キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?

織田信長




 

将軍・足利義昭(あしかがよしあき)を京都から追放して、

義昭に味方した畿内の残党軍を掃討することに成功した織田信長。

こうして信長包囲網の一角を切り崩すことに成功した信長は、

長年の宿敵てである朝倉義景(あさくらよしかげ)を討伐するべく準備を行います。

さて信長は今度こそ朝倉義景を撃破することができるのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」




浅井家の重要拠点が寝返る

 

信長は京都近辺の足利義昭残党軍を討伐して、

畿内を平穏に導くと久しぶりに本拠地である岐阜(ぎふじょう)へ帰還します。

彼は岐阜城へ帰還するとゆっくりしようと考えておりましたが、

浅井家の重要拠点である山本山城の城主阿閉貞征(あつじさだゆき)が内応してきたとの報告を受けます。

彼は「デカした!!」と報告した来た者に大声で叫ぶとすぐに軍勢をまとめて、

浅井家の本拠地である小谷城を包囲。

織田軍の諸将は山田山へ軍勢を駐屯させ、

信長は自らの本陣を山田山の西にある高月に陣営を張ります。




朝倉軍の守備拠点を陥落

 

朝倉義景は自ら軍勢を率いて浅井家救援にやってきます。

彼は木之本付近に駐屯して信長の軍勢に対して対峙する形で駐屯。

信長は朝倉軍が浅井家救援にやってくると朝倉軍を撃破するべく作戦を考えておりました。

そんな中大雨が降ってきます。

信長はこの大雨を利用して朝倉軍の拠点の一つである大嶽砦(おおづく)へ攻撃。

朝倉軍は大雨の中信長軍が攻撃してくるとは考えていなかったため、

防備を固めておらずあっけなく陥落してしまいます。

信長はこの砦を守っていた朝倉軍の兵士を解放して次なる作戦を発動するべく諸将へ

命令を伝達します。

信長の次なる命令は朝倉軍の追撃でした。

 

信長の神ってる予想

 

信長は朝倉軍の大嶽砦を陥落させたことで、朝倉軍が必ず退却すると予想を立てて、

諸将へ「翌日朝倉軍は撤退するから必ず追撃を行うように」と命令を各諸将へ命令。

信長の命令を聞いた諸将は信長の予想を疑ってしまいます。

その理由は朝倉軍の一拠点を奪っただけで、

朝倉軍全体において不利になっていない状況であるため、

撤退するわけがないと考えていたからです。

その為諸将は信長の命令を聞いていながら追撃を行う準備を怠っておりました。

信長は諸将が自分の意見に賛同しない可能性があると考え、

何度も使者を送って「俺の言うことを聞け」と命令を伝えたそうです。

 

信長の予想は見事的中!!朝倉軍撤退開始

 

朝倉軍は信長の予想通りの行動を行います。

それは全軍の撤退を命令したことです。

信長は自分の予想が外れると思っていないため、

自らの親衛隊だけを率いて朝倉軍の背後を追っていきます。

その後諸将達は朝倉軍が信長の言うとおりに撤退を開始し始めたことを知り、

急いで朝倉軍の背後を追撃するべく出陣します。

諸将は先行して朝倉軍を追撃している信長にかなり後になってから追いつきます。

信長は諸将が追いついてくると「てめぇら!!俺の言うことをきけんのか!!」と

そこにいた重臣・柴田勝家(しばたかついえ)を張り倒したとか。

こうして織田軍全軍が到着すると全軍で越前(えちぜん)へ

退却している朝倉軍に追撃を開始します。

 

刀根坂の攻防戦

 

信長軍は越前と近江(おうみ)国境にある刀根坂(とねざか)で、

朝倉軍を捕捉すると猛攻を開始。

朝倉軍も信長軍から攻撃を受けると反撃を開始しますが、

織田軍の追撃軍の猛攻によって次々と兵士達は打ち取られてしまい、

朝倉家の一門衆もこの戦いで散ってしまいます。

こうして刀根坂にとどまって抵抗した朝倉軍を撃破することに成功した信長軍は、

朝倉家当主である朝倉義景の後を追って越前へ侵攻します。

 

戦国史ライター黒田レンの独り事

 

織田信長は朝倉軍を追撃してついに朝倉家の本拠地である越前に

突入することになります。

長年浅井家とタッグを組んで信長を苦しめてきた宿敵を討つ瞬間がやってくることになり、

信長包囲網の一角を切り崩す最大のチャンスが訪れることになるのです。

 

参考文献 中公新書 織田信長と将軍義昭 谷口克広著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 燃える本能寺 明智光秀の遺体は本物ではないって本当?
  2. 織田信長 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾…
  3. 徳川家康 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  4. 土いじりをする劉備 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がな…
  5. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  6. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【…
  7. 孫策に攻撃される黄祖 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…
  8. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 諸葛孔明019
  2. 陳宮
  3. 劉備 孫権 ゆるキャラ
  4. 曹操 孔明をチェック
  5. 成廉、魏越、呂布

おすすめ記事

  1. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  2. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!? 城 銅雀台
  3. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 曹丕
  4. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】
  5. 【新機種】iPhoneXR/ XS MAX対応スマホケース発売開始しました
  6. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え

三國志雑学

  1. 遅れて来た孫権 英雄
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 女と金
  3. 三国志ライター黒田レン
  4. 関帝廟 関羽
  5. 三国志 象兵

おすすめ記事

曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬? 劉雄鳴は三国志の仙人 劉雄鳴とはどんな人?仙人だけど世渡りが下手な関中軍閥 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!! 四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた【三国夢幻紀行 諸葛孔明篇1】 キングダム 534話 ネタバレ予想:倒せるか?紀彗軍 どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介 三国志の結末(最後)ってどうなるの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP