曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての魏

遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

この記事の所要時間: 32




泣く子も張遼

 

皆さんは三国志最強の武将と言えば誰を思い浮かべるでしょうか?

 

関羽呂布を始めとして、三国志にはさまざまな名将・猛将が登場しますが、

中でも三国時代成立に大きく貢献した人物として忘れてはならないのが、

魏に仕えた武将、張遼(ちょうりょう)でしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!

関連記事: 張遼はどんな最後を迎えた?張遼の死因と年齢を解説

 

 

主君に恵まれなかった前半生。しかし曹操に見出され……。

曹操018

 

張遼は字名を文遠と言い、前漢の武帝に仕えた聶壱(じょういつ)の末裔にあたります。

張遼の武勇を見出し、最初に彼を登用したのは丁原でした。

 

董卓丁原を排除して実権を握るとその配下となりますが、

董卓呂布に殺されると、今度は呂布に下ります。

 

呂布と高順

 

呂布が長安を追われ出奔すると、張遼は兵を率いてそれに同行し、

呂布の徐州攻略の一翼を担いました。

 

呂布が曹操に敗北して処刑

 

劉備を敗走させるなどの功績を上げましたが、呂布が曹操に敗北して処刑されると、

張遼は麾下の将兵ともども、曹操の軍門に下りました。

 

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

 

 

曹操の北伐に従い、功績を上げる

曹操躍進

 

曹操にその武勇を見出された張遼は、袁氏との戦いにおいて活躍の場を与えられます。

官渡の戦いの前哨戦となった白馬の戦いでは、

張遼は関羽と共に先鋒として袁紹配下の顔良と戦い、これを討ち果たします。

その後、劉備の元に赴く関羽を見送るなど、張遼と関羽の間には親交があったといわれています。

 

官渡の戦いで曹操が袁紹を破った後、張遼は曹操の北伐に従軍、いくつもの功績をあげます。

その後、情勢不安のあった荊州へと赴任すると、

兵士の反乱計画を抑えるなどの活躍を見せ、曹操はその功績を大いに讃えて彼の領地を倍増させました。

 

関連記事:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

関連記事:顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?

関連記事:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

 

 

リアル三國無双!! 合肥の戦い

張遼 カカロットーーーー!

 

張遼の名を特に有名にしているのが、合肥の戦いです。

赤壁の戦い以降、張遼は李典楽進と共に呉と面する合肥に駐屯し、

その防衛を担っていましたが、ある時、孫権が十万の軍勢を率いて合肥へと侵攻してきました。

この時、合肥の兵力はわずかに7000。

 

張遼は同僚である李典や楽進とは不仲

 

その上、張遼は同僚である李典楽進とは不仲であり、状勢は圧倒的に不利でした。

しかし張遼はこの危機に際し冷静に立ち回り、

李典楽進らとは私情を捨てて協力しあうことを約束して防衛任務にあたりました。

 

曹操の命を受けた張遼は精鋭の兵士わずか800人を率いて敵陣に突入、

敵将二人を切り捨て、本陣の孫権へと肉薄します。

驚いた孫権は一旦逃走しますが、

張遼の率いる兵が自軍よりはるかに少ないことを知ると、圧倒的多数でこれを包囲します。

 

配下の兵と共に切り開いて突破する張遼

 

しかし張遼はこの重厚な包囲網を配下の兵と共に切り開いて突破、

しかも敵陣の中に兵士が残っていることを知ると取って返し、彼らの救出にも成功します。

張遼の鬼神のごとき戦いぶりに呉軍は士気を失い、

逆に勇気づけられた魏軍は少数の兵を持って合肥の城を守り抜きました。

 

撤退を図る呉軍を見た張遼は楽進と共にこれを追撃、

敵軍に多大な損害を与えて孫権に肉薄しますが、乱戦状況の中、

孫権を他の兵士と見分けることができずに取り逃がしてしまいます。

後に合肥での戦いのことを尋ねられた張遼は、

孫権を取り逃がしたことを悔しがったといわれています。

 

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた

関連記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」

 

合肥の戦いが三国鼎立を決定づける

三国志まとめ 董卓

 

合肥の戦いにおいて呉軍が敗北したことにより、魏と呉の戦線は膠着状態に陥ります。

呉軍は魏への侵攻の決め手に欠いており、

そのことが三国鼎立の状況を決定づける大きな要因になったことは間違いありません。

三国時代は張遼が合肥を死守したことによって完成したと言っても過言ではないでしょう。

 

張遼の武勇はその後広く知れ渡り、呉にあっては泣き止まない子供に

『遼来遼来!!(張遼が来るぞ!!)』というとピタリと泣き止んだ、という逸話が生まれた程です。

 

十万の敵軍にわずか7000の寡兵を持って戦う勇猛果敢さ、

不仲であった同僚と国難に合っては私情を捨てて協力し合える冷静沈着さを併せ持っていた張遼。

 

正に名将の名にふさわしい人物と言えるでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?

関連記事: 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

耳で聞いて覚える三国志




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではな…
  2. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめ…
  3. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたく…
  4. 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残し…
  5. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国…
  6. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  7. 杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名…
  8. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をて…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  2. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  3. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  4. 【三国志由来!】一歳の誕生日占い抓周とはどんなモノ
  5. 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ
  6. 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

島津斉興「せごどん」では教えない真実 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの? 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった! 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝 キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察

おすすめ記事

  1. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  2. 井伊直弼とは何者?英雄・冷酷な独裁者?
  3. 月刊はじめての三国志2018年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その3「疎開の旅」
  5. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?
  6. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  7. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  8. 【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP