編集長日記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁

この記事の所要時間: 251




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

 

人間は白い壁を見ると落書きしてしまうものなのか?

はたまた人の創作意欲に広々した壁は最適だとでも言うのでしょうか?

海岸の防波堤には低レベルな落書きからプロ顔負けのアートまでが並んでいますし

アーケード商店街だと、カラースプレーで描いた落書きなども見られます。

いかにも最近から始まったようなイメージの壁への落書きなのですが、

そのような壁に文字を書く行為は、実は、三国志の時代から存在していたのです。




三国志の時代の城壁は広報の役割をも果たしていた

 

三国志の時代、紙は発明されていましたが、まだ竹簡や木簡と並立している過渡期です。

当時の貴族階級である曹操(そうそう)でさえ、詩を書くのに書刀と木簡を

常備していますから、まだまだ、木簡の需要は高い時代であると言えるでしょう。

 

木簡は失敗しても削って直せる便利なアイテムですが、サイズは短冊レベルしかなく、

大勢の人に一度に情報を伝達するのには不向きでした。

そこで、目を付けられたのが城の白壁です、壁に墨書すれば大きな文字を書けて

道を通る人が全て見る事が出来るのです。




本当に壁に墨書されていた証拠があるのか?

 

さて、いかに壁に文字を書けばよく見えると言っても、今のままでは想像です。

それを裏付ける物証が必要だと言えるでしょう。

ところが、すでにその物証はあります、それはエチナ河流域の漢の時代の遺跡、

敦煌懸泉置(とんこう・けんせんち)の駅舎の壁に元始五年(紀元5年)の詔勅や、

政令や処方箋の類が墨跡も鮮やかに残っている事が分っているのです。

 

参考文献:漢帝国と辺境社会 長城の風景

著者: 籾山 明 出版社: 中央公論新社

 

また、出土木簡に以下のような事を壁に墨書するように命じたモノもあります。

 

扁書亭 燧顕処 令尽諷誦知之 精侯望 即有蓬火 亭燧回度挙、毌必

 

訳:亭燧の目立つ所に掲げてすっかり暗誦し、周知徹底させよ。

見張りをぬかりなく、もし蓬火が挙がったら亭燧は応答して挙げ抜かりなく・・

扁書というのが壁に大書するという意味で、これは異変があった時に、

挙げる蓬火についての規定で、大事な事なので狼煙台である塢の白壁に墨書した

規定であると考えられています。

 

三国志の時代は、宮殿に飾る書も全て墨で書いていた

 

また、三国志の時代には、石に文字を彫る事はあっても、

木に文字を彫る事はなく宮殿に飾る額などにも、直接に墨で文字を書いていました。

魏の明帝(曹叡)の時代に仕えた韋(い)中将は、書の名人で新宮殿が完成した時に、

ハシゴを使って額に書を書きましたが、その為に髪は真っ黒になったそうです。

 

それは墨が垂れた事を意味しているので、韋中将は、天井にでも書を書いた

という事かも知れません。

普通に考えると、平地で書いて、乾いてから高い位置に飾ればいいのに・・

等と考えてしまいますが、きっと、何か決まりがあったのでしょう。

 

東晋の王献之(おうけんし)の父は書聖として知られる王羲之(おうぎし)でした。

父親に似て、彼も書画が巧みだったようで、太極殿が完成した時に

書を頼まれて渋々書いて、門外に掛けよと命じると、宰相の謝安(しゃあん)が来て、

「どうせなら殿上に飾るといい、魏の韋中将もハシゴに上り

殿上で書いたケースがあるから」と勧めると

 

「そんな事をするから魏は早く滅んだのだ」と言って断ったそうです。

書家を墨塗れするような国家は、長持ちしないという意味なのでしょうか?

 

参考文献:中国社会風俗史

著者: 尚秉和 出版社: 平凡社

 

水滸伝には、酒楼の白壁に漢詩を書く習慣が見られる

 

三国志よりは、ずっと後の時代、明の時代に成立した武侠小説である水滸伝には、

主人公の宋江(そうこう)が酒楼で飲み過ぎ、お店の壁に漢詩を書く描写があります。

そのお店では、漢詩の素養がある人に壁を開放しているようで別に嫌がらず、

宋江以外にも酔客が墨書した漢詩がそこらにあるのです。

 

こうして見ると、白壁に墨書するという習慣は、中国では特に奇異なモノではない

そのように考える事が出来ると思います。

 

シミルボン

 

【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりた…
  2. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  3. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!…
  4. 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の…
  5. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  6. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  7. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  8. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  2. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です
  3. 【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった
  4. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!
  5. あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです
  6. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析! 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10】 三国時代の音楽ってどんな感じだったの? 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.2

おすすめ記事

  1. 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた
  2. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯
  3. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  4. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  5. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!
  6. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?
  7. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】
  8. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP