キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

この記事の所要時間: 251




 

三国志の本場中国には三国志ファンを魅了する多くの三国志の観光スポットがあります。

今回は魏の名将として有名な張遼(ちょうりょう)のお墓の場所について、

ご紹介したいと思います。

果たして張遼のお墓は一体どこに存在しているのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

関連記事:趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

張遼のお墓は存在しているの!?

 

魏の名将として有名な張遼

魏の武将の中でも郡を抜いて人気だと思います。

そんな人気の張遼のお墓は果たして存在しているのでしょうか。

調べてみるとしっかりと存在していることが分かりましたが、

一体中国のどこに張遼のお墓があるのでしょうか。

張遼のお墓のアクセス方法

 

張遼のお墓はなんとあの合肥の戦いが行われたところに張遼のお墓が存在。

現在の中国の地名では安徽省(あんきしょう)合肥にある逍遥津(しょうようしん)公園の中に。

そして逍遥津公園の池の真ん中に張遼のお墓は存在しています。

この池の真ん中に行くには自分でボートを漕いでいかなくてはならないため、

ちょっと苦労することになります。

しかし行くのが面倒だなと思う人は望遠鏡からも張遼のお墓を望めるので、

ちょっと体力に自信がない方は望遠鏡から眺めてみてください。

 

合肥への行き方は!?

 

張遼のお墓がある安徽省合肥までどのように向かえばいいのでしょうか。

日本からだとすごく時間がかかるイメージがあると

思われる読者の方も多いかもしれませんが、そんなことありません。

実は6時間ほどで合肥に到着してしまうのです。

まずは成田空港から飛行機に乗って上海(しゃんはい)を目指しましょう。

成田から上海までは3時間ほどで到着しますので、

飛行機の中で映画を見たりお昼寝していれば直ぐについてしまうでしょう。

そして上海から特急電車に乗って合肥を目指します。

上海から合肥も3時間ほどで到着できます。

結構日本から合肥までそんなに遠くなく、案外近場に張遼のお墓まで行けるんです。

時間がある方はぜひ行ってみてください。

 

合肥の治安

 

三国時代の合肥近辺は魏と呉の間で戦が激しく行われていたこともあり、

治安状態は最悪でした。

また清の時代も安徽省は太平天国(たいへいてんごく)と呼ばれる賊軍と

清国政府軍がぶつかり合っていた場所で安徽省周辺は非常に治安が悪かったそうです。

しかし現在の安徽省・合肥は三国時代や清の時代とは比べ物にならず、

治安もしっかりとしており、合肥や周辺の三国志遺跡では観光客で賑わっているそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

逍遥津(しょうようしん)公園には張遼のお墓の他にも多くの見所があります。

例えば、張遼の銅像が観光客を出迎えてくれます。

他にも逍遥津(しょうようしん)公園のすぐそばにあるお寺には曹操

兵士に弩を訓練させたと言われる強弩台(きょうどだい)があったり、

三国時代に使われていた井戸があったりと歴史的に価値のあるものがいっぱいあります。

 

 

また合肥全体で見れば、孫呉キラー満寵(まんちょう)が建築した

合肥新城(がっぴしんじょう)があったり、

三国志の博物館があったりと三国志ファンには堪らないものがいっぱい存在しています。

しかしひとつだけ注意が必要です。

それは合肥や逍遥津(しょうようしん)公園がかなり広くて迷子になる可能性がある事です。

そのため合肥に行った際にはチャイナデータという中国専用の

ポケットWiFiルーターとグーグルマップを活用してしっかりと

自分がいる場所を把握していたほうがいいでしょう。

そうすれば迷子になることもなくホテルや次の目的地までスムーズに向かうことができるはずです。

皆様もこれらを活用して本場三国志の遺跡を回ってみてはいかがでしょうか。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!

関連記事:趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  2. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…
  3. 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男…
  4. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  5. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  6. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  7. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  8. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!
  2. 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ
  3. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?
  4. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  5. 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?
  6. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント? 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに? 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた!

おすすめ記事

  1. 井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった
  2. 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?
  3. 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?
  4. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  5. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  6. 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生
  7. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備
  8. あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP