キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件




 

キングダムの秦王政は後に天下統一と言う偉業を後世に伝えるために皇帝と名乗ります。

そして彼は中華で最初の皇帝として名乗ることから始皇帝と名乗ります。

彼は始皇帝と名乗ってから色々な土木工事に着手し、魏の二代目皇帝で土木工事大好きな

曹叡(そうえい)なんか目じゃないほどの土木工事好きでした。

今回は始皇帝が民衆をフル動員して作った土木工事の数々をご紹介しましょう

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




土木工事リストその1:首都・咸陽の改築

 

戦国時代に突入してから歴代の秦王は首都を咸陽(かんよう)に定めており、

キングダムでも連合軍が秦へ攻め込んだ時に何回か秦の首都・咸陽が登場しております。

漫画で見た限りですととてつもない大きな城壁と街がギュウギュウ詰めになっている印象を

受けたのですが、

秦王政もとい始皇帝となった彼は天下統一した時に咸陽改築計画を実行に移します。

彼がまず行ったことは咸陽に住民を移動させることから始めます。

首都咸陽には10万人を超す各地の富豪が強制的に移住させます。

この結果、首都・咸陽には多くの住民が住むことになり、

家がガンガン建っていき天下統一以前よりも咸陽の雰囲気は、

華やかで活気に満ち満ちていくことになります。

始皇帝は住民移動が終わると同時に、

皇帝専用の牧場を首都咸陽の近くを流れる川の近くに増築。

上記に加えて多くの豪華な作りをした宮殿を咸陽近辺に建造し、

首都の中も外もきらびやかになっていきます。




土木工事リストその2:皇帝専用道路を各地に作る

 

始皇帝は住民を強制的に移住させた後、西方へ旅行しに行きます。

そしてこの旅行から帰ってきたとき大きな土木工事を行います。

その工事は皇帝専用道を全国各地に作ることを命じます。

この道路は直道と言われ、

両側に土の壁を作ることで外から皇帝の車を見えないようにしております。

またこの皇帝専用道路の他に秦が天下統一したことに不満をもつ人々が反乱を起こした際、

すぐに各地へ軍勢を派遣することができるように軍の戦車等が通る道である馳道を増設。

しかしこの皇帝専用道路と馳道が全国的に完成する前に始皇帝が亡くなってしまいます。

 

土木工事リストその3:阿房宮の建造

(画像引用元: wikipedia 袁耀「擬阿房宮図軸」清代中期の画家)

 

始皇帝は次々と天下の富を使って土木工事を行っていきます。

その最大級の物は阿房宮かもしれません。

この宮殿は始皇帝が「大宮殿を建造しよう」と思い立ったのがきっかけで着工します。

この阿房宮は東西670メートルほど。

南北112メートルほどでこの時代最大級の宮殿といっても過言ではありません。

そしてこの宮殿の最大の魅力は2階に一万人ほどが集結することができる広さを持っており、

宮殿の周りを廊下で囲んでいることです。

この廊下は首都咸陽にまで繋がっており、咸陽からこの阿房宮までそのまま行き来できたそうです。

このバカでかい宮殿を作るために刑罰を受けている罪人や各地の住民を強制的に参加させ、

この宮殿に使う材料は楚や蜀地方から木材を切り崩して運んだそうです。

ついでにこの阿房宮造営に注ぎ込まれた人数は楚を討伐した時に使った兵隊よりも多く、

70万人ほどの人数を動員して工事を行っていたそうです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

始皇帝の土木工事はスケールが大きすぎてとてもじゃないですが、

魏の二代目皇帝曹叡では太刀打ちできないのではないのでしょうか。

また首都咸陽には始皇帝と兵馬俑展で展示されていたのですが、

水道管が地下に張り巡らされていたそうです。

レンは始皇帝の土木工事のスケールの大きさにも驚きを覚えますが、

古代中国人がこれらの技術を持っていたことにも大きな衝撃を受けました。

 

参考文献 史記 司馬遷著 訳 丸山松幸・守屋洋など

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ…
  2. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ…
  3. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  4. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかし…
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振…
  6. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国…
  7. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫…
  8. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 平野国臣
  2. 魏延の謀反を察する孫権

おすすめ記事

  1. 桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士 桂小五郎(木戸孝允)
  2. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政治とマキャヴェリズムの違い
  3. こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる…
  4. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  5. おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは?
  6. 張魯の配下には以外にも優秀な人材がいた!! 曹操に降伏する教祖・張魯

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 沖田総司 幕末
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!? 松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者 三国志大学を目指す曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴 三国志ライター よかミカンさん えっ、オレそんなキャラ?三国志の英雄が目を丸くする今どき三国志 曹操 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 劉禅と孔明 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP