曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの?

この記事の所要時間: 229




 

クリスマス、そしてお正月。中国の年末年始はどういう様子だろう。

中国留学中だった私 よかミカンが胸を躍らせながら迎えた、ある年の

北京の12月と1月1日の話。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?




中国にも、クリスマスはあります!

 

年末になると、ちゃあんとイルミネーションとかサンタクロースの絵とか、

飾るんですね。サンタクロースは中国語で「聖誕老人」、クリスマスじいさん。

「老人」という語感が笑えます。

宗教関係なく、クリスマスは楽しんでいる様子。お友達の某宗教徒の

中国人の女の子とクリスマスイブに会ったとき、思いっきり

「メリークリスマス!」と言ってくれました。




おおらかな飾り付け

 

素敵なクリスマスイルミネーション。街路樹に豆電球。

そしてビルの軒には赤い提灯。

提灯は、中国風のお祝い事の時に飾るイメージなんですが、

クリスマスと混在。和洋折衷ならぬ中洋折衷のようです。

サンタクロースの絵も、赤い四角の中に「福」と書かれた紙とか、

細長い赤い紙にめでたい言葉の書かれた「春聯(チュンリェン)」などの、

中国式のお祝いの飾りと一緒になって飾られています。

そしてクリスマスが終わってもサンタは取り外されず、

中国の新年のお祝いが終わる頃までずーっと「福」や

「春聯」と一緒に飾られ続けていました。

ちなみに、「福」は文字を上下転倒した形で貼るものです。

福が倒れると、福が到る、が同じ音で、めでたいからです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

クリスマスカードも書きます!

 

中国でも年賀状というものはありまして、12月には雑貨屋などで

赤や金の中国風のカードや、クリスマスをあしらった洋風のカードが

売られます。これはクリスマス前から中国の新年が終わるまでいつ送っても

いいものなのだそうですが、なんとなくクリスマス前には送らないと

ちょびっと出遅れた感があるそうです。お店でも、クリスマスを過ぎると

年賀カードの大幅値下げが始まっていました。

 

幻か!?正月ムード皆無の元旦

 

クリスマスは先述した某宗教の女の子と一緒に、人工雪を降らせる

イベントに出かけて楽しく過ごしまして、12月31日も無事に過ぎ、

さあ1月1日、新しい年の始まりです! 新年の街はどうだろな~と

胸を躍らせながら街に出ると、あれ、あれ、あれれ……。

いつも通りですぜ。普通に、みなさんお仕事なさってますね。

路線バスは乗客満載して走っているし、お店も全て開いています。

祝賀ムード皆無じゃないですか。こりゃなんですか。

 

1月1日は新しい年の始まりじゃない

 

1月1日は、いちおう休日になっていまして、1日だけお休みだそうです。

でもだいたい皆さんそこでは休まず、1月末~2月頃の

「春節(しゅんせつ)」の時に、他の休日を繰り越した分とつなげて

ドカンと10連休ぐらい取って実家に帰って「春節」を祝うのだそうです。

そうですよ、春節! 中国のお正月といえば、春節ですよ!

1月1日はお正月じゃない! ただのカレンダーの区切り目に過ぎないのでした。

 

年末年始が長~く続く

 

春節は旧暦のお正月。アジア圏では、カレンダー上の1月1日じゃなくて

旧暦の1月1日に新年を祝うほうがスタンダードのようです。

日本は明治維新の時に頑張りすぎたんでしょうかね……。

ということで、12月に飾られたサンタクロースは、1月末~2月頃まで

ずっと飾られっぱなしです。日本では考えられない感覚ですね。

例えば、夏休み明けに飾られ始めたハロウィンのかぼちゃが

ハロウィン過ぎても撤去されず、クリスマスツリーと並んで

クリスマス明けまでずっといるような感じでしょうか。

メリークリスマス&ハッピーニューイヤー。

年末年始のお祝いムードが長く続くのは楽しいですが、

正直、春節の頃にはサンタさんはホコリを被っていましたね。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

なあんだ、1月1日はお正月じゃないのか。ということで、

今回は中国の年末年始、年末編でした。

みなさま、よいお年をお迎え下さいませ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画

関連記事:【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?

?古代中国の暮らしぶりがよくわかる?

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホン…
  2. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  3. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…
  4. 石川克世って、何者?
  5. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  6. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4…
  8. 周瑜公瑾の輝かしい功績

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  2. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】
  3. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  4. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  5. 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦
  6. 【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ) 袁紹の評価が残念な6つの理由 【お知らせ】はじめての●●を追加しました 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく! 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

おすすめ記事

  1. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州(よしゅう)編
  2. 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】
  4. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  5. 【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました!
  6. 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  7. 島津斉彬の遺言に学ぶ相続トラブルを回避する方法
  8. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP