呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?

皇帝になった徳川慶喜

 

 

 

大政奉還(たいせいほうかん)は15代将軍徳川慶喜(とくがわよしのぶ)の起死回生の一手でした。

これが成功すれば、政権は朝廷に返還され薩摩と長州は討幕の根拠を失い

政権を返された朝廷は、建武の新政以来、500年政治から離れていますから、

結局、徳川慶喜に政権を返して再び、委任する事が確実でした。

ここで、慶喜は日本国大君として大統領になり天皇を象徴として祀り上げ

権威だけの存在にしておき、徳川帝国を建設する予定だったのです。

歴史にifはありませんが、もし慶喜が帝国を興したら日本はどうなるか?

検証してみます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

関連記事:徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?

 

 

疑問 徳川慶喜に近代化が達成できたの?

 

このように言うと、こんな疑問を持つ人がいると思います。

徳川帝国と言っても形だけで江戸時代が延長されるだけじゃないの?

なるほど江戸時代は260年以上も続きました、そう考えても無理はありません。

 

しかし、近代化は何も明治政府の専売特許ではありません。

投資理論家・歴史研究家のウィリアム・バーンスタインは豊かさの誕生という

著書の中で、その国が近代化するには4つの要素が関係していていると書いています。

 

つまり、当時の日本に4つの条件が満たされていれば誰が統治しようと

近代化は必然として起こるという事なのです。

では、その4要素とは何なのか?これから解説します。

 

 

近代化要素1 近代的な資本市場の確立

 

現代のような豊かな日本が産み出されるには整備された

近代的な資本市場が確立している必要があります。

具体的には、新製品の開発や製造に対して

幅広く誰もが投資できるような近代的な資本市場の整備です。

 

江戸時代の日本では、米が経済を動かしていましたが、

大坂には全国の米が集まる大市場が存在していました。

堂島米会所(どうしまこめかいしょ)というのがそれで、日本の米価はここで決定されています。

 

資本市場が発展するには、お金を持っている人(資本家(しほんか))と

お金を必要とする人(起業家(きぎょうか))が効率的に出会う必要がありますが、

大坂は米に限らず、日本中の物資が集中する場所でした。

それは、とりも直さず日本中の資本が集まる事を意味しています。

 

また、当時の日本では為替(かわせ)が発達していて、旅人は大金を持たずとも

為替手形を使い、各地の両替商でお金を用立ててもらう事が出来ました。

今風に言えば銀行ですが、坂本龍馬(さかもとりょうま)西郷隆盛(さいごうたかもり)は為替手形を懐に移動し、

必要な分だけ両替商でお金を用立てていたのです。

 

おまけに徳川幕府は、貢納金以外では、金銀銅貨の交換率を

市場経済に委ねてコントロールしませんでした。

つまり市場は基本、幕府の介入を受けず自由な経済活動が出来ました。

これにより、鴻池(こうのいけ)三井(みつい)住友(すみとも)のような豪商が誕生していきます。

彼らは大名貸し、明治維新後には明治政府に金を貸せる程に

豊富な資金力を保有するようになりました。

 

明治政府は中央銀行である日本銀行を明治5年に創設しますが、

幕府の勘定奉行の小栗忠順(おぐりただまさ)は、すでに中央銀行構想を持っており、

大政奉還が成功して徳川帝国が出来ていれば、日本が現代のような

豊かな社会に移行していた可能性は十分にあります。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

近代化要素2 科学的合理主義の確立

 

科学的合理主義の確立とは純粋な学問的な探求心、実験科学やら数学やら、

天文学の研究結果を制限される事なく発表する事が出来る社会の寛容性です。

例えば欧州で長い間科学や医学が停滞していたのは、キリスト教が

社会の頂点に君臨(くんりん)し、教義に反するような思想は一切認めないせいでした。

 

有名なのはガリレオの地動説(ちどうせつ)の異端審問で、天動説(てんどうせつ)を採用していた教会は

地球が太陽の周りを周回しているというガリレオの地動説を認めず、

その考えを放棄しないと拷問にかけると脅して撤回させました。

 

江戸日本では、キリスト教が禁教であり、朱子学(しゅしがく)が盛んだったので

幕府による支配を否定するような学説やキリスト教は生命に関わるタブーでした。

しかし、それ以外は、特にタブーのある土地ではなく、18世紀前半の

8代将軍の徳川吉宗(とくがわよしのぶ)の時代には、将軍自らキリスト教や政治体制に関する

書籍以外は輸入を解禁しているほどです。

 

キリスト教や政治体制の本は幕府支配を揺るがすから駄目ですが、

それ以外、社会を便利にするような技術は積極的に取り入れていたのです。

医学でも杉田玄白(すぎたげんぱく)のような蘭学医の要請を入れて、儒教的な観点から

タブーだった腑分(ふわ)け(人体解剖(じんたいかいぼう))などを許していました。

 

幕末に入ると蘭学の流入は、国防上の危機意識の高まりもあり、さらに加速し

反射炉(はんしゃろ)を製造したり、西洋式の帆船や蒸気船を建造したりしています。

 

江戸時代の日本には、科学的な合理主義を阻害(そがい)する要因は何もなく

明治政府でなくても、十分に豊かな社会が実現できたでしょう。

 

 

近代化要素3 私有財産権の保障

 

私有財産権(しゆうざいさんけん)とは法律的な手続きによらない限り、個人の財産を国家といえども

勝手に処分する事は出来ないという権利です。

フランス革命では、真っ先に私有財産が保障されましたが、

これはブルボン王朝の支配下で、もっと自由に商売をして儲けたいという

ブルジョア階級が革命を推進していたからでもあります。

 

私有財産が保護されない社会では、誰もお金を預けたり貸したりできません。

それは市場に金が出回らず、床下に埋められる事を意味していて、

経済が発展する所の話ではないですし、仮に投資する人が出ても、

踏み倒される事を恐れて金利は非常に高く、また融資期間も短期です。

 

これでは起業家は安心して融資を受けられず、また長期的な視点が必要な

ビジネスは出来ないので経済はやはり活性化しません。

 

では日本はどうかというと、まず当時の日本の人口の大部分を占めた農民は

土地を所有しておらず、幕府や藩から借りて、その賃料を年貢で支払っていました。

これは、幕府が農本体制を基盤としたからであり、私有財産から遠いです。

ただ、日本でも城下町に住む町人階級は売買できる土地を保有していて、

活発な商業活動を行う原動力として町人文化を生み出しました。

 

しかし、町人が私有地を売るにしても簡単ではなく、四方で境界を接している人の

承諾をもらい、面倒な手続きを幾つも経ないといけませんでした。

「俺の土地だからどうしようが俺の勝手」という概念は江戸時代にはないのです。

 

また、私有財産には知的財産権、著作権(ちょさくけん)肖像権(しょうぞうけん)、特許権などもありますが

このような排他的(はいたてき)な権利は江戸時代には、何一つ認められていません。

例えば出版物で何かが流行すれば、すぐ海賊版(がいぞくばん)が出てくるのが実情だったのです。

一応奉行所(ぶぎょうしょ)は「真似」はいけないとお触れを出していましたし、

版元は組合を作って、このような海賊版が出るのを監視していましたが、

日本全国を監視できるわけではないので、ほぼ無意味でした。

 

ですが、徳川慶喜が目指した徳川帝国はフランス流に市場経済を視野に入れており

身分制の解体は遅れるにしても、私有財産の保障や知的財産権、著作権や肖像権、

特許権は、早晩認められる事になったでしょう。

何故か?そうしないと経済において西洋との競争に勝てないからです。

 

近代化要素4 通信手段と輸送手段の確保

 

物資が順調に生産されても、それを取り扱う巨大な市場があっても、

通信手段が貧弱であれば、どうしようもありません。

 

欧州はイギリスでさえ19世紀の初頭まで、都市を一歩出ると

すぐに野盗が出現しイタリアでは旅行者の殺人は日常茶飯事だったようで、

旅行者は拳銃を携帯するのが常識だったそうです。

 

このような野盗や強盗は、鉄道網と電信設備が完備されて

国家の警察力が拡大強化される中で解消されていきました。

 

一方の日本の江戸時代は参勤交代(さんきんこうたい)の大名相手に発達した五街道が整備され、

ここを通ってお伊勢参りなどの庶民のレジャーが大きく発展しました。

特に60年に一度やってくるお陰詣りは、大イベントで400万人が

伊勢神社に押しかけたと言われています。

 

人口3000万人の時代に、400万人が旅をするのですから、

これは街道が安全でなければ、実現できる事ではありません。

冒頭に書いたように、日本の物産は大阪に集まり、それから

一大消費地の江戸、それから各地に輸送されていきました。

 

松前藩(まつまえはん)の昆布が南端の琉球に届き、沖縄料理の定番になっている

この一点を見ても江戸時代の輸送手段は安全で信頼できるレベルです。

通信手段は飛脚や船でしたが、これは徳川帝国の下で

直に、電信や鉄道などに取って変わる事になったでしょう。

 

徳川帝国の下で民主化はどうなる?

 

幕臣の西周(にしあまね)が構想した新政府構想では、大君(たいくん)(慶喜)は、

旗本を再編成した常備軍を握っていて、また議政院(ぎせいいん)(衆参両院)も

下院に対しては、慶喜が解散権と採決権を有しています。

上院は各藩の藩主なので、宗家である慶喜に逆らいそうになく

仮に逆らったとしても、強大な常備軍に潰されそうです。

 

これは、徳川幕府よりも強力な政府であり、

議会軽視の抑圧(よくあつ)が続くと自由民権運動のようなものが激化

(というより近代化を進めると民権運動は激化せざるを得ない)

ついには、下院の代議士(藩士)と民衆軍が蜂起して

徳川帝国を倒すというフランス革命の模倣のような結果になるかも知れません。

 

しかし、慶喜の性格からして、内乱になりそうだと思うと

反対勢力に譲歩を繰り返して大君の権力を縮小して

大君は次第に飾りになり、下院と上院から選出した議員が

公府(内閣)を組織するようになって、結局、

権威は二つは必要ないという理由で大君は廃止される。

そんな末路になるかも知れませんね。

 

 

幕末ライターkawausoの独り言

 

このように、近代化し現代に繋がるような豊かさに必須の4要素の中で、

江戸時代の日本は、3つまでを達成していました。

それに私有財産については、西洋と市場経済で競争しようと思えば、

どうしても解放しないといけない要素なので、結果として4要素は揃います。

つまり、薩摩や長州のような藩閥が主導しなくても、違う紆余曲折を経て

日本は徳川帝国の下で近代化を達成したでしょう。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?

関連記事:徳川慶喜とはどんな人?英雄・ヘタレ徳川最後の将軍に迫る

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操 耳で聞いて覚える三国志 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  2. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  3. 陸遜 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  4. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくう…
  5. 張魯 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する
  6. 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバ…
  7. 曹丕 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  8. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李広利
  2. キングダム53巻
  3. 合戦シーン
  4. 辮髪(べんぱつ)
  5. 孔明
  6. 車に乗る諸葛亮

おすすめ記事

  1. 四字熟語「三日天下」とは?明智光秀の山崎の戦いが由来となった四字熟語を解説 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  2. 【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人
  3. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 孔明と龐統の両軍師
  4. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった 酒を飲む曹操と劉備と呂布
  5. 諸葛亮の病状に温度差?二つの三国志演義を比較 孔明のテントがある野外のシーン
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部

三國志雑学

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 黄巾賊を退治する曹操
  3. 鄒氏
  4. 鄧艾
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳勝・呉広
  2. 関興と張苞
  3. 袁術
  4. 逃げる夏侯覇
  5. 藺相如(りんしょうじょ)

おすすめ記事

合肥の戦いの満寵 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将 徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは? 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る! 織田信長 織田信長の父、織田信秀とはどんな人甘い所が信長ソックリ? 孔明 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/19】 キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの? 公孫淵 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP