キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

西郷どん

篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう!

篤姫



篤姫

 

江戸時代における人間とペットとの関係について取り上げます。

庶民がペットを飼うようになったのは江戸時代と言われています。

現在のペットの人気ツートップは犬と猫です。

江戸時代の人気のツートップも犬と猫でした。

この記事の最初に篤姫(あつひめ)のペットについて紹介します。

この記事の終わりに、浮世絵とペットとしての猫について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の髪型について徹底紹介!少女期から晩年まで

関連記事:篤姫のお墓がある上野寛永寺ってどんな所?一般の墓と違う?

 

 

篤姫は犬派?猫派?

ネズミを追う犬

 

篤姫の実家は薩摩藩の分家で、小さい頃犬を飼っていました。

篤姫は犬好きでしたが、江戸城大奥に御台所(みだいどころ)として入ると猫好きに変わります。

夫の将軍徳川家定(とくがわいえさだ)が犬嫌いということで、気を遣って猫を飼うことにしたと言われています。

最初、飼った猫に「みち姫」と名付けてかわいがっていましたが、しばらくして死にました。

次に飼った猫を「さと姫」と名付けてかわいがりました。

 

 

さと姫の暮らしについて知ろう!

 

さと姫は三毛猫でかわいがりました。16年ぐらい篤姫とともに生活しました。

篤姫が食事のとき、いっしょにさと姫の食事も出されました。

いつもは魚ですが、精進の日にはどじょうと鰹節(かつおぶし)を出されました。

さと姫の食費は1年に25両ほどかかったようです。

 

さと姫はどこで寝ていたのでしょうか。畳の上にじかに寝ることはありません。

飼い主の篤姫の裾の上や猫用の布団で寝ていました。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

「大奥で猫を飼う」やってみた!

江戸城

 

大奥は男子禁制で、女性しか入ることができません。

唯一、男性で大奥に入れたのは将軍だけでした。

ペットの猫も同様で、オス禁制で、メスしか入ることができませんでした。

ペットのメス猫の旦那については唯一入れるオス猫ではなく、篤姫のことを指します。

 

大奥に仕えている女中の中で正室や側室になると外出することができません。

ペットの猫も同様、無断で外に出ることは禁止されています。

ただし、猫は大奥の掟を守るわけではなく、発情期になると無断で庭から外に出ました。

無断で外に出たペットの猫さと姫をどのようにして捕まえたのでしょうか。

 

表の者が「おさとさーん!」と名前を呼んで探したそうです。

さと姫のファッションは紅絹の平紐へ銀の鈴を付けていたので探しやすかったのかもしれません。

 

江戸時代のペットの役割について考えよう

 

江戸時代の浮世絵で、代表的な画家として葛飾北斎(かつしかほくさい)菱川師宣(ひしかわもろのぶ)といった人を挙げる人が多いと思います。

彼らはさまざまな浮世絵をこれまでに描いてきました。

この浮世絵師たちが描いたのは意外なことに猫でした。

ニューヨークで開催される浮世絵の展示会では、展示されている90店の浮世絵のうち

ほとんどの作品に猫が描かれています。

 

ペットで猫が好きな人は気まぐれなところがよいのかもしれません。

猫が懐にいたかと思えばフラっとどこかへ行ってしまいます。気が付くと傍にいます。

このような気まぐれな仕草が人々に愛された理由であると言えます。

浮世絵にもたくさん猫が描かれていることから

江戸時代から愛されていると言えるのかもしれません。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットと人との関係について考えました。

江戸時代から現在まで、ペットの人気ツートップが犬と猫であることが意外でした。

また、浮世絵のファンでない読者の中には猫が多く描かれていることが

意外で驚いた人がいるかもしれません。

 

ネコと日本の絵画との関係に関心を持った人がいるかもしれません。

ペットとしてのネコと人との関係については江戸時代以前にも関心があります。

 

ネコ以外では、犬と人との関係やネコと犬以外の動物で、

歴史上の人物と動物との関係の歴史にも注目したいと思います。

今回は日本史でペットの役割について考えましたが、

世界史でペットの役割について考えてみたいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ

関連記事:天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化
  2. 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実
  3. 新選組の土方歳三 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義
  4. 篤姫 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?
  5. 西郷どんは桁外れの犬好きだったの?
  6. 坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの?
  7. 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説
  8. 山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 華陀

おすすめ記事

  1. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの? 過労死する諸葛孔明
  2. ネクソンがシミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』を配信開始。「三国統一モード、武将ごとのシナリオ、ifの歴史」が楽しめる
  3. 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ
  4. 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった
  5. 読者の声(2018年10月22日〜27日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. キングダム 523話 ネタバレ予想:左翼戦の鍵を握る楽華隊!

三國志雑学

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 曹操
  3. 周瑜と孫策
  4. 趙姫
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 趙雲子龍
  2. 光武帝(劉秀)陰麗華
  3. 孔明もコペルニクスに似ていた
  4. 余生をゆっくり過ごす晩年期の徳川慶喜

おすすめ記事

【重要なお知らせ】ストライキ決行 後継者を決めた劉表 劉琦を劉表が後継者にしなかったから○○になった!? キングダム579話最新ネタバレ「十二日目の朝」レビュー 曹操探検隊 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る 織田信長 【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった! 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん 2020年東京五輪の猛暑対策は?なぜ7月・8月の開催にこだわる? マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん 【大河ドラマ いだてん ロケ地 】大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』 坂本龍馬(幕末時代) 【武田鉄矢に怒られろ!】坂本龍馬は本当はこんな人だった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP