はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁

この記事の所要時間: 32




photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)

 

春秋戦国時代の君主は器の大きい人や面白い人が結構多いです。

春秋五覇の一人である斉の桓公(かんこう)は、

自分の命を狙った管仲を自分の配下に加えたことによって斉は覇者へと突き進んでいきます。

それとは反対に宋の襄公(じょうこう)という人物は覇者の地位をつかもうとして、

意味不明な行動に出た後、亡くなってしまいます。

今回は意味不明な行動を取ったせいで、

覇者の地位を掴むどころか自らの命を失うことになってしまった

「宋襄の仁」と言われる故事をご紹介しましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




覇者の地位を狙う

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

斉は桓公が斉の国のトップに立った事と宰相に管仲を用いたことによって、

覇者の地位を手に入れます。

その後桓公が亡くなったことで斉は覇者の地位を手放すことになってしまいます。

桓公死後、天下の国々は覇者を目指そうとします。

斉の隣国にある宋の国の襄公も覇者の地位を目指す一人でした。

彼は覇者の地位を手に入れるにはどうしたらいいのか考えます。

そして彼が思いついた行動は諸侯を集めて会盟を行うことです。




拉致られた襄公

 

彼の呼びかけによって多くの国が集まりますが、ここで宋へ不満を持った楚国。

楚王は宋が自らの国より弱いくせに主導権を握って会盟を行っていることに反発し、

会盟の主催者である襄公を拉致します。

そして楚は襄公を拉致って宋の国を荒らしまわってから帰国します。

この楚の行動に激怒した宋は楚へ宣戦布告し、戦いを挑みます。

 

襄公の意味不明な行動その1:河を渡っている時に攻撃を仕掛けない

photo credit: Paris sky via photopin (license)

 

襄公は楚軍と対決するため軍を出撃させ、泓水(おうすい)で両軍は対峙します。

ここで楚軍は宋軍を打ち破るため、河を渡って宋軍へ接近。

ここで楚軍へ攻撃を仕掛ければ楚軍へ大損害を与えることが出来た襄公率いる宋軍ですが、

彼は楚軍へ攻撃命令を出しませんでした。

宋の宰相は襄公へ「今こそ攻撃を行う最大のチャンスです。攻撃しましょう。」と

何度も提案しますが、襄公は首を横に振って「バカ野郎。覇者たるもの卑怯な真似はできん」と

言って進言をはねつけます。

 

襄公の意味不明な行動その2:最後のチャンスを逃す

 

こうして楚軍は河を全軍渡りきると陣形を整えるべく行動を開始。

ここで宋軍が攻撃を仕掛ければ、大軍の楚軍は大混乱し、

軍の態勢を立て直すまでに猛攻をかけ続ければ、大勝利することも可能でした。

しかし襄公はまたしても攻撃命令をくださずに楚軍の陣形が完成するのを待ちます。

襄公の意味不明な行動を見て再び宰相が「攻撃を行うには今しかないですぞ。

早く攻撃命令をください」と進言。

だが襄公は再び口を開いて「このポンコツが!!ここで攻撃しては正々堂々の戦いが

できぬではないか。相手の陣形が整うまでまつ」と言って攻撃命令を下しませんでした。

そして楚軍が陣形を整えてから襄公は攻撃命令を出します。

 

結果・・・・惨敗。

 

襄公率いる宋軍は楚軍の圧倒的な兵数による攻撃によって大敗北。

襄公は弓矢傷を負いながらなんとか国へ帰還します。

国に帰ると民衆や将軍、文官から「お前バカじゃない。なんで楚の態勢が整うまで待ったんだよ。」

と非難の声が殺到します。

襄公はこの非難の声に「相手の隙をついて攻撃を行うなど卑怯者がすることだ。」

と言って自らの非を一切認めませんでした。

宋の宰相は襄公へ「戦に勝つ気がないなら、戦うな。」と言って批判します。

襄公の時と場合を選ばばいこの意味不明な情け深い行動を「宋襄の仁」と呼ぶことになります。

 

春秋戦国ライター黒田レンの独り言

 

宋襄の仁と言われるこの行動ですが、平時に臣下や民衆に情け深い行動を取れば、

名君として評判が上がることなりますが、

戦や勝負の時に情け深い行動を取ればそれは批判の的となるのは間違えないでしょう。

勝負の時はみなさんも情けをかけずに真剣に取り組みましょう。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  2. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  3. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  4. キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!
  5. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  6. 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何…
  7. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将…
  8. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯
  2. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  3. 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族
  4. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師
  5. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い
  6. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由 【三国時代】英雄の地位はどの位? 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康

おすすめ記事

  1. 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  2. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  3. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  4. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観
  5. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  6. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部
  8. 【重要なお知らせ】ストライキ決行

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP