キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い

この記事の所要時間: 340

 

 

 

古代中国の都市は、「進撃の巨人」の街みたいな城郭都市でした。

街が敵に取り囲まれた時、敵が何者であろうとさっさと降伏してしまう城主と、

徹底抗戦する城主と、どちらが偉いのでしょうか。

日本式に「忠義」とか「滅びの美学」とかいうことを考えますと、徹底抗戦のほうが

賞賛を浴びそうですが、中国式に考えると答えは逆になるかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

 

 

敵に降伏することのメリット

 

中国の「城」は日本のお城のような武士の詰め所兼要塞ではなく、街全体を城壁で

取り囲んだものです。城内にお店や住居があり、ふつうに市民生活が営まれています。

外敵が襲ってくると城門を閉ざして抵抗するわけですが、その際、街の住民はまるごと

缶詰です。早々に敵に降伏してしまえば市民生活は保たれたまま城主が入れ替わる

だけですが、徹底抗戦となると住民は無事では済みません。

 

唐(とう)代の安史(あんし)の乱の際、徹底抗戦を選んだ睢陽(すいよう)城は、

六万ともいわれる人口が400人にまで減ってしまっています。

早々に降伏することのメリットは、人命やインフラが損なわれずに済むことです。

 

 

敵に降伏することのデメリット

 

城をあげて敵に降伏した場合、悪くすると住民が殺されたり奴隷にされたりすることも

ありますが、そうなることは稀です。攻め手の軍人の人数よりも街の住人の数のほうが

多いですし、降伏してきたものはまるまる頂いておいたほうが、マンパワーや資材を

自勢力に取り込めておトクですから、攻め手は降伏してきた城の住民には手をつけないのが普通です。

怖いのは攻め手の軍の統制がとれていない場合で、

勝手に略奪を始める兵士が続出することが考えられます。

 

他のデメリットとしては、城主や幹部が捕まったり処刑されたりするかもしれないという

ことと、自分たちの勢力にとって城を失うことが戦略的に傷手となるであろうということです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

メリットとデメリット、どちらをとるか

 

降伏のデメリットとして挙げた略奪のおそれについては、徹底抗戦して住民が全滅

するよりはましですから、これについては降伏したほうがいいということになります。

残りのデメリット、城主や幹部の身柄と自分たちの勢力に与える戦略的な

影響については、街の人命とインフラが守られるというメリットと

はかりにかけてどちらを取るのか悩ましいところです。

 

城主や幹部の身柄については、よほど無能でない限りは敵と上手に交渉して

のらりくらりと生き延びるだけの知恵を有しているはずです。

通常、降伏前に街の人命を守るためにうんぬんかんぬんとご大層に敵方に能書きを

述べておけば、敵は「ああハイハイ、身柄が保証されるなら降伏しますってことね」

理解して、余計な手間がはぶけて双方のメンツも立つならそれが一番いいでしょう

ってことで城側の要望を受け入れます。

 

降伏のデメリットのうち、最も悩ましいのが自分たちの勢力に与える戦略的な影響です。

先述した睢陽(すいよう)城は、戦略的な影響を考慮して徹底抗戦を選びました。

 

戦略的な影響はゆるがせにできない?

 

敵に降伏するデメリットのうち、最大の問題である、自分たちの勢力に与える戦略的な影響。

日本人の感覚からすると、おそらくこれは決してゆるがせにできない問題であろうと

思います。全体の勝利につながるなら、そのために自分たちが犠牲になることも

いとわない、という発想。至極まっとうな感じがします。ひとたまりもなく降伏してしまう

城主がいると、なんだだらしない、裏切り者、と責めたくなりますよね。

 

一方、血みどろの籠城戦をした挙げ句に処刑される城主がいても、最後までよく

頑張りました、と言ってあげたい気持ちになるのではないでしょうか。

このあたりは、日本人と中国人とで感覚が違うはずです。

 

全体の勝利なんてあてにならないという考え方

 

日本人はどちらかというと集団や組織を信じているのではないでしょうか。

世のため人のためになることはとても大切だと考えていて、そういう方向の努力は

誰でも認めてくれますよね。

 

一方、中国人は集団や組織というものに絶対的な価値を置いてはいません。

集団や組織はいつどう変わるか分らないですし、自分の努力をみとめてそれに

見合うリターンが常にあるとも限りません。

 

集団なり組織なりには頼らずに、自分を磨くことや身内を大切にすることで

足下の生活をしっかりと固め、世界がどんなに変わろうとも頭上にはためく旗の色が

変わるだけで自分たちの生活は何も損なわれないようにするのが賢明な生き方です。

 

こういう発想からすると、自分たちの勢力全体に与える戦略的な影響を考慮して

目の前の市民生活を犠牲にするのはちょっと異常な判断ということになります。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

中国ではたびたび易姓革命(えきせいかくめい)が起こっており、体制なんか変わる

ものだという感覚なんですね。こういう感覚だと、体制を維持するための徳目である

大義よりも市民生活のほうが大切です。

大義についてはのらりくらりと上手く処理しながら市民生活を守ってくれるのが

いいトップなのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基

関連記事:張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  2. 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう
  3. 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える
  4. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  5. 知ってた?三国志由来のことばBest5
  6. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  7. 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  8. 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  2. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第41話「この玄関の片隅で」
  3. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  4. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】
  5. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  6. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点 うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる 郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を振るった八健将 【孔門十哲】閔子騫(びんしけん)とはどんな人?いじめてくる継母も徳で感化させる 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる? キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム? 陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?

おすすめ記事

  1. 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第6部
  3. 第3話:袁術くん、自分の幸せを見つけるため「他人とすぐ比較する癖」を直す
  4. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  5. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将
  6. 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍
  7. 竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ!
  8. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP