曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝


曹丕 残忍

 

曹丕(そうひ)曹操(そうそう)が亡くなると漢王朝を滅ぼし、皇帝となり魏王朝を建国します。彼は魏王朝を建国すると色々な政策を作り、王朝の安定に力を尽くします。しかし彼は若くして亡くなり、息子の曹叡(そうえい)が二代目皇帝に就任します。さて曹丕の跡を継いだ曹叡は一体どのような人物であったのか探っていきたいと思います。


曹叡とはどんな人物か

曹叡

 

曹叡は幼い頃から博識多才で、曹操は曹丕に「お前とこの子で魏の国は三代まで安心できる」とべた褒めします。また漢の王族出身の家臣である劉曄(りゅうよう)は曹叡が皇帝に就任する前、一日かけて彼と話し合います。その後群臣らに「秦の始皇帝、漢の武帝と同じくらいの素質がある」と評価。この言葉を聞いて群臣達は新たに皇帝になった曹叡に期待します。


魏王朝二代目皇帝に就任

曹丕

 

曹丕は突如病に倒れます。彼は自らの死期を感じると曹真・陳羣(ちんぐん)、曹休司馬懿を呼び、「曹叡を盛り立てて魏国を安定させよ」と遺言を託し亡くなります。四人は曹丕の遺言通り、曹叡を皇帝に擁立。こうして後に明帝と諡(おくりな)される二代目皇帝曹叡が誕生します。


器の大きい皇帝

 

曹叡は始め四人の臣(曹真・陳羣・曹休・司馬懿)の補佐を受け、政治を行います。その後彼が成長すると自ら政治を取り仕切っていきます。曹叡は人事や政治を行う際、必ず大臣に相談してから行います。大臣の一人である楊阜(ようふ)は曹叡から相談を受けると人事や政治で間違っている部分に厳しい忠告を行います。彼は自分の行動や政策に厳しい批判や注意を行う楊阜を処罰する事無く、重用します。


戦略をしっかりと把握し、的確な指示を出す皇帝

孔明

 

曹叡は戦局をしっかりと把握し、的確な指示を出します。諸葛亮孔明は魏を打倒するため、北伐を開始。すると蜀の同盟国である呉も連動して魏へ侵攻を開始します。長年呉の侵攻を拒み続けてきた「孫権キラー」満寵は曹叡に「合肥(がっぴ)を捨て、孫権軍を寿春で迎撃するのは如何でしょうか」と手紙で進言。しかし曹叡は「合肥・襄陽(じょうよう)・祁山(きざん)は魏の国防において、非常に重要な拠点である。また合肥は堅固で孫権軍が陥落させるのは無理であるから、君はしっかりと合肥を守ってくれ」と返信します。その後皇帝曹叡自ら合肥へ出陣。すると孫権軍は皇帝直々に出陣した事を聞き、急いで退却し、孫権軍を追い払う事に成功します。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 兵糧(食料)補給部隊として活躍する任峻
  2. 後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎
  3. 曹沖
  4. 曹丕と曹植
  5. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  6. 甄氏(しんし)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP