キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

興収10億円突破!映画『関ヶ原』岡田准一の見どころと辛口批評するよ!




 

はじめての三国志の読者の皆様こんばんわ。

黒田レンです。

今回は8/26から放映され、

いま話題の注目されている司馬遼太郎(しばりょうたろう)原作・関ヶ原を見てきましたので、

まだ行っていない読者の皆さんに見どころをご紹介したいと思います。

 

関連記事:【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」の魅力をたっぷりご紹介

関連記事:【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?




劇場版・関ヶ原の注目ポイントその1:激しい戦闘シーン

(写真引用元:関ヶ原パンフレットより)

 

劇場版・関ヶ原を黒田レンが見て感じた注目ポイントその1は、リアルに再現された関ヶ原の戦いの戦闘シーンと言えるでしょう。

東軍の軍勢の槍隊と西軍の槍隊がぶつかり合って戦うシーンや

騎馬隊同士の突撃などかなりリアルに再現されています。

また史実では石田三成が関ヶ原の戦いで大砲を東軍めがけてぶっぱなしておりますが、

このシーンもリアルに再現されており凄まじい轟音と共にとてつもない破壊力を見せつけています。

レンは大砲の発射された時の轟音を聞いてびっくりして度肝を抜かれました。

もし関ヶ原がDVD化され家で鑑賞しても感じることのできない臨場感を味わうことが、

出来るでしょう。




劇場版・関ヶ原の注目ポイントその2:リアルに再現された方言

(写真引用元:関ヶ原パンフレットより)

 

劇場版・関ヶ原を黒田レンが見て感じた注目ポイントその2はリアルに再現された方言です。

豊臣秀吉は尾張(おわり)を領土としていた

織田信長(おだのぶなが)に仕えたての頃に結婚した寧々(ねね)。

寧々と秀吉の夫婦仲はかなり円満で豊臣秀吉として天下統一した後も、

尾張の方言でベラベラと喋っていたそうです。

寧々は劇場版・関ヶ原にも登場しています。

寧々は加藤清正(かとうきよまさ)と

五大老・第一位の実力者徳川家康(とくがわいえやす)の三人で語り合っているシーン。

このシーンで寧々は清正・家康二人に対して尾張の方言で二人に話しかけているのですが、

しっかりと当時の方言を話しており当時の状況をリアルに再現しておりました。

またドリフターズの主人公・島津豊久(しまづとよひさ)が石田三成と口論するシーンでは、

豊久が薩摩弁で石田三成をまくし立てているのですが、

豊久が言っているのか全くわかりませんでした。

しかし当時の薩摩の方便は他国の者ではほとんど理解することができないと言われていました。

そのためレンの私見ですが、当時の薩摩の人々が話していたとされる、

薩摩弁のリアリティを追求した結果が上記のシーンであったのではないのでしょうか。

かなり細かい見どころですがこういった方言にも力を入れてリアルさを追求している点に

注目してみるとかなり面白いのではないのでしょうか。

 

劇場版・関ヶ原の注目ポイントその3:関ヶ原の戦いを新たな視点で描いている

(写真引用元:関ヶ原パンフレットより)

 

劇場版・関ヶ原の注目ポイントとしては、関ヶ原の戦いを新たな視点で描いている点です。

関ヶ原の戦いの序盤は東軍よりも優勢な兵力を有していながら、

実働稼働数の点では東軍よりも少ない西軍の方が有利に戦いを運んでおりました。

そして戦いが始まってから数時間しても東軍は数で優っているにも関わらず、

西軍の奮戦の為勝利をもぎ取ることができませんでした。

その為史実では、徳川家康は直属の鉄砲隊へ命じて、

西軍に属していた小早川秀秋(こばやかわひであき)の陣営に対して威嚇射撃を敢行。

秀秋は家康直属の鉄砲隊の威嚇射撃を受けてビビってしまい西軍から東軍へ寝返り西軍に攻撃。

この秀秋の寝返りによって西軍は総崩れとなってしまい主将・石田三成は逃亡。

その他西軍諸将の軍勢も壊滅。

こうして東軍は関ヶ原の戦いに勝利することができました。

劇場版・関ヶ原も結果的に小早川秀秋は西軍から東軍へ寝返りますが、

劇場版関ヶ原では秀秋が西軍から東軍へ寝返った理由が、

史実と違っているのです。

小早川秀秋の寝返りの経緯を史実とは違いどのように描いたのか。

面白い解釈だったので注目するべきポイントと言えるでしょう。

ぜひ劇場へ足を運んでみてください。

 

戦国時代ライター黒田レンの独り言

 

黒田レンは関ヶ原の原作を何十回も読んでいるためかなり厳しい目で、

劇場版・関ヶ原を拝見しました。

上記は見どころですがここを取り上げればもう少し盛り上がったのに残念と思う箇所が、

何箇所かありました。

残念だと思う箇所の一例としては鳥頭坂(うとうさか)の戦いを取り上げなかった事です。

この戦いは関ヶ原の戦いに参加していた島津家の退却戦であり、

関ヶ原の戦いの本戦に負けない位に盛り上がる場面だと思います。

限られた時間の中でしか表現できないのが映画の欠点ですが、

もし鳥頭坂の戦いを取り上げていれば、

もう少しどころかなり盛り上がっていたのではないのかなとレンは思いました。

しかし原作を読んでいない方の方が楽しくドキドキしながら、

劇場版・関ヶ原を見ることが出来ると思います。

まだ見てないな方はぜひご覧あれ!!

 

関連記事:石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!

 

映画「関ヶ原」の予告ダイジェスト




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【…
  2. 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた
  3. 司馬懿と曹操 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  4. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第41話「この玄関の片隅で」…
  5. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  6. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  7. 関羽の死 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉…
  8. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸
  2. 諸葛一族
  3. 大政奉還した徳川慶喜
  4. 費禕
  5. 土いじりをする劉備
  6. 豊臣秀吉 戦国時代2
  7. 司馬懿と曹操

おすすめ記事

  1. 読者の声(2018年12月15日〜12月29日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 明智光秀を知る観光おすすめスポット5選【丹波亀山城・福知山城・勝竜寺城】 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの? 三国志 居酒屋
  5. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  6. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト

三國志雑学

  1. 日本に目指さした孫権
  2. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  3. 関羽と周倉
  4. 魏から蜀に下る姜維
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま
  2. 始皇帝
  3. キングダム52巻

おすすめ記事

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 近代日本の税制改革・地租改正とは?太閤検地から江戸時代まで解説 徳川家を守った篤姫 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった 公孫淵 133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭 ペリーは蒸気船の父!アメリカ海軍近代化プロジェクトX 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争! 曹洪の手紙が美文のお手本『文選』に載っていた!しかしその実態は…! 韓信と劉邦 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上? 王翦 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP