呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件




 

キングダムの秦王政は後に天下統一と言う偉業を後世に伝えるために皇帝と名乗ります。

そして彼は中華で最初の皇帝として名乗ることから始皇帝と名乗ります。

彼は始皇帝と名乗ってから色々な土木工事に着手し、魏の二代目皇帝で土木工事大好きな

曹叡(そうえい)なんか目じゃないほどの土木工事好きでした。

今回は始皇帝が民衆をフル動員して作った土木工事の数々をご紹介しましょう

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




土木工事リストその1:首都・咸陽の改築

 

戦国時代に突入してから歴代の秦王は首都を咸陽(かんよう)に定めており、

キングダムでも連合軍が秦へ攻め込んだ時に何回か秦の首都・咸陽が登場しております。

漫画で見た限りですととてつもない大きな城壁と街がギュウギュウ詰めになっている印象を

受けたのですが、

秦王政もとい始皇帝となった彼は天下統一した時に咸陽改築計画を実行に移します。

彼がまず行ったことは咸陽に住民を移動させることから始めます。

首都咸陽には10万人を超す各地の富豪が強制的に移住させます。

この結果、首都・咸陽には多くの住民が住むことになり、

家がガンガン建っていき天下統一以前よりも咸陽の雰囲気は、

華やかで活気に満ち満ちていくことになります。

始皇帝は住民移動が終わると同時に、

皇帝専用の牧場を首都咸陽の近くを流れる川の近くに増築。

上記に加えて多くの豪華な作りをした宮殿を咸陽近辺に建造し、

首都の中も外もきらびやかになっていきます。




土木工事リストその2:皇帝専用道路を各地に作る

 

始皇帝は住民を強制的に移住させた後、西方へ旅行しに行きます。

そしてこの旅行から帰ってきたとき大きな土木工事を行います。

その工事は皇帝専用道を全国各地に作ることを命じます。

この道路は直道と言われ、

両側に土の壁を作ることで外から皇帝の車を見えないようにしております。

またこの皇帝専用道路の他に秦が天下統一したことに不満をもつ人々が反乱を起こした際、

すぐに各地へ軍勢を派遣することができるように軍の戦車等が通る道である馳道を増設。

しかしこの皇帝専用道路と馳道が全国的に完成する前に始皇帝が亡くなってしまいます。

 

土木工事リストその3:阿房宮の建造

(画像引用元: wikipedia 袁耀「擬阿房宮図軸」清代中期の画家)

 

始皇帝は次々と天下の富を使って土木工事を行っていきます。

その最大級の物は阿房宮かもしれません。

この宮殿は始皇帝が「大宮殿を建造しよう」と思い立ったのがきっかけで着工します。

この阿房宮は東西670メートルほど。

南北112メートルほどでこの時代最大級の宮殿といっても過言ではありません。

そしてこの宮殿の最大の魅力は2階に一万人ほどが集結することができる広さを持っており、

宮殿の周りを廊下で囲んでいることです。

この廊下は首都咸陽にまで繋がっており、咸陽からこの阿房宮までそのまま行き来できたそうです。

このバカでかい宮殿を作るために刑罰を受けている罪人や各地の住民を強制的に参加させ、

この宮殿に使う材料は楚や蜀地方から木材を切り崩して運んだそうです。

ついでにこの阿房宮造営に注ぎ込まれた人数は楚を討伐した時に使った兵隊よりも多く、

70万人ほどの人数を動員して工事を行っていたそうです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

始皇帝の土木工事はスケールが大きすぎてとてもじゃないですが、

魏の二代目皇帝曹叡では太刀打ちできないのではないのでしょうか。

また首都咸陽には始皇帝と兵馬俑展で展示されていたのですが、

水道管が地下に張り巡らされていたそうです。

レンは始皇帝の土木工事のスケールの大きさにも驚きを覚えますが、

古代中国人がこれらの技術を持っていたことにも大きな衝撃を受けました。

 

参考文献 史記 司馬遷著 訳 丸山松幸・守屋洋など

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見ど…
  2. 信陵君 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  3. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実で…
  4. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  5. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  6. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使え…
  7. 劉邦と項羽 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価…
  8. 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 細川ガラシャ
  2. 劉邦をなだめる陳平と張良
  3. 曹操探検隊
  4. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  5. 藏覇と孫権

おすすめ記事

  1. 【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵された徳行者
  2. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  3. 『三国志大戦』2017 公式全国大会「覇業への道 英傑再臨」が10月7日より開催。「日本最強の君主」は誰だ!?
  4. 阿部正弘と島津斉彬は本当に親友だったの? 阿部正弘
  5. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介 上杉謙信
  6. 蚩尤(しゆう)とはどんな神?キングダムからガンダムまで大人気の苗族の祖神

三國志雑学

  1. 孔子と儒教
  2. 魏延と孔明
  3. 費禕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  2. 劉邦時代の農民
  3. 眠る于禁
  4. 華雄と呂布
  5. 孟嘗君

おすすめ記事

過労死する諸葛孔明 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介 大久保利通 幕末 大久保利通は何で暗殺されたの?紀尾井坂の変(大久保利通暗殺事件)に迫る 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男 すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操 三国志演義に登場する兵器 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始! 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP