戦国時代にも桜島は噴火していた?知っているようで知らない桜島について解説


桜島

 

気象庁によると7月24日午後8時5分頃、鹿児島県の桜島で爆発的な噴火が発生しました。

 

同庁は桜島の噴火警戒レベルを3の入山規制から5の避難に引き上げ、鹿児島市の周辺住民へ警戒を呼び掛けています。現時点では島全体に影響を及ぼす大規模噴火ではないようですが、引き続き火山の動向に警戒が必要です。

 

今回のほのぼの日本史では、活きている火山島、桜島の歴史について解説します。

 

 

桜島の成り立ち

 

今からおよそ25000年前、大隅半島のど真ん中にあった姶良(あいら)火山が想像を絶する巨大な噴火をおこしました。この時、姶良火山が吹き飛び大きな窪地(姶良カルデラ)が誕生します。やがて、カルデラには海水が入り込んで錦江湾が誕生しました。

 

そして、13000年前、姶良カルデラの南の淵に子供の火山「桜島」が誕生。桜島は、それから幾度となく噴火活動を繰り返して成長を続け、およそ6000年前まで北岳の噴火活動が続き、北岳の活動が収まると4000年前より南岳が活動を開始、現在の形が出来ました。

 

鹿児島県の在来馬

馬に粘土を載せて運ぶ人(幕末時代)
知られざる日本在来馬とは?明治以降に洋種馬が日本に伝来する前からいた和種馬

続きを見る

 

はじめての平安時代

 

 

なぜ桜島に人が住んでいるの?

 

桜島は活火山で有史以来、何度も噴火を繰り返しています。しかし、桜島には縄文時代より人が住んでいて最盛期には2万人もの人口がいました。現在は減少しましたが、それでも5600人もの人が桜島に住んでいます。

 

でも、危険な活火山があるのに、どうしてこれほど多くの人が住みついたのでしょうか?

 

理由は噴火がもたらす火山灰土壌にあります。土壌は、軽石を含むため軽くてやわらかく、空気や水をよく通す特徴があり作物は栄養を吸収しやすく、大きく美味しく育つ事になります。大きい事で有名な桜島大根も、火山灰土壌なくしては育つ事が出来ないのです。

 

また、標高1000メートルを越え、噴煙をたなびかせる雄大な桜島は観光資源でもあり、世界中から毎年200万人の観光客が詰めかけ、火山島の恩恵として温泉も湧いています。火山活動は脅威ですが恩恵もあるので、桜島の人々は噴火も生活の一部と割り切って暮らしているのです。

 

西南戦争の原因

幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
西南戦争はなぜ起こった?西郷隆盛を死地に追いやった大久保利通の狙い

続きを見る

 

はじめての鎌倉時代

 

 

桜島の人口分布

 

桜島は、島の面積の大半が山で中腹まで植物も生えていない不毛地帯です。しかし、桜島の北東、北西部にはなだらかな丘陵地があり、桜島の尾根が伸びていない南西部以外にも僅かに平地があり、人が住んでいます。

 

もっとも、これまでに多くの犠牲者を出す大噴火も起きている上、事前に溶岩が流れだす地域は予想できないので、桜島には22もの避難港が指定され、溶岩や火砕流の被害から逸早く逃げられるように対策がされています。

 

桜島を詠んだ平野国臣

平野国臣の名歌「わしは桜島より熱かばってん」の意味とは?

続きを見る

 

はじめての戦国時代

 

 

今は島ではないって本当?

 

桜島の地名には複数の由来があります。

 

10世紀の中頃に大隅守として大和朝廷から赴任してきた「桜島忠信」の名前からとったという説や、神話に登場するコノハナサクヤヒメが桜島の五社大明神に祀られているので、「サクヤ島」が変化してサクラ島になったという説もあり、本当の所はわかりません。

 

また桜島はその名の通り、幅約360メートル、深さ約75メートルの瀬戸海峡で大隅半島と隔てられた島でしたが、大正3年(1914年)1月12日より始まった噴火で海峡が埋まり、大隅半島と陸続きになりました。だから正確には桜半島なのですが、ゴロがよくないので、今でも引き続き桜島と呼ばれています。

 

こちらもCHECK

毛利元就
戦国に生きた最強の武将4人は?ある基準を採用で決めたこの4大名!

続きを見る

 

武田信玄

 

 

戦国時代にも噴火していた桜島

 

桜島は、応仁の乱の翌年、1468年に噴火したそうですが被害の記録はありません。しかし文明3年(1471年)9月12日に大噴火が発生し、北岳の北東山腹から溶岩が流出し、死者多数の記録があります。

 

文明7年(1475年)8月15日には桜島南西部で噴火し溶岩が流出。翌年の9月12日にも桜島南西部で噴火が起こって死者が多数出たそうです。

 

豊臣軍(仙石秀久)を蹴散らす島津家久

 

戦国時代には、桜島は島津氏の領地で鹿児島湾を挟んで肝付氏(きもつきし)との争いの最前線で、島の各地に城塞が築かれ兵が配置されていました。元亀2年(1571年)には肝付氏と連合した禰寝氏(ねじめし)、伊東氏が100艘余りの船で桜島の各拠点を攻撃、島津家久(しまづいえひさ)は横山、脇、瀬戸などに陣を構えて応戦した記録があります。

 

島津四兄弟とは?

島津義久
九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦

続きを見る

 

織田信長スペシャル

 

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

桜島は、誕生してから大小17回も噴火を起こしている日本一の活火山です。危険な活火山ですが、桜島のもたらす恩恵も大きく、桜島に住む人々は火山活動による避難や被害も生活の一部と割り切って逞しく生きています。

 

錦江湾に浮かぶ桜島の噴煙は、気性が激しく逞しい薩摩勇人の象徴として、多くの和歌に詠まれ、桜島の人々のみならず、鹿児島の象徴として親しまれているのです。

 

島津家久とは?

島津家久
島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将

続きを見る

 

47都道府県戦国時代

 

ほのぼの日本史

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-戦国時代 (日本)
-