もし本能寺の変が起きていなければもっと大きな「本能寺の変」が起きていた?日本史どころか世界史レベルのif展開を考える




敵は本能寺にあり!と叫ぶ明智光秀

 

歴史ファンの間で、しばしば語られるお題。「もし本能寺(ほんのうじ)の変がなかったら、歴史はどうなっていたろうね?」

 

本能寺の変で「是非に及ばず」と切り替えの早い織田信長b

 

あまりにドラマチックな事件であった為に、とうぜん、「あの一夜がなかったら?」とみんな考えてしまいますし、あの事件の「ある・なし」によってその後の日本史が全部変わっていただろう、とまで考えると、たしかに、いろいろ想像力をかきたてられるテーマです!

 




「信長が天下を統一しました」だけでは済まない?世界史レベルのインパクト!

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス(織田信長)

 

このテーマが話題にのぼるとき、よく出てくるのが、「本能寺の変がなかったら、織田信長(おだのぶなが)が天下を統一していただろう」という話。まず、これは私も同感です。本能寺の変の前夜、織田信長の軍勢は中国、四国、北陸に猛攻を加えておりました。そのいっぽうで、信長は九州の島津家(しまづけ)や東北の伊達家(だてけ)に服従を迫る手紙を送り、着実に天下統一の地固めをしていました。

 

まさに、全国制覇に王手の状態!

「本能寺の変がなかったら織田信長が日本の王になっていただろう」は、ほぼ間違いないでしょう。

 

麒麟にまたがる織田信長

 

でも、ここで想像を終わらせるのも、つまらない。いったん「織田信長が天下を統一」したら、そのあと何が起こったか?そこまで考えてみましょう。思い返せば、織田信長はイエズス会にも好意的な対応をして、スペインとの外交にも視野を巡らせていましたし、日本統一の後は中国大陸への進出まで視野に入れていた形跡があります。

 

天下布武を唱える織田信長

 

織田信長が天下を統一していたら?

 

ラクダに乗って砂漠を移動する織田信長

 

戦国時代はもっと早く終わっていたはずですが、鎖国と安定の江戸時代には突入せず、日本は世界史とダイナミックにかかわる大激動の時代に突入していたかもしれません。

 

関連記事:鎖国は悪ではない!平等社会を実現させた江戸幕府

関連記事:なんで農民は戦国大名に従った?農村と運命共同体。ローカル大名の真実

 

 

【聴きだしたらもう止まらない音声コンテンツ】
ながら日本史

 




 

信長の行動が予測不能なだけに広がる夢想!太平洋戦争が400年早くやってきた?

セミナリオ(教会)

 

時あたかも、世界はローマ教皇が勝手に下した、「スペインとポルトガルで地球を半分ずつに分けなさい」という許可のせいで、スペインが中南米の大部分を、ポルトガルが東半分(現在のブラジル)を占領し割拠。さらに北米大陸にはイギリスやフランスやオランダが絡んできて複雑化。更に勇気あふれる探検家たちが太平洋の島々の発見に乗り出していました。

 

ここで織田信長が日本の王になったら、どういう行動に出ていたか?

 

南蛮胴を身に着けた織田信長

 

「朝鮮や中国に進出する」というのが思いつきやすいシナリオですが、もともとが予測不能な織田信長だけに、もっと大胆不敵なことを始めたかもしれません。地球儀をじっと睨み据え、時代をおもいきり先取りして、「将来、大量の資源を生み出すのは、アメリカ大陸だ!」と見越してしまったかもしれません。

 

かくして、信長がベーリング海峡を突破し、アメリカ合衆国やカナダができるよりも先に、北米大陸に拠点を築きに行ったら? 世界の歴史は大きく変わり、アメリカ合衆国やカナダとはまた別に、「北米の一角に日本人植民地をベースとした巨大国家ができていた」かもしれません!

 

宣教師 ルイスフロイス

 

当然、そんなことをすればイギリスやスペインやポルトガルとも利害が衝突。北米大陸と太平洋諸島を奪い合いが発生する。なんと、400年も先んじて、太平洋を挟んでの、日本対西洋列強の死闘、すなわち「太平洋戦争」が勃発していたかもしれません!

 

関連記事:キリシタン大名の特徴は?どうして戦国時代に大名はキリシタンになった?

関連記事:戦国時代、フランス、ドイツ、イタリアが日本に来なかった理由は?

 

 

【歴史から抹殺された戦国武将の謎と伝説】
戦国時代の都市伝説特集

 

 

本能寺の変がなくてもいつか信長は殺された?どう見ても日本史上で「浮いている」信長

本能寺の変の織田信長

 

ただ、こんな途方もないシナリオを好き放題に考えていくと、どんどん違和感も増してきますよね。「たしかに信長は天才であり、何を思いつくかわからない独裁者だが、彼が世界進出を思いついたとしても、当時の日本人たちがその構想についていけたかどうか」と。

 

敵は本能寺にあり!と叫ぶ明智光秀b

 

そうなのです。実は明智光秀(あけちみつひで)による「本能寺の変」の、原因説のひとつに、「明智光秀は、信長が天下統一後に中国攻めを計画していることを知り、その壮大すぎる冒険を止めるためにクーデターを起こした」という説もあるくらい、「独裁者となった信長がとんでもない事業を始める」ことを恐れていた人は多かったと思われるのです。

 

そもそも日本史では、あまりに強権な独裁者の政権は長続きせず、北条執権家にせよ、足利幕府にせよ、徳川幕府にせよ、内治に集中する安定戦略が好まれる傾向があります。

 

上洛した時、疲れて馬上で居眠りしている信長を見て、ぷすーと笑う島津家久

 

この日本史の中で、どう見ても「浮いている」信長。いかに彼が天才であったとしても、この日本史のジンクスを覆せるほどの「世界進出」をやろうとしたら、さすがに日本中の反発を食らってしまったのではないでしょうか。つまり、本能寺の変がなくても、その後、信長が強力な独裁者になればなるほど、けっきょく命を狙われることになり、いつかは殺されていたのではないでしょうか。

 

関連記事:正親町天皇はどんな人?本当に本能寺の変の黒幕なの?

関連記事:本能寺の変に黒幕はいると思いますか?アンケート発表!

 

【日本史最大のミステリーを暴く】
本能寺の変の特集

 

 

本能寺の変がなかったら、もっと「ヤバイ」本能寺の変になっていた?

織田信長とマブタチな破天荒すぎる近衛前久

 

私の意見をまとめますと、「本能寺の変がなくても、あまりに強力な権力者となった信長は、いつかは殺されただろう」となります。ただし、この結論は、それはそれでまた、面白いイフ展開を想像させます。

 

飛行機(プロペラ)に乗るkawausoさん

 

もしあの時点で「本能寺の変」が発生せず、もっと後、強大化した信長が世界史に割り込んで、西欧列強との「太平洋戦争」に突入した後に、クーデターが発生していたら?信長の急死は、日本国内での権力闘争だけでなく、西欧列強のオモワクまで巻き込んだ、世界史に残る大混乱になっていたかもしれません。

 

関連記事:大航海時代って何?面白く解説!【まるっと世界史】

関連記事:帝国主義って何?簡単に説明【まるっと世界史】

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

戦国時代ライターYASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

うかつに信長が海外進出を開始した後にクーデターが起こっていたら、外国の軍隊まで日本に入ってくる大事件になっていたかもしれません。となると、あの時点で本能寺の変が起こったのは、まだ問題が日本国内の権力闘争で済むレベルでおさまるタイミングで、なんとか身内で片付けたのだ、と解釈もできる。

 

三国志を楽しく語るライターYASHIRO様

 

このシナリオまで考えると、明智光秀は日本史を、実は、救ってくれた人物だったのかもしれませんね!

 

関連記事:豊臣秀吉によるバテレン追放令の内容とは?戦国時代のキリスト教事情

関連記事:京極高次とはどんな人?本能寺負け組から逆転人生の蛍大名

 

 

【WEBマガジン ほのぼの日本史】
ほのぼの日本史

 

 




関連記事

  1. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  2. 武田二十四将(馬場信春)をメイン
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. 真田丸
  5. 忙しくて過労で倒れる明智光秀

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP