よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!

この記事の所要時間: 22




 

董卓(とうたく)が洛陽を占拠して権力を手に入れると、

気に入らない人達を次々に殺害して行きます。

しかし彼は政権を安定させるために名士と言われる人々に色々な事を相談しておりました。

袁紹董卓から相談を受けた名士の一人ですが、

彼は董卓の相談に乗った後洛陽を去っていきます。

このことに董卓は怒り彼を殺害しようと考えますが、

名士達の尽力によって彼の命は救われることになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン




董卓の相談に乗った袁紹(えんしょう)

 

袁紹は董卓が洛陽を占拠して権力を握っていた頃もまだ洛陽に残っておりました。

そんな彼に董卓から「相談したことがあるから来て欲しい」と要請を受けます。

袁紹は董卓の元へ行くと董卓から「現在の皇帝はポンコツでどうしようもない人物だから

弟の陳留王(ちんりゅうおう)を皇帝にしようと思うのだがどうだろう」と相談されます。

すると袁紹は「あなた様の意見に大いに賛成ですが、

こればかりは私だけでなく三公の皆様にも相談してから行った方がいいのではないのでしょうか」

と表向き董卓の提案に賛成しつつ、

自分ひとりでは決めることはできないと反論。

すると董卓は「おいおい。俺が劉氏に遠慮する必要があると考えているのか」と述べます。

てか結論出しているなら相談する必要なくないと突っ込みどころ満載な董卓ですが・・・・。

袁紹は董卓の言い分に怒り、そのまま宮殿を退出すると洛陽から脱走してしまいます。

董卓は洛陽から袁紹が脱走したことに怒りを覚えることなります。



袁紹を心配した名士

 

董卓は自らの権力と政権を安定させるために名士達を尊重しており、

議郎(ぎろう)の何顒(かぎょう)や伍瓊(ごけい)達は董卓から信頼されていた名士でした。

しかし董卓のやり方に不満を持っていた彼らは名門である袁紹の味方で、

董卓と言い争って洛陽から逃亡したことを知ると袁紹を心配して董卓に進言することにします。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

名士の進言

 

何顒らは董卓と会見すると袁紹の処遇について進言を行います。

彼らは「袁紹はまだ若く皇帝廃立に関しての意見を持っているような人物ではありません。

そのため彼は皇帝廃立と言う懸案の重大さと責任に怖くなって洛陽から逃亡したのであって、

ほかに理由はないでしょう。

袁紹が洛陽から逃亡した事を罪にして、彼に賞金をかけて逮捕するように命じた場合、

彼を慕っている各地の諸侯達は一斉に董卓様に反逆を加えることは自明の理と言えるでしょう。

そこで私たちは敢えて袁紹を逮捕するような事をしないで、

彼に恩を売ってどこかの太守にでも任命させれば、

董卓様に恩を感じて反逆するような真似はしないのではないのでしょうか。」と進言。

董卓は信頼している名士達からの進言を取り入れて、袁紹を渤海郡の太守に任命します。

こうして袁紹を慕っている名士達の尽力によって袁紹は渤海の太守に任命されることになり、

軍事的基盤を手に入れることになるのです。

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もしもこの時袁紹を慕っている名士達が董卓にビビって袁紹を庇うような事をしなかったら、

もしかしたら董卓は袁紹を逮捕するために各地に彼の首に賞金をかけて逮捕するように命令を下していたかもしれません。

董卓の側に立てば袁紹を捕縛して処刑することで、

反董卓連合軍の結成を未然に防ぐことができたかもしれません。

しかし名士達からの信頼は失われてしまい政権と権力を安定させることは難しかったでしょう。

ですが董卓が袁紹に恩として与えた渤海太守の位が軍事的基盤となり、

反董卓連合軍結成のきっかけとなってしまいます。

董卓は恩をアダで返した袁紹に激怒して洛陽に残っていた袁家一門は、

董卓に殺害されてしまうことになってしまいます。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!

関連記事:賈詡に学ぶベストな転職の方法

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜
  2. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を…
  3. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?
  4. 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略
  5. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄…
  6. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?…
  7. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた…
  8. キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】
  2. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  3. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  4. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  5. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌
  6. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの? どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は? 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス 三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介! すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選

おすすめ記事

  1. 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した
  2. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】
  3. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?
  4. 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの?
  5. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝
  6. 【キングダム549話】「3つの誤算」ネタバレ&レビュー
  7. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!
  8. 【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP