三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

西郷どん

江藤新平「梟首」その壮絶な最期とは

江藤新平 幕末

 



 

 

江藤新平(えとうしんぺい)の功績を知ろう、「この国のかたち」』では、江藤新平の功績について取り上げ、

この功績の中で、顔写真で指名手配犯を公開するというシステムを作った人物として取り上げました。

江藤新平は近代司法制度の基礎を築いた人物として評価されていますが、

明治六年政変で下野して佐賀(さが)の乱を起こすと壮絶な最期を遂げました。

この記事では江藤新平の最期について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女

関連記事:公家って何?何をした人たちなの?

 

 

写真手配制度、制度化した江藤が適応第一号に…

 

逃走する犯人を逮捕するために指名手配の写真が貼り出されたり、

ニュースで公開されたりして、多くの人が目にすると思います。

写真以外では、警察官が犯人の似顔絵を描いて公開することもあります。

 

江戸時代では人相書きという犯人の似顔絵が貼りだされていました。

時代劇やドラマなどで人相書きを見たことがあると思います。

丁寧に描かれているものもあればいい加減な似顔絵もあり、

本当に逮捕できたのか疑問に思った人もいると思います。

 

幕末になると、西洋から写真技術が導入され、司法卿(しほうきょう)になった江藤新平は

手配写真のシステムを導入しました。

江藤が人相書きよりも手配写真のほうが正確に犯人の特徴を伝えやすいと考えたのかもしれません

手配写真が適用された指名手配犯第1号は誰か気になると思います。

その第1号は、皮肉にも手配写真のシステムを作った江藤新平です。

江藤は佐賀の乱で、敗退を繰り返しました。

 

応援を請うために薩摩や土佐を駆け回りますが、断られました。

指名手配の写真が決め手となり、土佐で逮捕されました。

 

 

佐賀の乱、その裁判はどんなものだった?

 

佐賀の乱で逮捕された江藤新平の裁判はどのようなものだったのでしょうか。

ここでは現在の裁判と江藤新平の裁判と比較します。

現在の日本の裁判制度は三審制で、慎重に審理されます。

立法府や行政府が裁判に干渉することはできません。

日本の裁判については長期化するという弱点も指摘されています。

 

では、江藤新平の裁判はどのようなものだったのか。

江藤新平が司法省の司法卿の頃に司法制度を整備したと言われていますが、

近代司法制度は適用されず、形ばかりの裁判で終わりました。

最初から明治政府は江藤を賊として死刑にすることを決めていて、

斬首のうえ梟首(きょうしゅ)という刑を科しました。判決後、数日以内に執行されました。

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

梟首ってどんな刑?

 

梟首とは江戸時代に庶民に課せられていた死刑の一つです。

斬首の後で死体を試し切りにし、はねた首を台に乗せて3日間見せしめとして(さら)す刑罰です。

晒し首とも言います。

 

梟首の刑に科せられた場合、財産は没収され、死体の埋葬(まいそう)(とむら)いも許されませんでした。

佐賀の乱の首謀者・江藤新平については晒された首を撮った写真が残されています。

梟首による刑罰は1879年の明治12年太政官布告第1号により廃止されました。

なお、斬首は1882年1月1日に施行された旧刑法により廃止されるまで残りました。

 

「ますらおの  涙を袖にしぼりつつ  迷う心はただ君がため」

この句は梟首の刑に科せられた江藤新平の辞世の句だと伝わっています。

この江藤の句には司法制度による判決ではなく、

政府が司法に干渉した強引な力でもって死刑判決が出されました。

江藤は違法な裁判であると訴えたかったのかもしれません。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は近代司法制度の父と言われる江藤新平の最期について取り上げました。

江藤新平が佐賀の乱で処刑されることは有名ですが、

顔写真による指名手配を考えた人が第1号として顔写真を貼り出されるという

皮肉な結果は意外だったのかもしれません。

 

世界史で言えば、ギロチンという死刑の方法を考えたジョセフ・ギヨタンが

後にギロチンで処刑されたという話を思い出した人がいるかもしれません。

日本史と世界史で皮肉な話について取り上げてみたいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?

関連記事:西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 阿部正弘の家紋鷹羽紋とはどういう家紋?
  2. 吉田松陰はテロリストなの?それってホント?
  3. 榎本武揚 榎本武揚とはどんな人?榎本武揚が建国した蝦夷共和国など紹介
  4. 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)…
  5. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる
  6. 前原一誠は超がつく真面目人間だった!
  7. 井伊直弼の画像、死の前に描かせた肖像画に込められた志とは?
  8. どうして一橋慶喜と島津久光の仲は悪くなった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 紀霊
  2. 親バカな諸葛孔明
  3. 張魯
  4. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国

おすすめ記事

  1. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人
  2. 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った?
  3. 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳 劉備主役
  4. 敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン! 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 孔子と凄く仲が悪かった隠者とはどんな人達?
  6. 月刊はじめての三国志2018年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

三國志雑学

  1. 関羽 神様
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備主役

おすすめ記事

幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 江華島事件と戦前の日朝関係とは? 難斗米(なしめ) 【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった? 尹夫人 曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの? 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」 キングダム579話ネタバレ予想vol2李牧は王翦の包囲殲滅に敗れる

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP