よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ

この記事の所要時間: 231




 

それでは前回に引き続き、はじめてのプロ野球を始めていきましょう!

「プレーボール!!」

ということで、今回も日本球界が誇る「レジェンド選手」についてご紹介していきます。

 

前回記事:はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?

前回記事:はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達




2年連続トリプル3 山田哲人

(写真引用元:山田哲人 wikipedia

 

打者として別格な存在がメジャーのイチロー選手なのは間違いありませんが、

実は日本の球界(NPB)にもイチローに匹敵する脅威の打者がいます。

それが東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手です。

まだ24歳の若手ですが、その実績たるや誰も真似ができないほどです。

プロ野球の野手として「トリプル3」というのは夢のような目標です。

打率3割。ホームラン30本。盗塁30。

そのすべてを達成することをトリプル3といいます。

打率3割だけでも大変なことです。

しかもこのトリプル3を達成するためには長打力も必要ですし、

さらに俊足も必要不可欠なのです。

だからこそプロ野球史上でも9名しか達成できなかった偉業です。

しかも山田哲人の凄いのはそれを2年連続で達成したということです。

もちろんこれはプロ野球史上初の快挙です。誰もできなかったことなのです。

三国志のシュミレーションゲームでいうと、

統率力95、武力95、知力95、政治力95、魅力95のような存在です。あり得ませんよね。

はっきりいって「もっともっと注目され、話題になってもいい選手です」

(注目されてるし、年俸も3億円以上もらってはいますが、なんか足らないです)

 

 

三国志の登場人物で例えると、呉の孫策周瑜張昭孫権を合体させたような存在ですね。

ホント、めちゃくちゃ凄いんです。

みなさんもぜひ注目してみてください。



異次元の住人、大谷翔平

(写真引用元:大谷翔平 wikipedia

 

テレビ番組「アメトーク」で「大谷凄いぞ芸人」で有名にもなった大谷翔平選手。

まだ22歳です。まだ22歳ですが、最強のプロ野球選手です。

もはや誰も文句はつけられないでしょう。

大谷翔平は投手として日本球界最速の165㎞/hを投げました。

しかもそれが優勝を決めるパリーグのファイナルステージの最終戦です。

私は小樽で愛知県からきた大学の友人と18年ぶりに再会したときにちょうど試合でしたが、

あまりの凄さに友人のことそっちのけで屋台のテレビを見て感動していました。

まだ速くなるのではないでしょうか。

ちなみにプロ野球界でも150km/hが投げられたら超速球派で通用します。

大谷は落差のあるフォークボール(ストレートよりはるかにスピードは落ちる)を

投げてもそのくらいの速度が出るのです。

実際に球場で試合を観ていてもあまりにも速いので

ストレートかフォークボールか判断できないほどでした。

打てるわけないですね。怪物とかいう次元を超越しています。

そして大谷の凄いのは前段未聞の二刀流ということです。

投手をやりながら打者としても活躍するのです。

野球の常識を覆す離れ業です。

日本ハムファイターズはパリーグなのでDH制といって、

投手が打席に立たないルールになっているのですが、

大谷の場合はDHをとっぱらって打席に立つのです。

 

 

一番驚いたのは投手で先発しながら一番バッターとして打席に立ったときです。

ピッチャーが一番バッターなんて小学校の野球でもないですね。

しかもこのとき大谷は最初の打席でなんとホームランを打って、そのまま勝ってしまうのです。

漫画でもさすがにここまではあり得ないです。それを大谷は実現させてしまうのです。

三国志の登場人物でもここまでいくと例えようもありません。

本当に一人で一万の兵を打倒してしまう感じでしょうか。呂布関羽でもそれは無理でしょう。

もはや異次元の世界です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

イチローに田中に山田に大谷。

こんな凄い選手たちが同じ時代で戦っているなんて嘘みたいです。

 

 

それこそ曹操諸葛亮孔明と関羽と織田信長と

豊臣秀吉と徳川家康が入り乱れて戦っている感じなのではないでしょうか。

プロ野球ファンとしてはたまらない時代です。

これを機会にみなさんもぜひプロ野球に注目してみてください。

 

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します!
  2. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  3. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  4. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  5. こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマ…
  6. 天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村…
  7. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦…
  8. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!
  2. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法
  3. 前原一誠、萩の乱その戦いとは?
  4. 徐晃が地味な原因は裏方仕事が多いせいだった!
  5. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  6. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

老子っていつ生まれて何をしていた人なの? 【10月の見どころ】10/19〜27 公開予定:三顧の礼特集 若かりし曹操は熱血漢 第9話:袁術くん「セルフイメージ」の高め方を学ぶ スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】 【意外な事実】公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった! 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは? あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選

おすすめ記事

  1. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。
  2. 三国志・無双アクションRPGの究極を目指す!『極無双 -GOKUMUSO-』の事前登録が開始!
  3. kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」
  4. 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)
  5. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?
  6. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  7. 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた
  8. kawauso編集長のぼやきVol.24「楽天」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP