広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!

この記事の所要時間: 213




 

キングダムに登場し、秦王政を苦しめ続けてきた呂不韋(りょふい)

彼は秦の国の丞相として君臨し、政治・軍事を一手に引き受けており、

秦の国では秦王政よりも権力を持っていた人物でした、

元々呂不韋は一介の商人でしたがどうして秦の宰相に成り上がることができたのでしょうか。

今回は呂不韋が秦の宰相になることができたきっかけをご紹介したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




衛の商人・呂不韋

 

呂不韋は戦国時代の人で、衛という物凄く弱小国の出身です。

彼は商人として色々な人に物流や何が高く売ることができるのかを学びながら商人として、

成長してきます。

戦国時代の商人には色々な物を扱っていますが、多くは武器や兵糧であったと思われます。

しかし呂不韋は武器や兵糧よりも宝物や什器を取り扱っておりました。

上記の物は物が嵩張ることなく輸送費もほとんどかかるものではありませんが、

各国の王や貴族、公族達へ売り払えば高値で買ってくれるものでした。

呂不韋はこれらを趙国などから買い入れて、他国の王や貴族、公族達に売り払ってかなりの

金儲けに成功します。




ボロ屋に住んでいた秦の王族を発見

 

呂不韋は王や貴族達が好みそうな物を手に入れて、趙へ向かいます。

趙の貴族達にいつも通り宝物を買ってもらうと一軒のボロボロの家を見つけます。

この家に住んでいたのは趙に人質として預けられている

昭襄王(しょうじょうおう)の息子の一人である異人(いじん)が住んでいることを知ります。

呂不韋ボロボロの家の前に留まり色々と考えているとある事を思いつきます。

そして彼はボロボロの家の戸を叩いてなかにいるであろう秦の公族と出会うことになります。

 

呂不韋の出世はこのボロ屋に住んでいる異人から始まる

 

呂不韋は戸を叩いて秦の公族である異人と出会うことになります。

異人は「何用じゃ」と呂不韋に尋ねます。

すると呂不韋は「あなた様を秦王へなれるようにするためにやってきたものです。」と述べます、

偉人は「はいはい。嘘ばっかついてんじゃあない。」と言って戸を締めようとしますが、

呂不韋が「あなた様はこのままでは趙の王によって殺害されてしまうかもしれませんぞ。

それでも良いなら私はここで失礼させていただきます。

しかし私の話をちょっとくらい聞いてみようかなと思ったのであれば、

私の話を聞いてみても損はありますまい」と述べます。

偉人はこの呂不韋の言葉を聞いて彼を家の中に招き入れることになるのです。

そして呂不韋はこの異人の家に招き入れられてことによって、

出世する端緒を掴むことになるのです。

 

異人を咸陽へ返す方法とは

 

異人は呂不韋を家の中に招き入れると彼と膝を突き合わせて話し込みます。

彼は呂不韋へ「どうすればわしは王になるのことができるのか」と問います。

すると呂不韋は「私は各国へ出入りしている商人で、秦の内情にもそこそこ詳しいです。

あなた様を秦の国主である王へ就任させる方法はこのような方法です」と述べます。

呂不韋が異人を秦王へ就任させる手順は

1:安国君(あんこくくん)が一番気に入ってる女性である華陽公主(かようこうしゅ)の

姉を口説き落として信頼感を得ること

2華陽公主の姉の信頼感を得た後に華陽公主と会って、

趙で人質となっている異人の話をする。3華陽公主が安国君に異人を後継者にするように推挙。

上記四つのステップを踏むことでうまくいくであろうと異人へ述べます。

このことを聞いた異人は早速呂不韋へ頭を下げてお願いすることになります。

 

戦国ライター黒田レンの独り言

 

さて呂不韋は異人へ上記で説明したステップを踏んで異人を王へ就任させるための計画を立案。

この計画は果たしてうまくいくのでしょうか。

それは次回ご紹介したいと思います。

 

参考文献 講談社 覇者への道 尾崎秀樹著など

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる

関連記事:【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…
  2. 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘…
  3. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  4. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  5. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!…
  6. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…
  7. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官
  8. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将
  2. はじめての三国志開設2周年のご挨拶
  3. 正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ)
  4. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣
  5. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  6. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント! 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家 びっくり!三国時代の文化は日本に近かった? 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!? 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの? 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?

おすすめ記事

  1. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」
  2. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  3. 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?
  4. 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操
  5. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  6. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行
  7. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3)
  8. 衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP