旗と兵士 戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻 勝海舟は犬が苦手?犬のせいで命を失いそうになった勝海舟? 曹操 孔明をチェック 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP