朝まで三国志軍師
キングダム




はじめての三国志

menu

西郷どん

島津斉彬と沖縄(琉球)との対外貿易計画はどんな関係性だったの?

この記事の所要時間: 324




 

薩摩藩は関ヶ原の戦いに敗れました。

しかし、長州藩(毛利家)のように領地を削られることはありませんでした。

そして、薩摩藩は、江戸幕府の管理貿易といっていい

「鎖国」の中で独自に沖縄(琉球)との対外貿易関係を構築していきます。

薩摩藩と沖縄(琉球)の関係はどのようなものだったのでしょうか。

そして、幕末時代に薩摩藩の開明的な藩主となった島津斉彬(しまづなりあきら)は、

沖縄(琉球)に対しどのような対外政策をとっていったのでしょうか。

今回は薩摩藩と沖縄(琉球)の関係、

そして藩主・島津斉彬がどう関わっていったのかを考察していきます。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?

関連記事:島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君

島津斉彬と琉球王国について

 

今までの通説では薩摩藩は、関ヶ原の戦いに敗れるとの矛先を沖縄(琉球)に向けます。

武力侵攻を行い、沖縄(琉球)に支配下において、

収奪的貿易で大きな利益を上げていたという通説です。

北海道の松前藩とアイヌの交易と同じような形で評価されていました。

しかし、最近の研究ではどうも事情が違うのではないかという話も出ています。

薩摩藩と琉球の貿易は、薩摩藩のとっても効率が悪く、

商人に大きな借金をして資金を調達しながら行われたものだったのです。

島津斉彬が藩主となるまでは、薩摩藩として、

沖縄(琉球)との貿易はあまり拡大したくなかったのです。

薩摩藩にとって、苦労ばかり多く、儲けが少ないのですから。

沖縄(琉球)は薩摩藩に対し完全に支配されていたわけではなく、

いろいろな場面で、粘り強く交渉する厄介な相手だったのです。

しかし、薩摩藩主となった島津斉彬は、沖縄貿易を拡大する政策を採用したのでした。

島津斉彬の対外貿易計画について

 

島津斉彬は、薩摩藩の近代化を推し進めます。

「集成館事業」という巨大工場群を建設する事業を進めます。

これは、明治維新後に大日本帝国が進めた「富国強兵」、「殖産興業」を先取りしたものです。

そのとき、明治政府の中心として政策を進めたのは島津斉彬の直弟子ともいえる大久保利通でした。

島津斉彬は、沖縄(琉球)を利用した対外貿易の拡大を考えていたのです。

薩摩藩の近代化によって生み出された産品や、

既存の様々な輸出品などを沖縄(琉球)交易で輸出します。

そして、沖縄がそれらを欧米各国に輸出する計画でした。

島津斉彬はそのような指示を出し、沖縄(琉球)貿易に関わる人材も一新しています。

薩摩藩の近代化、産業育成のために、

薩摩藩にとってお荷物だった沖縄(琉球)貿易は島津斉彬により拡大へと舵をきったのです。

島津藩の対外貿易拡大のためでした。

 

琉球王国を介したフランスとの交易はどうなったの?

 

丁度、島津斉彬が薩摩藩主の時代、

フランスが沖縄(琉球)との貿易拡大の可能性を模索していました。

対外事情に対する情報収を怠らない、島津斉彬はその動きを掴みます。

そして、薩摩藩はフランス製の大砲、軍艦などを、沖縄(琉球)交易を介し発注しています。

また、新兵器があっても、それを使える人材がいなければどうにもなりません。

幕末期の大砲は現代でいえばハイテクミサイル、西洋型軍船はイージス艦のようなものです。

なんの経験のない人材が使えるものではありません。

事実、薩摩藩ではその人材の育成に苦慮します。

その中で、フランスへ留学生を送り込むという計画もありました。

薩摩藩主・島津斉彬は琉球王国との交易を利用し、薩摩藩の近代化を成し遂げようともしていたのです。

しかし、琉球王国を介したフランスとの交易は島津斉彬の死とともに頓挫してしまいました。

 

関連記事:島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!

 

島津斉彬死の琉球王国への影響

 

薩摩藩の改革、近代化を推進していた島津斉彬は急死しました。

それはあまりに唐突な死であるように見え、後に暗殺説もでたほどです。

薩摩藩の近代化の方法として採用されていた、沖縄(琉球)との交易を利用し、

まずフランスとの交流を拡大しようとした計画は、島津斉彬の死で大きな方向転換を強いられました。

フランスには発注された軍艦はキャンセルとなります。

そして、沖縄(琉球)国内の政治も混乱期に突入したのです。

以前から琉球王国内では、反薩摩派と親薩摩派の対立がありました。

そして、薩摩藩主としての島津斉彬の登場は、親薩摩派に勢いをつけていました。

しかし、島津斉彬の死は、琉球王国内の反薩摩派の逆襲を招くのです。

積極的に琉球王国内で、薩摩藩の対外政策に協力していた役人たちは次々処罰されました。

このような琉球王国内の動きをみても、薩摩藩が一方的に琉球を支配し、

収奪していたという「通説」は見直す必要があるのではないでしょうか。

 

関連記事:島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?

関連記事:お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説

 

幕末ライター夜食の独り言

 

そもそも、薩摩藩と沖縄県(琉球)の関係については歴史的な経緯など、

具体的なイメージを持っている人は少ないのではないかと思います。

あっても、薩摩に収奪された「弱者」としての琉球王国の存在が強調されます。

しかし、史実では確かに「収奪」の側面はあったにせよ、

琉球王国は、唯々諾々と薩摩藩に従っていたというわけではありません。

その後、明治政府が琉球王国との交渉にてこずったことを見ても、

完全な「弱者」で「犠牲者」であったわけでは無いのです。

もし、島津斉彬の対外政策が継承され、沖縄が中継貿易の起点として発展していた場合、

沖縄の置かれた立場は「軍事面」の重要性が強調されすぎる

今とは変わったものになっていたかもしれません。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?

関連記事:西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 大久保利通は何で暗殺されたの?紀尾井坂の変(大久保利通暗殺事件)…
  2. 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情
  3. ペリー来日youは何しにニッポンへ?
  4. 大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る
  5. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  6. 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)…
  7. 島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?
  8. 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  2. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  3. 3連休に三国志の美少女たちを放置プレイしない?三国志系ゲーム『放置少女』
  4. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』
  5. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは? 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第12部
  2. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  3. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは
  4. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  5. 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化
  6. 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!?
  7. 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  8. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“西遊記"
PAGE TOP