呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての変

オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」

 

ただ強いだけぢゃ「いくさ人」じゃない・・

その強さを裏打ちする信念と愛がないと獣と同じだぜ

 

そんなキングダムにも通じるような、本当の漢(おとこ)の魅力を堪能させてくれる

今、激熱なマンガと言えば、原哲夫が原案を務めた義風堂々を除いて他にはない。

もちろん、キングダムの王騎(おうき)も凄いけどォ、いやいや、義風堂々には

王騎クラスのレジェンド武将が、ゴロゴロしていると断言していい!!

 

キングダムファンには言っておくけど、発行部数が凄いからって、

何でもかんでも、TOPクラスの魅力があるとは限らないんだぜ!

 

(画:義風堂々!! 直江兼続~前田慶次花語り~ 1巻)

画像引用:https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%A9%E9%A2%A8%E5%A0%82%E3%80%85-%E7%9B%B4%E6%B1%9F%E5%85%BC%E7%B6%9A-%E5%89%8D%E7%94%B0%E6%85%B6%E6%AC%A1%E8%8A%B1%E8%AA%9E%E3%82%8A-1-%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4199802215

 

「義風堂々?なにそれ、エルガーの曲?」等と言う不届き千万な

にわかクラシックファンの40代~30代の男女でも、

じゃあ「花の慶次」と言えば、あーっと納得できるだろう。

 

90年代、時代劇マンガなんて古臭い劇画でオッサンの読む物と

ティーンに敬遠されていた戦国時代を堂々と週刊少年ジャンプに持ち込み、

その圧倒的な画力と力だけではない、敵味方を越えてお互いの男気に命を燃やす

いくさ人の群像劇を描いて大ヒットした、あの花の慶次だ!

 

義風堂々は、その花の慶次のスピンアウト作品であり、

あの傾奇者、前田慶次の莫逆の友である直江兼続(かねつぐ)が主人公

もちろん、慶次も堂々と登場するとなっては、

これは、90年代の花の慶次ファンは読まずにはいられないだろう。

 

その花の慶次のスピンアウト、義風堂々が12月19日まで、

auのスマホ専用サイト、毎日更新無料マンガで読めると言うじゃないか!

 

スマホからアクセス!義風堂々が12月19日まで限定で読める「毎日更新!無料マンガ」はこちら

 

これは、歴史好きな俺としては、読まないわけにはいかないので、

早速、スマホからアクセスして、お試しで最初の3話を堪能してみる事にした。

 

変わらず熱いぜ 前田慶次!!

 

一話目は、関ヶ原の合戦の二年後から始まる。

いくさ人達の最期の祭り、関ヶ原の合戦から二年後、

社会には、西軍に組みして取り潰された大名達の牢人が

仕官の口を求めて、名がありそうな武将に戦いを挑み

武名を挙げるという血生臭い気風が残っていた。

 

そこへ江戸の街を闊歩する巨大な黒馬、松風(まつかぜ)に乗った

前田慶次が登場する、すでに隠居して頭は丸坊主、年齢は60歳を超えているが

どう見ても30代という漢盛りにしか見えないぞ・・

これは、やはりマンガならではだね!

 

そこに、思いつめた表情のやつれた牢人が近づいてくる、

やばい雰囲気だ、明らかに慶次を倒して武名を挙げたい血走った眼つき

そこでやっぱり、「お命頂戴つかまつる」と来た、ね!ホラ来たよ!

 

しかし、そこは前田慶次、常在戦場のいくさ人、少しも動じない

巨大な朱槍をブンブン振り回すと風圧が巻き起こり、

牢人者は風圧で吹き飛ばされる。

 

何てパワー、槍を振り回すだけで敵が吹き飛ばされるとは、

さすが、前田慶次、力はまるで衰えていないな、、

25年振りに見る前田慶次の底知れぬパワーに

驚くやら呆れるやら・・

 

だけど、ここまでは、ただの怪力自慢のよくある格闘漫画、

義風堂々は、ここからが深い、深いんだぜェ!

 

スマホからアクセス!義風堂々が12月19日まで限定で読める「毎日更新!無料マンガ」はこちら

 

そんな目をした男が殺れるかよ・・慶次の厳しき優しさに痺れる

 

吹き飛ばされた牢人も、時代劇のチンピラのように

「覚えてやがれ」なんて陳腐なセリフを吐いて逃げてはいかない。

「あんたの勝ちだ、拙者の首を獲れ」と悲壮な目をして慶次を見ている。

覚悟があるのだ、命を狙った以上、殺されても文句はないんだ。

魂が熱いじゃないか、ただのチョイ役の癖に

 

だが、慶次は、憐れみや慈しみや内心の葛藤を視線に込めて

倒れこんでいる牢人に言うのだ

 

「そんな目をした男が殺れるかよ・・」と

 

ここで、ド――ーンと最初の感動が訪れる。

慶次は分かったのだ、この牢人が自分の首を獲りに来たのではなく、

いくさ人として武名を馳せた自分に殺されに来たのだと・・

関ヶ原で死に損ない、牢人として惨めな暮らしを続けてきた漢が

せめて最期は武士として死のうと、自分に戦いを挑んだのだと

 

でも、だからこそ慶次は牢人を殺さない

(惨めでも無様でも、いくさ人なら、本当の死地を得るまでは誇り高く生き抜け

俺に殺してもらって人生を終わらせようなんて甘えるんじゃねェ)

 

その慶次の厳しさと優しさが分かった時、二度目のド――ンがやってくる。

うわァ、、キタキタキタ、これだよ、これ!!最近のドラマのように、

ただ無意味に厳しいだけでも、生命至上主義でバッカみたいに甘いわけでもない。

男が一人、むせび泣くような厳しさと優しさのバランス、これが花の慶次だよォ

だが、第一話は、これで終わりでは無かったのだ。

 

スマホからアクセス!義風堂々が12月19日まで限定で読める「毎日更新!無料マンガ」はこちら

 

義風堂々 直江兼続が登場

 

次に、周囲の空気を払って、この漫画の主人公、直江兼続が登場する。

清潔な身なりをしているが、そこに真剣のような凄みを漂わせた兼続は、

死ぬ事も出来ず、落胆している牢人に語りかける。

 

「越後は裕福ではないから、武士も畑を耕さねばならぬ、

荒れ地だが、それでもよいか?」

 

最初は、わけが分からない牢人だが、やがてそれは兼続が

自分を家臣として仕官させてくれるという事だと理解する。

牢人は滂沱(ぼうだ)の涙を流して直江に感謝する、そして慶次に感謝する。

ここで、初めて、人混みから、牢人の家族である妻と息子が出てきた。

妻は脇差を握りしめている、夫が首を打たれたら後を追う気だ。

夫に全てを賭けている、落ちぶれても天晴れな夫婦じゃないか!

 

兼続は、牢人と家族と両者を見て、

これを召抱える事で救ってやろうと考えた。

慶次とは、違う部分で厳しくも優しい漢である。

 

もちろん、武士階級の人間が農民のように田畑を耕して生きるのは

簡単な事ではない。

だが、これだけ強い絆を持つ家族なら、貧しくとも武士の誇りを持ち

立派な越後武士として生きていくだろう。

そこまで見て取ったから、兼続は牢人を家族丸ごと抱えたのだ。

 

ここで、俺には、本日、三回目のド――ーンである。

 

なんとも清々しいじゃないか!

慶次にも牢人にも、兼続にも譲れない美学があり、義があり信念がある。

それが、義風堂々に深みを与えているのだ。

1回しか出てこない、牢人のような存在でさえ、この深みだよ。

義風堂々ファンが、漫画に人生賭けてハマりこむのも仕方が無いぜ。

 

スマホからアクセス!義風堂々が12月19日まで限定で読める「毎日更新!無料マンガ」はこちら

 

漢を描かせたら、キングダムより二歩は進んでいる!

 

こんな重厚な人間群像に対抗できるとすれば、それはキングダム位か・・

いや、俺の見立てでは、こんなに濃厚な漢汁は、キングダムでも描けていない。

最初にも描いたけど、こと、漢(おとこ)の描写では、キングダムは、

義風堂々に二歩遅れを生じていると断言して言い。

 

ああ、もどかしい、文字で漢(おとこ)を説明するのは至難なんだよなぁ!

多分、花の慶次ファンや義風堂々ファンは、同じジレンマを感じるだろう

カッコいいってどういう事?男らしいって?優しいって?

義風堂々を一話でも読めば、それが絶対分かるよ。

少なくとも、王騎の死に様にド――ーンと来たなら、

ぜーったい義風堂々でもドドド――ーンと来るからね。

 

でも、猶予がないよ、義風堂々が毎日更新無料マンガで読み放題なのは

12月19日までなんだ、、これを過ぎちゃうと、全体では30巻もある

義風堂々を自腹で買うしかなくなるよ!

 

通販でまとめ買いしても、30巻じゃ、1000円、2000円じゃ

絶対に収まんないし、そこで、義風堂々の面白さに気が付いたら

「ああ、無料マンガで読んどけばー」って、絶対後悔するよー!

 

少なくとも、スマホを持っているなら、お試しの3話分、いや俺みたく

1話分でも読んでみてよ、キングダム好きなら、絶対3話まで読むから(笑)

 

スマホからアクセス!義風堂々が12月19日まで限定で読める「毎日更新!無料マンガ」はこちら

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやって…
  2. 劉備孔明と出会う? 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れた…
  3. 郭嘉の本 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第5部
  4. 郭嘉 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…
  5. 徐庶をゲットする曹操 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から…
  6. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変え…
  7. 「魏」の旗を持った兵士 戦国策【魏策】人の心の裏表を把握せよの巻
  8. キングダム 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 読書する劉備
  2. キングダム53巻
  3. バリバリビジネスマンの坂本龍馬
  4. 海賊時代の孫堅
  5. パワハラをする張飛
  6. 篤姫
  7. 大和朝廷 古代宮殿と邪馬台国
  8. 劉禅と董允
  9. 大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?
  2. アドバイザー賈詡の張繍育成日記 賈詡
  3. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯
  4. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの? 袁紹と曹操
  5. 三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介! 五虎大将軍の趙雲
  6. 【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの?

三國志雑学

  1. 朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング
  2. 海上での戦いの孫権
  3. 陳寿(晋)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 秦の旗を掲げる兵士
  2. 五虎大将軍の馬超
  3. 田豊
  4. 司馬懿
  5. 女と金

おすすめ記事

三国志 居酒屋 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの? ハッポウ茶 cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ 上杉謙信 軍神上杉謙信をコテンパン!謎の軍師白井入道 王平は四龍将 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から「ヘイ!!OH様」と呼ばれていた 曹徳(そうとく) 曹徳とはどんな人?実は曹操に弟がいた!?曹徳の生い立ちを紐解く 夏侯覇 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】一味違った「三国志」をどうぞ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP