編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての変

衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

この記事の所要時間: 342
photo credit: P6290038.sm via photopin (license)

photo credit: P6290038.sm via photopin (license)

 

諸子百家(しょしひゃっか)は己の理想を体系化し、思想として後世に残しました。

(縦横家だけは少し違いますが)

 

為政者は己の人徳を以って下々を従わせ、人民は年長者と目上のものに礼儀を尽くすことで国家の安泰を図ろうとした儒家、

厳正な法律による秩序を求めた法家、博愛と非戦を説いた墨家……。

 

しかし、どのような理念であっても、そこにはどうしても欠点が生じてしまいます。

 

ならば、それぞれの考えの良いところを取ればいいのでは?

そんな“調子のいい”ことを考えたのが雑家でした。

 

 

諸子百家の百科事典『呂氏春秋』って何?

呂不韋

 

雑家を代表する思想家に、呂不韋という人物がいます。

彼は人気コミック『キングダム』でも知られる秦王、政に仕え、その丞相として権勢を誇った人物でした。

 

その呂不韋が各地から集めた食客たち(一説にはその数3000人もいたと言われます)から

得た知識をまとめ記した書物を『呂氏春秋』といいます。

 

呂不韋自身は道家思想を持っていましたが、『呂氏春秋』は中立的な立場から編纂された書物で、

儒家や法家、墨家といった諸子百家の主張からいいとこ取りして作られたまるで百科事典のような書物でした。

 

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

関連記事:戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?

 

一字千金(イチジセンキン)の語源も面白い

 

呂不韋はこの本の出来栄えを鼻にかけ、市場の真ん中にそれを開いて置くと、

「この書物に一字でも書き足す、あるいは一字でも削除できたものには千金を与えるぞ」とお触れを出したそうです。

 

この故事から、非常に優れた文章を賞賛する故事成語として『一字千金』が生まれました。

 

秦の異人を利用して成り上がりを図る呂不韋

 

呂不韋はもともと商人として各地を渡り歩き、富を築いていました。

彼は趙の国で、囚われの身であった秦の王族に連なる人物と出会います。

 

囚われの身でみすぼらしいなりをしたその人物を、周囲の者は相手にしませんでしたが、呂不韋は彼を利用して秦で成り上がることを思いつきます。

この時、彼がその人物を見て発した言葉「奇貨居くべし」という言葉は、

後にチャンスを逃してはならないという意味の故事成語として用いられるようになります。

 

秦王をプロデュースし、丞相となる呂不韋

始皇帝 はじめての三国志

呂不韋の根回しによって、秦に王族として帰ることになった異人は、名前を子楚と改めます。

子楚は帰国に際し、呂不韋が寵愛していた芸姑を譲って欲しいと申し出ます。

 

呂不韋は愛人を失うことをためらいましたが、

ここで子楚の機嫌を損ねるのも得策ではないと考え、結局彼女を子楚に譲ります。

 

 

しかし、この時芸姑はすでに呂不韋の子を身ごもっていました。

子楚が秦に帰国した後に生まれたその子は政と名付けられます。

 

……そう、後の秦の始皇帝の父親は呂不韋だったのです。

 

関連記事:三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

秦の宰相に成り上がった呂不韋

呂不韋

 

子楚の子である政が秦王になると、呂不韋は丞相として絶大な権限を手にします。

かつて愛人だった芸姑=現在の太后との不義密通も続いていました。

 

嫪毐(ろうあい)という男を後宮を送り込む

嫪毐 ろうあい

 

しかし、さすがに身の危険を感じ始めた呂不韋は、

根が淫乱だった太后に嫪毐(ろうあい)という男を紹介、宦官であると偽って後宮へと送り込みました。

 

嫪毐は太后の寵愛を受け、呂不韋に続く権力を得ますが、太后との不義密通がバレて謀反を起こそうとします。

結局彼は政に討伐されてしまいます。

 

関連記事:嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる

 

呂不韋は最期どうなるの?

photo credit: Yogic via photopin (license)

photo credit: Yogic via photopin (license)

 

嫪毐の謀反の罪は彼を後宮に入れた呂不韋にも波及、その罪に連座させられます。

 

この時は、これまでの功績を考慮した政によって丞相の職からの罷免と蟄居で済まされますが、後に叛乱を疑われて流刑となり、

呂不韋は己の末路を悟って服毒自殺しました。

 

商才には長けていた呂不韋?

 

もともと商人の出である呂不韋はおそらく商才に長けていたのでしょう。

 

ビジネスチャンスを見逃さない商人である呂不韋にとって、

諸子百家の思想もまた、便利な商売道具に過ぎなかったのかもしれませんね。

 

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

関連記事

  1. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  2. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  3. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  4. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将…
  5. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神に…
  6. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  7. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  8. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  2. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  3. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  4. 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう
  5. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟
  6. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか? 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰? 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長久手の戦い

おすすめ記事

  1. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  2. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達
  3. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ
  4. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  5. 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について
  6. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!
  7. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  8. 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP