法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い

城の前を掃除する孔明

 

 

 

古代中国の都市は、「進撃の巨人」の街みたいな城郭都市でした。

街が敵に取り囲まれた時、敵が何者であろうとさっさと降伏してしまう城主と、

徹底抗戦する城主と、どちらが偉いのでしょうか。

日本式に「忠義」とか「滅びの美学」とかいうことを考えますと、徹底抗戦のほうが

賞賛を浴びそうですが、中国式に考えると答えは逆になるかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

 

 

敵に降伏することのメリット

 

中国の「城」は日本のお城のような武士の詰め所兼要塞ではなく、街全体を城壁で

取り囲んだものです。城内にお店や住居があり、ふつうに市民生活が営まれています。

外敵が襲ってくると城門を閉ざして抵抗するわけですが、その際、街の住民はまるごと

缶詰です。早々に敵に降伏してしまえば市民生活は保たれたまま城主が入れ替わる

だけですが、徹底抗戦となると住民は無事では済みません。

 

唐(とう)代の安史(あんし)の乱の際、徹底抗戦を選んだ睢陽(すいよう)城は、

六万ともいわれる人口が400人にまで減ってしまっています。

早々に降伏することのメリットは、人命やインフラが損なわれずに済むことです。

 

 

敵に降伏することのデメリット

 

城をあげて敵に降伏した場合、悪くすると住民が殺されたり奴隷にされたりすることも

ありますが、そうなることは稀です。攻め手の軍人の人数よりも街の住人の数のほうが

多いですし、降伏してきたものはまるまる頂いておいたほうが、マンパワーや資材を

自勢力に取り込めておトクですから、攻め手は降伏してきた城の住民には手をつけないのが普通です。

怖いのは攻め手の軍の統制がとれていない場合で、

勝手に略奪を始める兵士が続出することが考えられます。

 

他のデメリットとしては、城主や幹部が捕まったり処刑されたりするかもしれないという

ことと、自分たちの勢力にとって城を失うことが戦略的に傷手となるであろうということです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

メリットとデメリット、どちらをとるか

 

降伏のデメリットとして挙げた略奪のおそれについては、徹底抗戦して住民が全滅

するよりはましですから、これについては降伏したほうがいいということになります。

残りのデメリット、城主や幹部の身柄と自分たちの勢力に与える戦略的な

影響については、街の人命とインフラが守られるというメリットと

はかりにかけてどちらを取るのか悩ましいところです。

 

城主や幹部の身柄については、よほど無能でない限りは敵と上手に交渉して

のらりくらりと生き延びるだけの知恵を有しているはずです。

通常、降伏前に街の人命を守るためにうんぬんかんぬんとご大層に敵方に能書きを

述べておけば、敵は「ああハイハイ、身柄が保証されるなら降伏しますってことね」

理解して、余計な手間がはぶけて双方のメンツも立つならそれが一番いいでしょう

ってことで城側の要望を受け入れます。

 

降伏のデメリットのうち、最も悩ましいのが自分たちの勢力に与える戦略的な影響です。

先述した睢陽(すいよう)城は、戦略的な影響を考慮して徹底抗戦を選びました。

 

戦略的な影響はゆるがせにできない?

 

敵に降伏するデメリットのうち、最大の問題である、自分たちの勢力に与える戦略的な影響。

日本人の感覚からすると、おそらくこれは決してゆるがせにできない問題であろうと

思います。全体の勝利につながるなら、そのために自分たちが犠牲になることも

いとわない、という発想。至極まっとうな感じがします。ひとたまりもなく降伏してしまう

城主がいると、なんだだらしない、裏切り者、と責めたくなりますよね。

 

一方、血みどろの籠城戦をした挙げ句に処刑される城主がいても、最後までよく

頑張りました、と言ってあげたい気持ちになるのではないでしょうか。

このあたりは、日本人と中国人とで感覚が違うはずです。

 

全体の勝利なんてあてにならないという考え方

 

日本人はどちらかというと集団や組織を信じているのではないでしょうか。

世のため人のためになることはとても大切だと考えていて、そういう方向の努力は

誰でも認めてくれますよね。

 

一方、中国人は集団や組織というものに絶対的な価値を置いてはいません。

集団や組織はいつどう変わるか分らないですし、自分の努力をみとめてそれに

見合うリターンが常にあるとも限りません。

 

集団なり組織なりには頼らずに、自分を磨くことや身内を大切にすることで

足下の生活をしっかりと固め、世界がどんなに変わろうとも頭上にはためく旗の色が

変わるだけで自分たちの生活は何も損なわれないようにするのが賢明な生き方です。

 

こういう発想からすると、自分たちの勢力全体に与える戦略的な影響を考慮して

目の前の市民生活を犠牲にするのはちょっと異常な判断ということになります。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

中国ではたびたび易姓革命(えきせいかくめい)が起こっており、体制なんか変わる

ものだという感覚なんですね。こういう感覚だと、体制を維持するための徳目である

大義よりも市民生活のほうが大切です。

大義についてはのらりくらりと上手く処理しながら市民生活を守ってくれるのが

いいトップなのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基

関連記事:張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 曹操&袁紹花嫁泥棒 袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介
  2. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…
  3. 苛ついている曹操 楊修の死因とは?曹操に恨まれた優秀な男の最期を分かりやすく解説
  4. 夏侯覇 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…
  5. 司馬懿と曹爽 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  6. 魯粛、孫権、孔明 狂児・魯粛は三国史隋一の外交官だった理由
  7. 曹丕を生む卞夫人と曹操 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活
  8. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム52巻
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 五虎大将軍の趙雲
  4. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん
  5. 藺相如(りんしょうじょ)
  6. 魯粛
  7. 法正

おすすめ記事

  1. 54話:劉備、再び曹操に敗れる 劉備軍 曹操軍
  2. 曹仁の最後と各国の名将達の最期がほとんど同時期な理由とは? 曹仁
  3. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ! 成廉、魏越、呂布
  4. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?
  5. 【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの? 蜀の劉備
  6. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!? 曹叡

三國志雑学

  1. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  2. 曹丕 曹植
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. ネズミで人生を変えた李斯
  3. 曹操は褒め上手
  4. 張飛と本多忠勝

おすすめ記事

武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情 奮闘する黄蓋 黄蓋は苦肉の策だけではない!レッドクリフでも大活躍した黄蓋の逸話 服部半蔵 服部半蔵の墓はどこにある?東京都の西念寺へのアクセス方法 太史慈が劉繇に対して忠義ゼロだった!? 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第3回 曹操交代!まさかのあの人が主力メンバー入り!! ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る 曹嵩 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP