三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代の城の機能について図解解説




 

三国志の時代の攻城戦、何度もアニメや漫画、映画でみますからイメージでは

何となく分りますけど、では、詳しく当時の城壁の様子となると分らないでしょう。

そこで、今回、はじさんでは、知識として当時の城を知りたい或いは二次創作として

三国志の時代の城を知りたいという読者の方へ、当時の城の様子を図解で

解説致します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?




当時の城の規模とは?

 

三国志の世界の城とは日本の城とは異なり、一つの村や都市の四方を

丸々城壁で囲いこんだものです。

中国社会風俗史という本によると周の時代の王城は、四方が九里(3・6キロ)

城壁の高さが七丈(21メートル)、四隅にある角楼(見張り台)は

九丈(27メートル)だったようです。

さらにその中にある宮門(宮殿)は城壁の高さが五丈、角楼は七丈です。

 

門は一面につき3つあり東西南北で十二門あり、一つの門には

3つの扉が開き、そこから三筋の道路が中央の宮門に通じて延びています。

 

諸侯の城は、城壁の高さが五丈で角楼が七丈で四方は、各五里(2キロ)、

城の高さや大きさは違いますが、基本の造りは周の王城と同じです。

このモデルは、その後の時代も基本踏襲されました。




三国志の時代の城を図解で説明

 

では、基礎知識を述べた上で、三国志の時代の城の機能について図解で

解説しようと思います。

 

 

・女墻(ひめがき)・・よく城の上にあるデコボコしたブロック状の遮蔽物です。

兵士は城壁の上を歩きまわるので、敵からの攻撃が激しい時には、

この女墻の背後に身を隠して、隙を窺いながら反撃する事になります。

よく漫画や映画でも見ますけど、あのブロックの名前が女墻というとは、

kawausoも初めて知りました。

 

※三国志の時代には、女墻は俾倪(へいげい)と呼ばれていました。

 

・馬面(ばめん)・・馬面とは、城の四隅の出っ張った部分の事です。

 

 

中国史では、董卓(とうたく)が築いた万歳塢(ばんざい・う)にその痕跡があるので、

三国志の時代にはポピュラーになっていたと思われます。

馬面は、城壁の角を広げる事で死角を減らし、さらには兵力を角に集中する事で

敵が城壁をよじ登る圧力に対抗できるようになります。

 

・角楼(かくろう)・・内側の壁で宮門の城壁の四隅に立つ見張り台です。

城内をくまなく見渡す事が出来る他に、太鼓が常備され、緊急の時には、

打ち鳴らす事で城内に危険を知らせる役割もあります。

 

・城門・・・説明不用で、城の出入り口です。

基本は一つの城市について十二門あり、入口は3つありますが、

小さな城市はその限りではない場合もあります。

昔は県門(けんもん)という機械仕掛けで門を引き上げたり、降ろしたりする

扉がありましたが、後漢の時代にはすでに失われ使われなくなったそうです。

 

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

 

地味だけど重要な草・・

 

どうして、城壁の上に草が積まれてるのか不思議に思う人も多いでしょう。

実は、この草は防水用なのです、当時の城壁は黄土を版築という工法で、

積み上げて造るのですが、幾ら硬いとはいえ、所詮は土壁なので、

大雨が降り続くと、崩れてしまいます。

 

実際に人が住まなくなった城市は、あっと言う間に雨により、

城壁が崩れていき、土に帰ってしまうのです。

ですので、必ず、城壁の上に草を敷きつめて水を吸い取っていき、

城壁が崩れないように工夫していたのです。

 

実際に春秋公羊伝に出てくる宋仲幾(そう・ちゅうき)という人は、

城壁の上に草を被せるのを忘れその罪で捕縛されています。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

中国の城壁が煉瓦造りになるのは、14世紀の明の時代に入ってからで、

元の時代でさえ、城壁は土であり城壁の上には葦を植えて補強していたようです。

命がけの戦いをしている最中に、城壁の上に、せっせと草を敷いている兵士を

想像すると、なんだかオカシイですが、真実は面白いものです。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男

関連記事:司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?

 

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?
  2. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書い…
  3. 孫権に煽られて憤死する陸遜 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝より…
  4. 釣った人材が次々逃げる!ダメ釣り人袁術
  5. まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術
  6. 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた
  7. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  8. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

  1. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる重要な戦
  2. ペリーと黒船常識。ウソ?ホント?
  3. 武田信玄の経済政策は領民にも支持されていた! 真田丸 武田信玄
  4. 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  5. 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?
  6. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード 江戸時代の犯罪はどう裁かれた? 今とは違う価値観を紹介 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは? 【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀? 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」 勝海舟と日本海軍、近代日本を切り開いた驚異のプロジェクト 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?

おすすめ記事

  1. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1
  2. 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い
  3. 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?
  4. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  5. kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」
  6. 第13話:袁術くん「部下をやる気にさせる正しく叱る方法」を紀霊から学ぶ
  7. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 はじめての三国志編集長kawauso
  8. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP