はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての漢

董卓は実は名将軍であるという根拠




董卓戦上手なの?

 

三国志演義では、史上希に見る暴君として悪役ぶりを発揮する菫卓(とうたく)

 

個人の武勇は、馬上で左右の腕を使って弓を引けるというように、

豪勇無双ですが、将軍としては黄巾賊に敗北して職をクビになるなど

戦争は下手であったと言われています。

 

しかし、私が考えるにこれは飽くまでも百戦百勝する将軍が

良い将軍という狭い価値観から来るものでしかありません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!?

関連記事:董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?

 

 

董卓の数ある実績

董卓えらそう 独裁

菫卓は、20年以上も西涼という土地で羌族との国境線を、

20万の大軍を率いて守り、その間100戦以上を経験。

その間、羌族を完璧に抑えています。

 

これは、単純に戦に強いだけではなく、菫卓が羌族の首領とも

交流を持ち、その動きを把握していたからこそ出来た事です。

 

 

黄巾賊との戦いで菫卓が敗北したのは、羌族相手とは

勝手が違う宗教団体との戦争だったからでしょう。

 

黄巾賊との戦闘でヘマをした菫卓は暫く引っ込んでいましたが、

ここで羌族と組んだ韓遂が叛乱を起こし、漢の領土に侵攻してきたので、

急遽、菫卓は朝廷に呼びもどされ鎮圧命令を受けます。

 

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

 

董卓、無傷の撤退

董卓、無傷の撤退

 

菫卓軍は、ここで数万の羌族に包囲され、食糧が欠乏、全滅の危機に陥りますが

菫卓は少しも慌てず、魚を取る振りをして包囲を抜けだし、

途中の川を堰止めて堤防を造り、自軍を撤退させてから堰を切りました。

この大水で騎馬の羌族は悠々と撤退する菫卓軍を追撃できず、

菫卓軍は無傷で撤退できています。

 

ここを見ても、菫卓は勝手知ったる騎馬民族との戦いでは、

非常にキレる判断を出している事が分かります。

 

 

朝廷は董卓の知略に恐れていた

朝廷は董卓の知略に恐れていた

 

朝廷は菫卓の知略を恐れて、彼が保有している軍勢を取り上げて

左将軍の皇甫嵩に与え少府という役職に就けて懐柔しようとします。

 

しかし、自分の価値が、涼州を守備する20万の軍勢を持っている事、

そして羌族とのパイプを持っている事であると知っている菫卓は、

この栄転を黙殺し続けました。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

相手からすると嫌な将軍

董卓 はじめての三国志 ゆるい

 

こうして見ると、菫卓は、百戦百勝ではありませんが、

自分の強みを知っていて、肝心な部分では必ず勝利しますし、

どんな窮地に陥っても飄々と脱出してしまい致命的なダメージを受けません。

 

負けても、負けても、次には負けた事など忘れたかのように

前線に立って、軍を指揮している。

 

敵から見ると、こんなに嫌な将軍はいないのではないでしょうか?

それは翻って味方として考えると名将軍であると言えるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行

関連記事:董旻(とうびん)ってどんな人?董卓を補佐した弟の生涯に迫る!

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?
  2. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進…
  3. 徐庶と出会う劉備 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢…
  4. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓
  5. 関羽 3つの条件 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件
  6. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じ…
  7. 何皇后(毒蛇) 何進 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?
  8. 曹操様お守りします 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 曹植
  3. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  4. 孔明 東南の風
  5. 合肥の戦いの満寵

おすすめ記事

  1. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか? 曹仁 三国志 ゆるキャラ
  2. 読者の声(2018年9月1日〜21日)
  3. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  4. 【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選
  5. 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話
  6. 袁紹が得意とした坑道戦とは?

三國志雑学

  1. 曹丕
  2. 蜀の魏延
  3. 城 銅雀台
  4. 徐庶
  5. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組
  3. 劉邦と劉備

おすすめ記事

担がれる劉邦 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 法正 法正が生きていたら夷陵の戦いは敗北はなかった?軍師法正と夷陵の戦い 合肥の戦いの満寵 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 劉備にカリスマ性があったの?三国志の英雄・劉備玄徳のカリスマの真実 kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」 劉邦をなだめる陳平と張良 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP