架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?

この記事の所要時間: 247




 

将軍・足利義昭(あしかがよしあき)を京都から追放して、

義昭に味方した畿内の残党軍を掃討することに成功した織田信長。

こうして信長包囲網の一角を切り崩すことに成功した信長は、

長年の宿敵てである朝倉義景(あさくらよしかげ)を討伐するべく準備を行います。

さて信長は今度こそ朝倉義景を撃破することができるのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」




浅井家の重要拠点が寝返る

 

信長は京都近辺の足利義昭残党軍を討伐して、

畿内を平穏に導くと久しぶりに本拠地である岐阜(ぎふじょう)へ帰還します。

彼は岐阜城へ帰還するとゆっくりしようと考えておりましたが、

浅井家の重要拠点である山本山城の城主阿閉貞征(あつじさだゆき)が内応してきたとの報告を受けます。

彼は「デカした!!」と報告した来た者に大声で叫ぶとすぐに軍勢をまとめて、

浅井家の本拠地である小谷城を包囲。

織田軍の諸将は山田山へ軍勢を駐屯させ、

信長は自らの本陣を山田山の西にある高月に陣営を張ります。




朝倉軍の守備拠点を陥落

 

朝倉義景は自ら軍勢を率いて浅井家救援にやってきます。

彼は木之本付近に駐屯して信長の軍勢に対して対峙する形で駐屯。

信長は朝倉軍が浅井家救援にやってくると朝倉軍を撃破するべく作戦を考えておりました。

そんな中大雨が降ってきます。

信長はこの大雨を利用して朝倉軍の拠点の一つである大嶽砦(おおづく)へ攻撃。

朝倉軍は大雨の中信長軍が攻撃してくるとは考えていなかったため、

防備を固めておらずあっけなく陥落してしまいます。

信長はこの砦を守っていた朝倉軍の兵士を解放して次なる作戦を発動するべく諸将へ

命令を伝達します。

信長の次なる命令は朝倉軍の追撃でした。

 

信長の神ってる予想

 

信長は朝倉軍の大嶽砦を陥落させたことで、朝倉軍が必ず退却すると予想を立てて、

諸将へ「翌日朝倉軍は撤退するから必ず追撃を行うように」と命令を各諸将へ命令。

信長の命令を聞いた諸将は信長の予想を疑ってしまいます。

その理由は朝倉軍の一拠点を奪っただけで、

朝倉軍全体において不利になっていない状況であるため、

撤退するわけがないと考えていたからです。

その為諸将は信長の命令を聞いていながら追撃を行う準備を怠っておりました。

信長は諸将が自分の意見に賛同しない可能性があると考え、

何度も使者を送って「俺の言うことを聞け」と命令を伝えたそうです。

 

信長の予想は見事的中!!朝倉軍撤退開始

 

朝倉軍は信長の予想通りの行動を行います。

それは全軍の撤退を命令したことです。

信長は自分の予想が外れると思っていないため、

自らの親衛隊だけを率いて朝倉軍の背後を追っていきます。

その後諸将達は朝倉軍が信長の言うとおりに撤退を開始し始めたことを知り、

急いで朝倉軍の背後を追撃するべく出陣します。

諸将は先行して朝倉軍を追撃している信長にかなり後になってから追いつきます。

信長は諸将が追いついてくると「てめぇら!!俺の言うことをきけんのか!!」と

そこにいた重臣・柴田勝家(しばたかついえ)を張り倒したとか。

こうして織田軍全軍が到着すると全軍で越前(えちぜん)へ

退却している朝倉軍に追撃を開始します。

 

刀根坂の攻防戦

 

信長軍は越前と近江(おうみ)国境にある刀根坂(とねざか)で、

朝倉軍を捕捉すると猛攻を開始。

朝倉軍も信長軍から攻撃を受けると反撃を開始しますが、

織田軍の追撃軍の猛攻によって次々と兵士達は打ち取られてしまい、

朝倉家の一門衆もこの戦いで散ってしまいます。

こうして刀根坂にとどまって抵抗した朝倉軍を撃破することに成功した信長軍は、

朝倉家当主である朝倉義景の後を追って越前へ侵攻します。

 

戦国史ライター黒田レンの独り事

 

織田信長は朝倉軍を追撃してついに朝倉家の本拠地である越前に

突入することになります。

長年浅井家とタッグを組んで信長を苦しめてきた宿敵を討つ瞬間がやってくることになり、

信長包囲網の一角を切り崩す最大のチャンスが訪れることになるのです。

 

参考文献 中公新書 織田信長と将軍義昭 谷口克広著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  2. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの…
  3. え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?
  4. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  5. 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?
  6. 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの?
  7. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  8. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  2. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  3. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  4. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  5. 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  6. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3) 杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの? 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙 これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画 なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】

おすすめ記事

  1. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  2. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  3. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  4. 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは
  5. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?
  6. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】
  8. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP