架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁

この記事の所要時間: 251




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

 

人間は白い壁を見ると落書きしてしまうものなのか?

はたまた人の創作意欲に広々した壁は最適だとでも言うのでしょうか?

海岸の防波堤には低レベルな落書きからプロ顔負けのアートまでが並んでいますし

アーケード商店街だと、カラースプレーで描いた落書きなども見られます。

いかにも最近から始まったようなイメージの壁への落書きなのですが、

そのような壁に文字を書く行為は、実は、三国志の時代から存在していたのです。




三国志の時代の城壁は広報の役割をも果たしていた

 

三国志の時代、紙は発明されていましたが、まだ竹簡や木簡と並立している過渡期です。

当時の貴族階級である曹操(そうそう)でさえ、詩を書くのに書刀と木簡を

常備していますから、まだまだ、木簡の需要は高い時代であると言えるでしょう。

 

木簡は失敗しても削って直せる便利なアイテムですが、サイズは短冊レベルしかなく、

大勢の人に一度に情報を伝達するのには不向きでした。

そこで、目を付けられたのが城の白壁です、壁に墨書すれば大きな文字を書けて

道を通る人が全て見る事が出来るのです。




本当に壁に墨書されていた証拠があるのか?

 

さて、いかに壁に文字を書けばよく見えると言っても、今のままでは想像です。

それを裏付ける物証が必要だと言えるでしょう。

ところが、すでにその物証はあります、それはエチナ河流域の漢の時代の遺跡、

敦煌懸泉置(とんこう・けんせんち)の駅舎の壁に元始五年(紀元5年)の詔勅や、

政令や処方箋の類が墨跡も鮮やかに残っている事が分っているのです。

 

参考文献:漢帝国と辺境社会 長城の風景

著者: 籾山 明 出版社: 中央公論新社

 

また、出土木簡に以下のような事を壁に墨書するように命じたモノもあります。

 

扁書亭 燧顕処 令尽諷誦知之 精侯望 即有蓬火 亭燧回度挙、毌必

 

訳:亭燧の目立つ所に掲げてすっかり暗誦し、周知徹底させよ。

見張りをぬかりなく、もし蓬火が挙がったら亭燧は応答して挙げ抜かりなく・・

扁書というのが壁に大書するという意味で、これは異変があった時に、

挙げる蓬火についての規定で、大事な事なので狼煙台である塢の白壁に墨書した

規定であると考えられています。

 

三国志の時代は、宮殿に飾る書も全て墨で書いていた

 

また、三国志の時代には、石に文字を彫る事はあっても、

木に文字を彫る事はなく宮殿に飾る額などにも、直接に墨で文字を書いていました。

魏の明帝(曹叡)の時代に仕えた韋(い)中将は、書の名人で新宮殿が完成した時に、

ハシゴを使って額に書を書きましたが、その為に髪は真っ黒になったそうです。

 

それは墨が垂れた事を意味しているので、韋中将は、天井にでも書を書いた

という事かも知れません。

普通に考えると、平地で書いて、乾いてから高い位置に飾ればいいのに・・

等と考えてしまいますが、きっと、何か決まりがあったのでしょう。

 

東晋の王献之(おうけんし)の父は書聖として知られる王羲之(おうぎし)でした。

父親に似て、彼も書画が巧みだったようで、太極殿が完成した時に

書を頼まれて渋々書いて、門外に掛けよと命じると、宰相の謝安(しゃあん)が来て、

「どうせなら殿上に飾るといい、魏の韋中将もハシゴに上り

殿上で書いたケースがあるから」と勧めると

 

「そんな事をするから魏は早く滅んだのだ」と言って断ったそうです。

書家を墨塗れするような国家は、長持ちしないという意味なのでしょうか?

 

参考文献:中国社会風俗史

著者: 尚秉和 出版社: 平凡社

 

水滸伝には、酒楼の白壁に漢詩を書く習慣が見られる

 

三国志よりは、ずっと後の時代、明の時代に成立した武侠小説である水滸伝には、

主人公の宋江(そうこう)が酒楼で飲み過ぎ、お店の壁に漢詩を書く描写があります。

そのお店では、漢詩の素養がある人に壁を開放しているようで別に嫌がらず、

宋江以外にも酔客が墨書した漢詩がそこらにあるのです。

 

こうして見ると、白壁に墨書するという習慣は、中国では特に奇異なモノではない

そのように考える事が出来ると思います。

 

シミルボン

 

【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. とっても皇帝になりたかった袁術
  2. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  3. ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜
  4. 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…
  5. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさ…
  6. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いな…
  7. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  8. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生
  2. 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?
  3. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  4. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」
  5. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  6. 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた! 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの? 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る! 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは? 武田信玄の死と勝頼の武田家継承の謎 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!

おすすめ記事

  1. 2017年は李傕・郭汜祭りを開催するよ!さぁ、祭りだ!ワッショイ!
  2. 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします
  3. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  4. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将
  5. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  6. 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる
  7. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  8. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP