はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相

この記事の所要時間: 323




 

現在古代中国史の漫画は数多く世の中に存在しております。

レンのお気に入りの古代中国史の漫画・ピン。

この漫画は斉の兵法家である孫臏(そんぴん)が主人公として描かれている漫画です。

この漫画に登場する鄒忌(すうき)は斉の宰相として登場しているのですが、

鼻が尖っているちょっと悪役ぽいキャラクターなのですが、

この人、実はある楽器の名人でこの腕前で宰相に登りきった人です。

また彼は非常に美形な顔をしていたそうです。

今回はある楽器の名人であるナルシスト鄒忌をご紹介したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




身長が高く、顔もカッコイイ琴の名人鄒忌

 

鄒忌はある楽器の名人でありました。

その楽器は琴です。

三国志にも匈奴に囚われの身となっていた蔡文姫(さいぶんき)が琴をよく奏でていたそうです。

この蔡文姫が使っていた琴の名人としての名望があった鄒忌は斉の名君として言われた

威王へ呼ばれて宮殿に赴きます。

彼は宮殿に入ると自慢の琴の技を披露。

威王は彼の琴の巧さと顔のカッコよさに惹かれ「君。宮殿に来ないか」と誘います。

鄒忌は威王の誘いを引き受けて斉の宮殿に入ることになると同時に威王の琴の先生として

召抱えられることになります。




威王をベタ褒めするが・・・・

 

ある日威王が琴の先生鄒忌のまでその腕前を披露します。

威王はあまり琴が上手くないことを自覚していたのですが、

鄒忌から「王様。琴まじでうまいっすね。自分教えることなんにもないですよ。」と

大して上手くない威王の琴の腕前をベタ褒めします。

威王は自分の琴の腕前を知っていたので、鄒忌がベタ褒めしたことに激怒。

剣を手繰り寄せて「貴様。ワシを馬鹿にしているのか。なぜワシの琴の腕前をそのように褒めたか。

返答次第では真っ二つにするぞ」と凄みを聞かせた口調で質問します。

鄒忌は「威王の琴の音色は整っており、大きい弦と小さな弦の良さを引き出して、

音の邪魔をしないのは四季のめぐりのようであるから

私は王の琴は素晴らしいとベタ褒めしたのです。」と述べます。

この言葉を聞いた威王は納得して鄒忌に謝ります。

鄒忌は「王よ。国を治めることと音楽を奏でることは一緒なのです。」と突然訳のわかんないことを

言い始めます。

 

政治は調和によって安定を得ることができる

photo credit: B&W Maroon 1 via photopin (license)

 

鄒忌は威王へ「琴もそうですが、大きな弦と小さな弦が出す音がたがいにぶつかり合ってしまえば、

音が汚くなります。

その為調和させることで美しい音色を出すことができるのです。

政治も同じでありましょう。

調和を大切にすることによって四季が狂うことなく巡ってくるのです。

もし調和が乱れたら天候は大いに乱れてしまい、作物は育たなくなり食料は減少します。

その原因は政治の乱れが理由です。私は琴の名手ですから政治を乱すことは絶対にしません。」

と自らの政治論を語り始めます。

威王はこの鄒忌の言葉を聞いて妙に納得してしまい、

彼を後日斉の宰相として任命するのです。

こうして鄒忌は琴の名人から一気に斉の政治の中枢へ駆け上ることになるのですが、

彼は宮殿に行く前に必ず鏡を見て自らの容貌を確かめてから仕事へ言ったそうです。

相当なナルシルとな彼ですが、彼が宰相になったことに怒りを感じていた人がいました。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

 

鄒忌が宰相になったことに怒っていたのは田忌(でんき)という将軍でした。

彼は琴の名手なだけで、政治詳しくないはずなのになぜ宰相の位へ登ることができたのか。

琴を引くだけが能の癖にと悪態を同僚などについておりました。

しかしこの田忌はある天才兵法家を客として向かい入れたことで自らの運命と斉の運命を

大きく変化させるとは鄒忌に大して文句を言っていたこの時は知る由もありませんでした。

ついでにこの田忌ですが「ピン」にも登場しており、非常に重要な人物として描かれております。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  2. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  3. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?
  4. 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男…
  5. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわ…
  6. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官…
  7. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  8. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?
  2. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  3. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!
  4. 【月間まとめ】2016年4月の注目ニュース14選!
  5. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  6. 【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

呂布、ナイスシュート! 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信

おすすめ記事

  1. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】
  2. 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!
  3. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!
  4. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】
  5. このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ
  6. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ
  7. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  8. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP