コメント機能リリース
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

西郷どん

篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう!

篤姫



篤姫

 

江戸時代における人間とペットとの関係について取り上げます。

庶民がペットを飼うようになったのは江戸時代と言われています。

現在のペットの人気ツートップは犬と猫です。

江戸時代の人気のツートップも犬と猫でした。

この記事の最初に篤姫(あつひめ)のペットについて紹介します。

この記事の終わりに、浮世絵とペットとしての猫について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の髪型について徹底紹介!少女期から晩年まで

関連記事:篤姫のお墓がある上野寛永寺ってどんな所?一般の墓と違う?

 

 

篤姫は犬派?猫派?

ネズミを追う犬

 

篤姫の実家は薩摩藩の分家で、小さい頃犬を飼っていました。

篤姫は犬好きでしたが、江戸城大奥に御台所(みだいどころ)として入ると猫好きに変わります。

夫の将軍徳川家定(とくがわいえさだ)が犬嫌いということで、気を遣って猫を飼うことにしたと言われています。

最初、飼った猫に「みち姫」と名付けてかわいがっていましたが、しばらくして死にました。

次に飼った猫を「さと姫」と名付けてかわいがりました。

 

 

さと姫の暮らしについて知ろう!

 

さと姫は三毛猫でかわいがりました。16年ぐらい篤姫とともに生活しました。

篤姫が食事のとき、いっしょにさと姫の食事も出されました。

いつもは魚ですが、精進の日にはどじょうと鰹節(かつおぶし)を出されました。

さと姫の食費は1年に25両ほどかかったようです。

 

さと姫はどこで寝ていたのでしょうか。畳の上にじかに寝ることはありません。

飼い主の篤姫の裾の上や猫用の布団で寝ていました。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

「大奥で猫を飼う」やってみた!

江戸城

 

大奥は男子禁制で、女性しか入ることができません。

唯一、男性で大奥に入れたのは将軍だけでした。

ペットの猫も同様で、オス禁制で、メスしか入ることができませんでした。

ペットのメス猫の旦那については唯一入れるオス猫ではなく、篤姫のことを指します。

 

大奥に仕えている女中の中で正室や側室になると外出することができません。

ペットの猫も同様、無断で外に出ることは禁止されています。

ただし、猫は大奥の掟を守るわけではなく、発情期になると無断で庭から外に出ました。

無断で外に出たペットの猫さと姫をどのようにして捕まえたのでしょうか。

 

表の者が「おさとさーん!」と名前を呼んで探したそうです。

さと姫のファッションは紅絹の平紐へ銀の鈴を付けていたので探しやすかったのかもしれません。

 

江戸時代のペットの役割について考えよう

 

江戸時代の浮世絵で、代表的な画家として葛飾北斎(かつしかほくさい)菱川師宣(ひしかわもろのぶ)といった人を挙げる人が多いと思います。

彼らはさまざまな浮世絵をこれまでに描いてきました。

この浮世絵師たちが描いたのは意外なことに猫でした。

ニューヨークで開催される浮世絵の展示会では、展示されている90店の浮世絵のうち

ほとんどの作品に猫が描かれています。

 

ペットで猫が好きな人は気まぐれなところがよいのかもしれません。

猫が懐にいたかと思えばフラっとどこかへ行ってしまいます。気が付くと傍にいます。

このような気まぐれな仕草が人々に愛された理由であると言えます。

浮世絵にもたくさん猫が描かれていることから

江戸時代から愛されていると言えるのかもしれません。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットと人との関係について考えました。

江戸時代から現在まで、ペットの人気ツートップが犬と猫であることが意外でした。

また、浮世絵のファンでない読者の中には猫が多く描かれていることが

意外で驚いた人がいるかもしれません。

 

ネコと日本の絵画との関係に関心を持った人がいるかもしれません。

ペットとしてのネコと人との関係については江戸時代以前にも関心があります。

 

ネコ以外では、犬と人との関係やネコと犬以外の動物で、

歴史上の人物と動物との関係の歴史にも注目したいと思います。

今回は日本史でペットの役割について考えましたが、

世界史でペットの役割について考えてみたいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ

関連記事:天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  2. 勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生
  3. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  4. 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?
  5. 板垣退助 板垣退助とはどんな人?征韓論を主張した自由民権運動家を年表で紹介…
  6. 五代友厚 幕末 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話
  7. 【西郷どん】おゆうとはどんな人?大久保一蔵(利通)を支えた愛人
  8. 小松帯刀 偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 道具を輸送する民人
  3. 近藤勇 新選組
  4. 孫尚香
  5. 郭嘉
  6. 合戦シーン
  7. 騙し合う呂布と袁術

おすすめ記事

  1. 松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者
  2. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想! 王翦
  3. もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった? 司馬懿と曹操
  4. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ 呂蒙
  5. 第4話:三国夢幻演義 龍の少年「地獄の淵で」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

三國志雑学

  1. 劉備と孫権
  2. 法正と劉備
  3. 郭嘉を採用する曹操
  4. 劉禅


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ミニチュアで遊ぶ董卓
  2. 孔明による出師の表
  3. 張コウ 張郃
  4. 蜀の姜維

おすすめ記事

怪しい巫女のい占いを信じる黄皓 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデルだった【HMR】 父・関羽とともに亡くなる関平 正史三国志の関平が不憫すぎる!最期しか描かれていない関平がそれでも愛される理由 荀彧と袁紹 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった 劉備と公孫瓚 逃げるが勝ち!劉備の逃亡人生を考察してみたよ 「燕」の旗を持った兵士 戦国策(燕策)他人の名声で自分を利するの巻 孔明のテントがある野外のシーン 諸葛亮の病状に温度差?二つの三国志演義を比較 武田信玄と徳川家康 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る 仲の悪い魏延と楊儀 魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP