【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

古代中国の都市は、「進撃の巨人」の街みたいな城郭都市でした。

街が敵に取り囲まれた時、敵が何者であろうとさっさと降伏してしまう城主と、

徹底抗戦する城主と、どちらが偉いのでしょうか。

日本式に「忠義」とか「滅びの美学」とかいうことを考えますと、徹底抗戦のほうが

賞賛を浴びそうですが、中国式に考えると答えは逆になるかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?


敵に降伏することのメリット

 

中国の「城」は日本のお城のような武士の詰め所兼要塞ではなく、街全体を城壁で

取り囲んだものです。城内にお店や住居があり、ふつうに市民生活が営まれています。

外敵が襲ってくると城門を閉ざして抵抗するわけですが、その際、街の住民はまるごと

缶詰です。早々に敵に降伏してしまえば市民生活は保たれたまま城主が入れ替わる

だけですが、徹底抗戦となると住民は無事では済みません。

 

唐(とう)代の安史(あんし)の乱の際、徹底抗戦を選んだ睢陽(すいよう)城は、

六万ともいわれる人口が400人にまで減ってしまっています。

早々に降伏することのメリットは、人命やインフラが損なわれずに済むことです。


敵に降伏することのデメリット

 

城をあげて敵に降伏した場合、悪くすると住民が殺されたり奴隷にされたりすることも

ありますが、そうなることは稀です。攻め手の軍人の人数よりも街の住人の数のほうが

多いですし、降伏してきたものはまるまる頂いておいたほうが、マンパワーや資材を

自勢力に取り込めておトクですから、攻め手は降伏してきた城の住民には手をつけないのが普通です。

怖いのは攻め手の軍の統制がとれていない場合で、

勝手に略奪を始める兵士が続出することが考えられます。

 

他のデメリットとしては、城主や幹部が捕まったり処刑されたりするかもしれないという

ことと、自分たちの勢力にとって城を失うことが戦略的に傷手となるであろうということです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

メリットとデメリット、どちらをとるか

 

降伏のデメリットとして挙げた略奪のおそれについては、徹底抗戦して住民が全滅

するよりはましですから、これについては降伏したほうがいいということになります。

残りのデメリット、城主や幹部の身柄と自分たちの勢力に与える戦略的な

影響については、街の人命とインフラが守られるというメリットと

はかりにかけてどちらを取るのか悩ましいところです。

 

城主や幹部の身柄については、よほど無能でない限りは敵と上手に交渉して

のらりくらりと生き延びるだけの知恵を有しているはずです。

通常、降伏前に街の人命を守るためにうんぬんかんぬんとご大層に敵方に能書きを

述べておけば、敵は「ああハイハイ、身柄が保証されるなら降伏しますってことね」

理解して、余計な手間がはぶけて双方のメンツも立つならそれが一番いいでしょう

ってことで城側の要望を受け入れます。

 

降伏のデメリットのうち、最も悩ましいのが自分たちの勢力に与える戦略的な影響です。

先述した睢陽(すいよう)城は、戦略的な影響を考慮して徹底抗戦を選びました。


戦略的な影響はゆるがせにできない?

 

敵に降伏するデメリットのうち、最大の問題である、自分たちの勢力に与える戦略的な影響。

日本人の感覚からすると、おそらくこれは決してゆるがせにできない問題であろうと

思います。全体の勝利につながるなら、そのために自分たちが犠牲になることも

いとわない、という発想。至極まっとうな感じがします。ひとたまりもなく降伏してしまう

城主がいると、なんだだらしない、裏切り者、と責めたくなりますよね。

 

一方、血みどろの籠城戦をした挙げ句に処刑される城主がいても、最後までよく

頑張りました、と言ってあげたい気持ちになるのではないでしょうか。

このあたりは、日本人と中国人とで感覚が違うはずです。


  

全体の勝利なんてあてにならないという考え方

 

日本人はどちらかというと集団や組織を信じているのではないでしょうか。

世のため人のためになることはとても大切だと考えていて、そういう方向の努力は

誰でも認めてくれますよね。

 

一方、中国人は集団や組織というものに絶対的な価値を置いてはいません。

集団や組織はいつどう変わるか分らないですし、自分の努力をみとめてそれに

見合うリターンが常にあるとも限りません。

 

集団なり組織なりには頼らずに、自分を磨くことや身内を大切にすることで

足下の生活をしっかりと固め、世界がどんなに変わろうとも頭上にはためく旗の色が

変わるだけで自分たちの生活は何も損なわれないようにするのが賢明な生き方です。

 

こういう発想からすると、自分たちの勢力全体に与える戦略的な影響を考慮して

目の前の市民生活を犠牲にするのはちょっと異常な判断ということになります。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

中国ではたびたび易姓革命(えきせいかくめい)が起こっており、体制なんか変わる

ものだという感覚なんですね。こういう感覚だと、体制を維持するための徳目である

大義よりも市民生活のほうが大切です。

大義についてはのらりくらりと上手く処理しながら市民生活を守ってくれるのが

いいトップなのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基

関連記事:張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

関連記事

  1. ロボ関羽
  2. 于吉、孫策
  3. 魯粛
  4. 周瑜の魅力
  5. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  6. 麋竺と劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP