法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

松平春嶽がいなければ坂本竜馬が歴史に名を残すことはなかった!?

坂本龍馬(幕末時代)



松平春嶽

 

「我に才略無く我に奇無し。常に衆言を聴きて宜しき所に従ふ」の名言を残した松平春嶽(まつだいらしゅんがく)

上記の名言は自分に才能が無いので、皆の意見を聞いて従う

(レンの解釈です)とかなり謙虚(けんきょ)な姿勢が(うかが)えます。

 

松平春嶽はこの名言の通り色々な意見を聞いていますが、

その意見の中に浪人時代の坂本竜馬(さかもとりょうま)の意見もありました。

竜馬は春嶽と会った事で日本の歴史は大きく変化することに。

そしてもし竜馬が春嶽と会っていなければ、竜馬が歴史の表舞台に出ることはなく、

一生脱藩者(だっぱんしゃ)の日陰者だったかもしれません。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの?

関連記事:坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの?

 

 

福井藩藩主松平春嶽、浪人坂本竜馬と出会う

坂本龍馬

 

福井藩の殿様・松平春嶽は、浪人時代の坂本竜馬と会見することになります。

しかしここでひとつ疑問が浮かびませんか。

普通に考えて浪人が殿様に会うことなんて奇跡が起きない限り、不可能です。

また殿様が浪人を呼び寄せる事も普通に考えてありえません。

ではどうして竜馬が春嶽と会見することができたのでしょうか。

 

 

どうして一浪人が殿様と会えたの!?

 

どうして竜馬は春嶽と会見することができたのでしょうか。

竜馬と春嶽を結びつけたのは、竜馬が通っていた千葉道場の師範・千葉貞吉(ちばさだきち)です。

彼は福井藩の剣術指南役をつとめていたそうです。

 

そして千葉貞吉は可愛い弟子・竜馬の為に松平春嶽との会見の仲介者として動いたそうです。

竜馬はこうして松平春嶽と会見することができたのです。

そしてこのふたりが会見することで日本の歴史は大きく変化することになるのです。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

松平春嶽と知り合いになった事で竜馬の人生が大きく変化する!?

勝海舟

 

竜馬は松平春嶽と会見したことがきっかけで大きく世の中に羽ばたくことになり、

日本の歴史を大きく変化させることになるのですが、

春嶽と会った事で竜馬が何が変わったのでしょうか。

 

まず竜馬が松平春嶽と会見したことによって大きく変化した事は、

勝海舟(かつかいしゅう)らと知り合うことができた事です。

竜馬は春嶽から勝海舟や横井小南(よこいしょうなん)らと会えるように紹介状をしたためて渡します。

 

竜馬は春嶽からもらった紹介状を持って勝海舟と会うことができ、

勝海舟と会った事で竜馬の見識が増え、歴史に名前を残す大きな仕事ができる

経験を積むことができたと言えるでしょう。

 

もし竜馬が春嶽に会うことが出来なければ、竜馬と勝海舟は会うことは無かったでしょう。

そうなれば日本の歴史は大きく変化することになったと思います。

他にも竜馬にとって利点はありました。

 

それは春嶽と顔見知りになった事で海軍操練所(かいぐんそうれんしょ)を作る際に資金援助をしてくれることになります。

そして竜馬はこの海軍操練所で世界の知識や船の操船の仕方などを学ぶことになります。

ところで春嶽は竜馬にどれくらいの金額を資金援助とししたのでしょうか。

春嶽は竜馬へ5千両もの金額を援助したそうです。

 

現代の金額に直すとなんと約11億円にも登る超多額な金額を援助しています。

もし竜馬が春嶽と会うことがなければこの莫大な資金援助もなく、

海軍操練所もできずに終わっていたでしょう(後にこの海軍操練所は閉鎖することになります)。

 

このように竜馬にとって松平春嶽は大恩人であると共に、

春嶽がいなければ竜馬が歴史に名前を残すこともできなかったでしょう。

このように考えると春嶽と竜馬の会見は歴史を大きく変えたとの見方も出来るでしょう。

 

幕末ライター黒田レンの独り言

幕末ライター黒田レンの独り言

 

松平春嶽は竜馬の大恩人とも言える人物で、幕末四賢侯の一人に数えられるほど優秀な殿様でした。

明治になると大蔵卿(おおくらきょう)民部卿(みんぶきょう)などの重役を歴任した後、政界を退いて隠居生活をしたそうです。

そんな春嶽ですが幕末の大河ドラマには大体登場しており、

竜馬伝や現在放映されている大河ドラマ「西郷どん」にも登場しています。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者

関連記事:橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言とは?

 

幕末のおじゃるズ公家
公家

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!
  2. 小松帯刀 「小松なくして維新なし」小松帯刀の役割に迫る
  3. 大久保利通 幕末 大久保利通・大阪遷都 vs 江藤新平・東京遷都の行方は?
  4. 島津斉彬 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育…
  5. 阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡
  6. 【西郷どん】日米修好通商条約って何が問題だったの?
  7. 幕末 洋式軍隊の行進 彰義隊が散った上野戦争とはどんな戦いだったの?
  8. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 宋代の公務員試験である科挙
  3. 田畑政治 いだてん
  4. 城の前を掃除する孔明
  5. 三国志 まとめ
  6. ホウ徳
  7. 陸遜

おすすめ記事

  1. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  2. キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?
  3. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  4. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!? 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  5. 司馬師とはどんな人?クーデターを成功させた晋建国の功労者 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者
  6. キングダム586話最新ネタバレ「二突きの勝負」レビュー記事

三國志雑学

  1. 甘寧に殺されかける料理人
  2. 劉禅
  3. 曹丕
  4. 山頂に陣を敷いた馬謖
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 信長の野望・創造
  2. 蜀の劉琦
  3. 高杉晋作
  4. 本多忠勝
  5. 曹操と曹丕
  6. yoriburin

おすすめ記事

夏侯覇の妻は誰? 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族 はじめての三国志 画像準備中 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】 曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる 対立する西郷隆盛と大久保利通 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー 曹操 孔明をチェック 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖 はじめての三国志 画像準備中 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP