キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?

関羽に惚れる曹操




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・これが起きたら時代は変わった!」のコーナーです。

 

 

義を物語る「三国志」において関羽の義はその極みです。

特に一度は曹操に降るものの、劉備が生きていることを知って、

厚遇されている曹操の陣営をあっさりと捨てて劉備のもとに馳せ参じるシーンは印象的です。

その前に関羽袁紹との戦で武功をあげて曹操の恩に報います。

与えられた褒美の品は封をして返却しています。

まさに関羽の「絶義」を示したエピソードといえるでしょう。

こうして関羽は後世の人に崇拝され、神として祀られることになります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?




もし劉備が死んでいたらどうなったのか

 

関羽は曹操に降る際にいくつかの条件を提示しています。

太っ腹の曹操はそのすべてを受け入れました。

関羽にしてみれば、主君は逃げ去り、万に一つも勝ち目のない戦です。

普通であれば無条件降伏のうえ、劉備の妻は処刑されているはずです。

しかし曹操はそれを行いませんでした。

断行したとしても関羽は恨まなかったことでしょう。

それが戦場の習いだからです。

ではなぜ曹操は劉備の妻を保護したのでしょうか。

それは関羽を手に入れるためです。関羽を心服させるための戦略です。

 

 

関羽としてもそんな曹操の器量を評価し、認めているような節があります。

関羽は「曹操に降るのではない。漢に降る」と宣言はしています。

ですから劉備が曹操軍に追撃で命を落としていたら、

引き続き漢皇室に仕えたことになったのではないでしょうか。

荀彧同様の立場ですね。

つまりそれは曹操に仕えるも同然のことです。




もし劉備が生きているのに曹操のもとに留まっていたら

 

これに関しては三国志のタブーといってもいいでしょう。

もし関羽が普通に曹操に降り、

張遼徐晃のように曹操配下の将軍として活躍しているようだったら三国志の面白さ、魅力は半減です。

単なる戦国時代のお話で終わります。

ここまで三国志の人気が出ることもなかったのではないでしょうか。

三国志は関羽や諸葛亮孔明の義を語る点が醍醐味なのです。

もし仮に関羽が劉備の妻に手を出したり、

金銀財宝に目がくらんで曹操の配下を望むようであれば、げんなりですね。

果たして関羽がこれほど評価を受けるようなことになったかどうか。

少なくても神として崇め奉られることはなかったでしょう。

要するにこれは、「三国志で絶対に起こってはいけないこと」の最重要項目なのです。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

それでも仮想してみるとどうなるか

 

関羽無くしておそらく劉備が世に再び出て活躍することもなく、そうなると三国の建国もありません。

あっという間に天下は曹操によって統一されていた可能性があります。

そして曹操が魏公、魏王へと昇っていくことになるのです。

それには関羽も荀彧と同じように反対したはずです。

かといって漢王朝の復興も望めるような状況ではないはずですから、

関羽も荀彧も自害に追い込まれることになるのではないでしょうか。

関羽が完全に曹操に心服しているのであれば、

曹操が魏の皇帝に即位することも喜んだかもしれません。

不思議なことにこの辺りを想像してみてもまったく盛り上がりません。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

ということで三国志のタブーに少し踏み込んで妄想してみました。

おそらく二度と考えないし、触れない話題でしょう。

関羽はやはり劉備と共にあって関羽なのです。

そこは崩したくないですね。

劉備が関羽を伴って曹操に降伏するというのなら話は別ですが。

というか実際に関羽を伴って降伏していましたね。

その後、反逆したのでした。

劉備や関羽がいないと曹操も光らないのです。

それは月と太陽のような存在なのかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孫権 冠 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  2. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  3. 曹操と機密保持 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値
  4. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  5. 三国志平話 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  6. 趙姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  7. 劉備とサンタクロース サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの?…
  8. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくう…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 顔良を討ち取る関羽
  2. 周瑜と孫策
  3. 晋の陳寿

おすすめ記事

  1. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任
  2. 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】
  4. 苦肉の計とは?意味や語源は?故事成語辞典 苦肉の策(笑)
  5. 西郷隆盛の征韓論とはどんなもの? 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  6. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説! 曹操から逃げ回る劉備

三國志雑学

  1. 孔融
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 公孫攅と劉備
  2. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました 孫権 弔い出陣 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ? 辮髪(べんぱつ) モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」 呂布と董卓の最強タッグ 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP