袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!

この記事の所要時間: 22




 

董卓(とうたく)が洛陽を占拠して権力を手に入れると、

気に入らない人達を次々に殺害して行きます。

しかし彼は政権を安定させるために名士と言われる人々に色々な事を相談しておりました。

袁紹も董卓から相談を受けた名士の一人ですが、

彼は董卓の相談に乗った後洛陽を去っていきます。

このことに董卓は怒り彼を殺害しようと考えますが、

名士達の尽力によって彼の命は救われることになるのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン




董卓の相談に乗った袁紹(えんしょう)

 

袁紹は董卓が洛陽を占拠して権力を握っていた頃もまだ洛陽に残っておりました。

そんな彼に董卓から「相談したことがあるから来て欲しい」と要請を受けます。

袁紹は董卓の元へ行くと董卓から「現在の皇帝はポンコツでどうしようもない人物だから

弟の陳留王(ちんりゅうおう)を皇帝にしようと思うのだがどうだろう」と相談されます。

すると袁紹は「あなた様の意見に大いに賛成ですが、

こればかりは私だけでなく三公の皆様にも相談してから行った方がいいのではないのでしょうか」

と表向き董卓の提案に賛成しつつ、

自分ひとりでは決めることはできないと反論。

すると董卓は「おいおい。俺が劉氏に遠慮する必要があると考えているのか」と述べます。

てか結論出しているなら相談する必要なくないと突っ込みどころ満載な董卓ですが・・・・。

袁紹は董卓の言い分に怒り、そのまま宮殿を退出すると洛陽から脱走してしまいます。

董卓は洛陽から袁紹が脱走したことに怒りを覚えることなります。



袁紹を心配した名士

 

董卓は自らの権力と政権を安定させるために名士達を尊重しており、

議郎(ぎろう)の何顒(かぎょう)や伍瓊(ごけい)達は董卓から信頼されていた名士でした。

しかし董卓のやり方に不満を持っていた彼らは名門である袁紹の味方で、

董卓と言い争って洛陽から逃亡したことを知ると袁紹を心配して董卓に進言することにします。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

名士の進言

 

何顒らは董卓と会見すると袁紹の処遇について進言を行います。

彼らは「袁紹はまだ若く皇帝廃立に関しての意見を持っているような人物ではありません。

そのため彼は皇帝廃立と言う懸案の重大さと責任に怖くなって洛陽から逃亡したのであって、

ほかに理由はないでしょう。

袁紹が洛陽から逃亡した事を罪にして、彼に賞金をかけて逮捕するように命じた場合、

彼を慕っている各地の諸侯達は一斉に董卓様に反逆を加えることは自明の理と言えるでしょう。

そこで私たちは敢えて袁紹を逮捕するような事をしないで、

彼に恩を売ってどこかの太守にでも任命させれば、

董卓様に恩を感じて反逆するような真似はしないのではないのでしょうか。」と進言。

董卓は信頼している名士達からの進言を取り入れて、袁紹を渤海郡の太守に任命します。

こうして袁紹を慕っている名士達の尽力によって袁紹は渤海の太守に任命されることになり、

軍事的基盤を手に入れることになるのです。

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もしもこの時袁紹を慕っている名士達が董卓にビビって袁紹を庇うような事をしなかったら、

もしかしたら董卓は袁紹を逮捕するために各地に彼の首に賞金をかけて逮捕するように命令を下していたかもしれません。

董卓の側に立てば袁紹を捕縛して処刑することで、

反董卓連合軍の結成を未然に防ぐことができたかもしれません。

しかし名士達からの信頼は失われてしまい政権と権力を安定させることは難しかったでしょう。

ですが董卓が袁紹に恩として与えた渤海太守の位が軍事的基盤となり、

反董卓連合軍結成のきっかけとなってしまいます。

董卓は恩をアダで返した袁紹に激怒して洛陽に残っていた袁家一門は、

董卓に殺害されてしまうことになってしまいます。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!

関連記事:賈詡に学ぶベストな転職の方法

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な…
  2. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  3. 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった
  4. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  5. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義…
  6. 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、…
  7. 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの?
  8. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  2. かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!
  3. 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選
  4. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  5. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?
  6. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの? 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けませんわ 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ! 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男

おすすめ記事

  1. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?
  2. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説
  3. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  4. 【キングダム ネタバレ】王翦の部下は麻紘と亜光ではなかった?
  5. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  6. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇
  7. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  8. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP