編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代の城の機能について図解解説

この記事の所要時間: 256




 

三国志の時代の攻城戦、何度もアニメや漫画、映画でみますからイメージでは

何となく分りますけど、では、詳しく当時の城壁の様子となると分らないでしょう。

そこで、今回、はじさんでは、知識として当時の城を知りたい或いは二次創作として

三国志の時代の城を知りたいという読者の方へ、当時の城の様子を図解で

解説致します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?




当時の城の規模とは?

 

三国志の世界の城とは日本の城とは異なり、一つの村や都市の四方を

丸々城壁で囲いこんだものです。

中国社会風俗史という本によると周の時代の王城は、四方が九里(3・6キロ)

城壁の高さが七丈(21メートル)、四隅にある角楼(見張り台)は

九丈(27メートル)だったようです。

さらにその中にある宮門(宮殿)は城壁の高さが五丈、角楼は七丈です。

 

門は一面につき3つあり東西南北で十二門あり、一つの門には

3つの扉が開き、そこから三筋の道路が中央の宮門に通じて延びています。

 

諸侯の城は、城壁の高さが五丈で角楼が七丈で四方は、各五里(2キロ)、

城の高さや大きさは違いますが、基本の造りは周の王城と同じです。

このモデルは、その後の時代も基本踏襲されました。




三国志の時代の城を図解で説明

 

では、基礎知識を述べた上で、三国志の時代の城の機能について図解で

解説しようと思います。

 

 

・女墻(ひめがき)・・よく城の上にあるデコボコしたブロック状の遮蔽物です。

兵士は城壁の上を歩きまわるので、敵からの攻撃が激しい時には、

この女墻の背後に身を隠して、隙を窺いながら反撃する事になります。

よく漫画や映画でも見ますけど、あのブロックの名前が女墻というとは、

kawausoも初めて知りました。

 

※三国志の時代には、女墻は俾倪(へいげい)と呼ばれていました。

 

・馬面(ばめん)・・馬面とは、城の四隅の出っ張った部分の事です。

 

 

中国史では、董卓(とうたく)が築いた万歳塢(ばんざい・う)にその痕跡があるので、

三国志の時代にはポピュラーになっていたと思われます。

馬面は、城壁の角を広げる事で死角を減らし、さらには兵力を角に集中する事で

敵が城壁をよじ登る圧力に対抗できるようになります。

 

・角楼(かくろう)・・内側の壁で宮門の城壁の四隅に立つ見張り台です。

城内をくまなく見渡す事が出来る他に、太鼓が常備され、緊急の時には、

打ち鳴らす事で城内に危険を知らせる役割もあります。

 

・城門・・・説明不用で、城の出入り口です。

基本は一つの城市について十二門あり、入口は3つありますが、

小さな城市はその限りではない場合もあります。

昔は県門(けんもん)という機械仕掛けで門を引き上げたり、降ろしたりする

扉がありましたが、後漢の時代にはすでに失われ使われなくなったそうです。

 

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

 

地味だけど重要な草・・

 

どうして、城壁の上に草が積まれてるのか不思議に思う人も多いでしょう。

実は、この草は防水用なのです、当時の城壁は黄土を版築という工法で、

積み上げて造るのですが、幾ら硬いとはいえ、所詮は土壁なので、

大雨が降り続くと、崩れてしまいます。

 

実際に人が住まなくなった城市は、あっと言う間に雨により、

城壁が崩れていき、土に帰ってしまうのです。

ですので、必ず、城壁の上に草を敷きつめて水を吸い取っていき、

城壁が崩れないように工夫していたのです。

 

実際に春秋公羊伝に出てくる宋仲幾(そう・ちゅうき)という人は、

城壁の上に草を被せるのを忘れその罪で捕縛されています。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

中国の城壁が煉瓦造りになるのは、14世紀の明の時代に入ってからで、

元の時代でさえ、城壁は土であり城壁の上には葦を植えて補強していたようです。

命がけの戦いをしている最中に、城壁の上に、せっせと草を敷いている兵士を

想像すると、なんだかオカシイですが、真実は面白いものです。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男

関連記事:司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?

 

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【李傕・郭汜祭り 2日目】凶暴さでは李傕に劣らない郭汜のバイオレ…
  2. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  3. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  4. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  5. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  6. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさ…
  7. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  8. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  2. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官
  3. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)
  4. 【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。
  5. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇
  6. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは? 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの? 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか? 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの? 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

おすすめ記事

  1. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?
  2. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察
  3. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  4. キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法
  5. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?
  6. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  7. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  8. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP