魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

西郷どん

徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法

徳川慶喜(幕末)




 

徳川幕府の14代将軍までの墓について、

初代将軍徳川家康(とくがわいえやす)は静岡県の久能山を経て日光東照宮に埋葬されました。

2代目秀忠から14代目の家茂までの将軍については徳川家が保護していた縁があって、

東京都にある増上寺や寛永寺に埋葬されています。

しかし、15代最後の将軍である徳川慶喜(とくがわよしのぶ)についてはこれまでの将軍とは異なり、

増上寺や寛永寺に埋葬されていません。

寛永寺の近くにある谷中霊園に埋葬されています。

今回は徳川慶喜が埋葬されている谷中霊園について取り上げます。

この記事の最初に、谷中霊園の行き方・アクセス方法・営業時間を紹介します。

谷中霊園の紹介をしてから、なぜ寛永寺に慶喜の墓がないのかその理由について取り上げます。

その次に、徳川慶喜の葬儀から明治新政府の慶喜に対する評価ついて取り上げます。

この記事の最後に大政奉還後の徳川慶喜の生活について取り上げます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)

関連記事:島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君

徳川慶喜の墓の所在地・営業時間・行き方

 

徳川慶喜の墓は谷中霊園にあります。

谷中霊園は都が運営する墓地で、東京都台東区谷中にあります。

谷中霊園は寛永寺や天王寺の近くにあって墓地が集まった地域にあります。

徳川慶喜だけでなく、鳩山一郎や渋沢栄一など著名人の墓もあります。

幸田露伴の小説の舞台になった五重塔でも有名です。

谷中霊園のホームページによると、営業時間は8:30~17:15で、

12月29日から1月3日までの年末年始が管理事務所の休日です。

アクセス方法はJR・京成本線の日暮里駅から徒歩6分です。

徳川慶喜の墓はなぜ寛永寺にないのか?

 

寛永寺に墓がない理由として徳川慶喜が大政奉還をしたことで

14代までと別家になることで徳川宗家の存続を図ったと考えられます。

その理由について考察する前に15代将軍になるまでの経緯について振り返ってみましょう。

第13代将軍徳川家定が病弱で世継ぎがなかったことから、

14代将軍の座をめぐる争いが起こります。

14代将軍の後継者として、紀州藩の徳川慶福(のちの家茂)と水戸藩の一橋(徳川)慶喜が争います。

結果、大老井伊直弼が徳川宗家の血筋を重視して14代将軍を徳川慶福にします。

その後、名前を家茂と変えて、第14代将軍になりました。

14代将軍家茂は13歳で将軍になりますが、21歳のとき長州征伐の途中、大坂城で病死します。

家茂が江戸城を出発するときに徳川宗家の後継者として

4歳の亀之助(のちの徳川家達)を指名していましたが、

4歳の将軍が幕末の難局を乗り切るのは厳しい状況だったことから

15代将軍として徳川慶喜が継ぎました。

次に、徳川慶喜が大政奉還をして江戸幕府を終わらせてから

徳川宗家を存続させるまでの過程について考えてみましょう。

慶喜は大政奉還後、戊辰戦争に参加せず新政府に恭順する姿勢を示すために謹慎生活を送ります。

謹慎生活で恭順の意思を示したことが認められ、徳川宗家は続くことになりました。

徳川家達が宗家を継ぎます。その後、家達は静岡藩主となり、廃藩置県後は貴族院議長を勤めました。

慶喜が大政奉還後に14代までの徳川宗家と別家になったことから、

寛永寺に埋葬されていないと考えられます。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末

徳川慶喜の葬儀は?

 

徳川慶喜は大正2年(1913年)に急性肺炎で死亡しました。

葬儀は神道式で行われました。

葬儀には天皇・皇后・明治政府の関係者・海外の大使や公使など

7000人程度が参列したと言われています。

当時の東京都民は哀悼の意を表すために音曲などを中止したという記録も残っています。

 

徳川慶喜の評価

 

「徳川慶喜の葬儀は?」で取り上げたように明治政府の関係者など

多くの人が参列していることから評価が高かったと思われます。

戊辰戦争は明治新政府対旧幕府軍という対決という図式から、

明治新政府にとって徳川慶喜は敵だという印象を受ける人がいるかもしれません。

徳川慶喜は戊辰戦争の最初の戦いである鳥羽伏見の戦いの直前に江戸城に逃げていて、

新政府軍に恭順の意思を示したことから、天皇中心の新政府へ移行できたと言われています。

慶喜は明治新政府の基礎を築いた人物としても高く評価されています。

 

大政奉還後の徳川慶喜

 

最後に、大政奉還後の徳川慶喜について紹介します。

慶喜は戊辰戦争で戦わず、寛永寺で恭順の意思を示しました。

戊辰戦争後に寛永寺から静岡に移って謹慎生活を送ってから謹慎生活が解かれました。

静岡での隠居生活について多趣味だったという記録が残っています。

当時珍しかったカメラで鉄道や花の写真を撮っていたようで、写真展に作品を出していたようです。

大政奉還前の徳川慶喜だけでなく、

大政奉還後の慶喜の趣味にも注目すると面白いかもしれません。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?

関連記事:西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離
  2. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  3. 篤姫 篤姫が日本で初めてミシンを使った?ミシンが日本に導入された経緯
  4. 横井小楠 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは?
  5. 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?
  6. 平野国臣 平野国臣、最初に「日本人」を名乗った先駆者の孤高の生涯とは?
  7. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく…
  8. 女と金 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志の計略と孔明
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. 土いじりをする劉備
  4. 藏覇(臧覇)
  5. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  6. 張遼・楽進・李典
  7. 城の前を掃除する孔明

おすすめ記事

  1. 于禁は虞翻からも厳しいイジメを受けていた?その理由とは? 于禁を虐める曹丕
  2. 竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ!
  3. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました 曹操 耳で聞いて覚える三国志
  4. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話 呂雉(りょち)
  5. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ!
  6. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 茶を飲む張角(太平道)

三國志雑学

  1. 蒼天航路
  2. 劉備と酒を交わす曹操
  3. 三国志 武器
  4. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽の一騎当千
  2. 夏侯覇の妻は誰?
  3. キングダム 始皇帝
  4. 関羽と趙雲を捨てて荊州に逃げる劉備
  5. 孟嘗君

おすすめ記事

梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 上杉謙信の逸話とは?敵の眼前で酒を煽ったのは本当? 張飛と劉備 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像 劉備と郭嘉 もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!? 馮氏(ふうし)とはどんな人?三国志演義では出番が少ないが正史三国志では重要人物 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行 茶を楽しむ劉備 劉備も茶を求めた?中国茶の種類 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP