呂布特集
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

はじめての変

サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの?

劉備とサンタクロース




 

クリスマス、そしてお正月。中国の年末年始はどういう様子だろう。

中国留学中だった私 よかミカンが胸を躍らせながら迎えた、ある年の

北京の12月と1月1日の話。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?




中国にも、クリスマスはあります!

 

年末になると、ちゃあんとイルミネーションとかサンタクロースの絵とか、

飾るんですね。サンタクロースは中国語で「聖誕老人」、クリスマスじいさん。

「老人」という語感が笑えます。

宗教関係なく、クリスマスは楽しんでいる様子。お友達の某宗教徒の

中国人の女の子とクリスマスイブに会ったとき、思いっきり

「メリークリスマス!」と言ってくれました。




おおらかな飾り付け

 

素敵なクリスマスイルミネーション。街路樹に豆電球。

そしてビルの軒には赤い提灯。

提灯は、中国風のお祝い事の時に飾るイメージなんですが、

クリスマスと混在。和洋折衷ならぬ中洋折衷のようです。

サンタクロースの絵も、赤い四角の中に「福」と書かれた紙とか、

細長い赤い紙にめでたい言葉の書かれた「春聯(チュンリェン)」などの、

中国式のお祝いの飾りと一緒になって飾られています。

そしてクリスマスが終わってもサンタは取り外されず、

中国の新年のお祝いが終わる頃までずーっと「福」や

「春聯」と一緒に飾られ続けていました。

ちなみに、「福」は文字を上下転倒した形で貼るものです。

福が倒れると、福が到る、が同じ音で、めでたいからです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

クリスマスカードも書きます!

 

中国でも年賀状というものはありまして、12月には雑貨屋などで

赤や金の中国風のカードや、クリスマスをあしらった洋風のカードが

売られます。これはクリスマス前から中国の新年が終わるまでいつ送っても

いいものなのだそうですが、なんとなくクリスマス前には送らないと

ちょびっと出遅れた感があるそうです。お店でも、クリスマスを過ぎると

年賀カードの大幅値下げが始まっていました。

 

幻か!?正月ムード皆無の元旦

 

クリスマスは先述した某宗教の女の子と一緒に、人工雪を降らせる

イベントに出かけて楽しく過ごしまして、12月31日も無事に過ぎ、

さあ1月1日、新しい年の始まりです! 新年の街はどうだろな~と

胸を躍らせながら街に出ると、あれ、あれ、あれれ……。

いつも通りですぜ。普通に、みなさんお仕事なさってますね。

路線バスは乗客満載して走っているし、お店も全て開いています。

祝賀ムード皆無じゃないですか。こりゃなんですか。

 

1月1日は新しい年の始まりじゃない

 

1月1日は、いちおう休日になっていまして、1日だけお休みだそうです。

でもだいたい皆さんそこでは休まず、1月末~2月頃の

「春節(しゅんせつ)」の時に、他の休日を繰り越した分とつなげて

ドカンと10連休ぐらい取って実家に帰って「春節」を祝うのだそうです。

そうですよ、春節! 中国のお正月といえば、春節ですよ!

1月1日はお正月じゃない! ただのカレンダーの区切り目に過ぎないのでした。

 

年末年始が長~く続く

 

春節は旧暦のお正月。アジア圏では、カレンダー上の1月1日じゃなくて

旧暦の1月1日に新年を祝うほうがスタンダードのようです。

日本は明治維新の時に頑張りすぎたんでしょうかね……。

ということで、12月に飾られたサンタクロースは、1月末~2月頃まで

ずっと飾られっぱなしです。日本では考えられない感覚ですね。

例えば、夏休み明けに飾られ始めたハロウィンのかぼちゃが

ハロウィン過ぎても撤去されず、クリスマスツリーと並んで

クリスマス明けまでずっといるような感じでしょうか。

メリークリスマス&ハッピーニューイヤー。

年末年始のお祝いムードが長く続くのは楽しいですが、

正直、春節の頃にはサンタさんはホコリを被っていましたね。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

なあんだ、1月1日はお正月じゃないのか。ということで、

今回は中国の年末年始、年末編でした。

みなさま、よいお年をお迎え下さいませ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画

関連記事:【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?

?古代中国の暮らしぶりがよくわかる?

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…
  2. 曹操は関羽をGET どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…
  3. 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  4. 盤古 中国神話 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話…
  5. 許チョ(許褚) 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  6. 船冒険する諸葛直 船 孫権のお宝探し日本で不老不死の薬を探せ!
  7. 軍師孔明 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  8. 野球をする呂布、孔明、劉備 はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大喬と小喬
  2. 邪馬台国と卑弥呼軍
  3. ニギハヤヒ(日本神話)
  4. 張遼・楽進・李典
  5. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  6. キングダム54巻amazon
  7. 蜀の姜維
  8. 陳宮

おすすめ記事

  1. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命
  2. 勇気ある武将・徐盛!そのイケメンぶりを徹底解説 徐盛(じょせい)呉の将軍
  3. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!
  4. 板垣退助とはどんな人?征韓論を主張した自由民権運動家を年表で紹介 板垣退助
  5. 意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった 司馬遷(しばせん)
  6. 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの? 陸遜と孫権

三國志雑学

  1. 姜維
  2. 呉懿と魏延
  3. 三国志時代の牢獄
  4. 鍾会を説得する姜維
  5. 南蛮


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布を水攻めする曹操
  2. 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明
  3. 西郷従道 幕末
  4. 真田丸 武田信玄
  5. 岳飛(南宋の軍人)
  6. ミニチュアで遊ぶ董卓

おすすめ記事

蜀の厳顔 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!? 劉備の黒歴史 劉備は黄巾の乱の時に何をしていたの?どうやって軍資金を調達したの? 【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング キレる織田信長 織田信長は精神的な病気だった?天才的なひらめきを発揮した信長の苦悩 織田信長 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一 司馬徽 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなかった偉人 キングダム611話合併号SPネタバレvol3「秦vs六国の戦いは紀元前のグローバリズム戦争」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP