三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!


橋本左内

 

橋本左内(はしもと さない)が生まれた橋本家は、福井藩の奥医師である家柄でした。

橋本左内は幼いころから、優秀であると評価されていました。

 

しかし、自分の目指す目標が高すぎたのでしょうか。

橋本左内は15歳のときに「啓発録」という自分の生き方の指針を決める決意書を記します。

啓発録」は、今でも福井県内の小中学校の道徳の読本となっています。

 

やがて左内は主君である松平春嶽(まつだいら しゅんがく)に抜擢されます。

幕府も広く意見を求めるという政策をとった阿部正弘(あべ まさひろ)が老中筆頭となった時代だったのです。

 

そして、橋本左内はその頭脳をもって幕政に大きく関わっていくのですが……

井伊直弼(いい なおすけ)が大老となると一気に幕府の対応が変わります。厳しい弾圧の時代がやってきました。

橋本左内は、井伊直弼と将軍後継問題で対立し、安政の大獄(あんせいのたいごく)で刑死することになります。

わずか26年の生涯でした。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だった

関連記事:橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才

 

 

橋本左内の年表

橋本左内

 

幕末期に福井藩の藩主・松平春嶽に見出され、

側近として幕政に関わった橋本佐内の生涯をみてみましょう。

 

1834年4月19日に福井藩士・橋本長綱(はしもと ながつな)の子として生まれました。

1849年に大坂で適塾で蘭法医学を学びます。適塾(てきじゅく)は当時日本で最先端の医学塾です。

この間、尊王攘夷の思想的支柱ともなるの藤田東湖(ふじた とうこ)や、

NHK大河ドラマ「西郷どん」でおなじみの薩摩藩の西郷隆盛(さいごう たかもり)

横井小楠(よこい しょうなん)らとの交友関係を持ちます。

 

その後、松平春嶽の目にとまり福井藩の書院番として抜擢されます。

藩主の側近という位置につくのです。

1854年には藩校明道館の学監心得就任します。まだ24歳です。

そして、松平春嶽の側近として、幕政の世界に大きく足を踏み入れるのです。

 

 

橋本左内の最期

 

橋本左内は安政の大獄で処刑されました

その原因は、幕政に深く関わりすぎたことでしょう。

藩主である松平春嶽は頭脳明晰と評判の一橋慶喜(ひとつばし よしのぶ)擁立に動きます。

他にも有力な大名、島津藩なども、一橋慶喜擁立に向け動いていました。

その手足となっていたのが西郷隆盛です。

 

安政の大獄は、大老となった井伊直弼が幕府の権威の回復と、

将軍後継問題を一気に片付けようとして行った強硬措置でした

阿部正弘堀田正睦(ほった まさよし))と続いた幕府中枢の政権が広く意見を聞くという方針をとりました。

外国勢力が迫っている中、幕府だけの力ではどうしようもないという判断があったのでしょう。

 

しかし、井伊直弼の意見は違いました。

幕政の中に外様大名勢力を呼び込んだことや、

今まで幕政には口を出すことのなかった有力な藩が幕政に介入すること。

将軍後継問題にまで関与してきたことに危惧を覚えていたのです。

 

井伊直弼は将軍を「能力で選ぶ」という今から見れば、

普通のリーダーを選ぶ考え方を邪道とみなしていたのです。

能力の優れている一橋よりも徳川家の血の濃い

紀州藩主徳川慶福(とくがわ よしとみ)こそが将軍となるべきであり、

それを支えるのが、井伊直弼のような古くからの幕臣であると信じていました。

 

それはその当時、江戸幕府が徳川家の血を守るために存在するという、

狭い範囲内での正義はあったのかもしれません

 

結局、井伊直弼は一橋慶喜を時期将軍に推した勢力を弾圧していきます。

このとき、西郷隆盛も入水心中未遂をしています。

橋本左内は、江戸伝馬町の牢獄に入れられ、取調べを受けました。

彼の斬首が決定したのは、自分は藩主の命により動いたのであるという主張が、

武士らしくないということが理由になったといいます。

遣り残したことの多い天才の橋本左内、短い26年の生涯でした。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

西郷隆盛から見た橋本左内

西郷隆盛

 

ともに、一橋慶喜を時期将軍にするために動いていた西郷隆盛と橋本左内。

幕末の英傑・西郷隆盛から天才・橋本左内はどう見えていたのでしょうか。

西郷隆盛は初対面で、橋本左内を痩せてて弱々しく、

女々しい言葉遣いの男として少し馬鹿にしていたようです。

 

しかし、橋本左内との交友が深まるにつれ、

彼の深い学識や外見からは想像できないような

苛烈と言っていい内面の情熱に気が付いたのでしょう。

橋本左内を非常に高く評価するようになります。

 

橋本左内の名言集

 

橋本左内の残した名言の多くで

現代で高く評価されているのは「啓発録」の言葉でしょう。

 

第一番に稚心を去らねばならぬ

という名言が「啓発録」にあります。

親への甘えや怠け心が学問に対し大敵であり捨て去るものだと断言しています。

 

目標に到達するまでの道筋を多くしないこと

という名言も「啓発録」の中にあります。

15歳でこの言葉は恐れ入ります。

現代の多くの部下を従えたプロジェクトリーダーのような言葉ではないかと錯覚しそうですね。

 

勉、つとめるというのは、自己の力を出し尽し

目的を達成するまではどこまでも続けるという意味合いを含んだ文字である。」

という言葉も「啓発録」です。

自分の目的を設定したら、それを達成するまで手を抜くなということですね。

つまり学問、勉強とはそのようなものであると、橋本左内は15歳で言っているわけです。

やはり天才です。

 

男子たるものが憂慮するところは、

ただ国家が安泰であるか危機に直面しているかという点のみ。」

 

この言葉も「啓蒙録」からですが、

幕末という時代背景を考えると「正義」であり「名言」でしょう。

ただ、今の世の中で受け入れられる言葉かどうかは難しいですね。

どんな天才の言葉でも時代の壁を乗り越えられない言葉はあるものです。

 

それでも、橋本左内の残した言葉の多くは、社会や学問の本質を突いた言葉が多いです。

国家について、述べた言葉にしたところで、

究極的に国家がなければ、個人は不幸になることは間違いありません。

現代の多くの崩壊国家を見れば、彼の言葉が真実を突いているは確かです。

ただ、オブラートも何もない言葉ではあるのですが。

 

幕末ライター夜食の独り言

 

もし彼が安政の大獄で、26年間の短い人生を終えなければ、

いったいどのようなことを成し遂げたのでしょうか。

 

そもそも、安政の大獄がなければ、

幕府が新政権の中に組み込まれた歴史があったかもしれません。

世界的には評価の高い「明治維新」がよりソフトランディングな

「明治維新」としてありえた可能性もあります。

 

彼が本質的に医師であったせいか、

その合理性が「自分は藩命に従い動いた」という言葉になったのかもしれません。

橋本左内が最後に主張した合理はまだ、受け入れられる時代ではなかったのでしょう。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?

関連記事:橋本左内の子孫はバラエティ豊かだった!

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる
  2. 伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最…
  3. 小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?
  4. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  5. 前原一誠が越後で行ったびっくりの善政とは?
  6. 西園寺公望 西園寺公望とはどんな人?最後の元老であり教育者としての評価は?
  7. 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  8. 大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操に憧れる荀彧
  2. 岩瀬忠震

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  2. 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望
  3. 陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?
  4. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  5. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?
  6. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの? 徳川家康

三國志雑学

  1. 曹操 詩
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鎌倉時代の侍
  2. 魏の夏侯淵
  3. 篤姫
  4. 美女を集めた曹叡

おすすめ記事

【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは 司馬懿と曹操 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの? 赤穂浪士の吉良邸討ち入り 忠臣蔵はテロ?知っているようで知らない赤穂事件を解説 ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦 【第一次濡須口の戦い】赤壁より人数が多い三国志史上屈指の会戦 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい 悪来と呼ばれた典韋 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP