呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る

三国志時代の牢獄



牢獄されている人

 

奴隷(どれい)というと大変に暗いイメージですよね。

自由もなくいわれなく迫害され、主人の虫の居所次第で虐待(ぎゃくたい)されてしまう

人間平等の観点から見れば、この世から無くすべき負の存在です。

三国志の時代にも、奴婢(ぬひ)として奴隷身分が存在していましたが、

それは、今日考えるような人生の終わりのような暗いイメージの存在ばかり・・

ではありませんでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの?

関連記事:今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

 

 

そもそも奴婢とは何か?

村人

 

いわゆる奴隷は中国では奴婢と言います、奴は男の奴隷で婢は女の奴隷でした。

中国では、自由民である良民と行動に制限がある賤民(せんみん)に身分が分かれていて、

奴婢は賤民階層に属していて、労働力の中核をなしました。

 

周の時代には、犯罪者が奴婢の身分に落とされ、男は重労働で使役され、

女は米()きや炊事に使われていました。

当初の奴婢は国家が所有する官奴、官婢でしたが国家も奴婢を大量に抱えると

食費のような経費ばかり掛かって仕方ないので、一定数を超えると

人買いに売り飛ばし、人買いは、これを奴婢市場で民間に売買します。

 

奴婢は、牛馬と同じ扱いとされ、漢の時代には、仕切りがある部屋の中で

買い手に向けて陳列されていました。

漢書の賈誼(かぎ)伝には、少しでも高く売る為に奴婢に絹の衣装を着せて、

縁飾りのある下駄を履かせた売主の記録があります。

黒山賊

 

また奴隷が財産になると、人を誘拐して売り飛ばすブローカーも暗躍します。

いわゆる人さらいですが、民間の奴婢のかなりの数が、こちらでした。

これは人の往来が盛んになった魏晋の時代に増えます。

 

周の時代までは厳密な戸籍(こせき)を造り、住人を把握していましたから、

見ない顔がいると役所にバレていましたが、流民が横行して戸籍が無意味になると

それが出来なくなって人さらいが盛んになった事になります。

 

 

債務奴隷としての奴婢

お金

 

官奴・官婢は犯罪者を奴隷の身分に落としたものですが、一般では、

借金を抱えて返済不能に陥った人々が最期の手段として自分を売りました。

大昔は、多くの庶民には財産などなく土地は国家からの借り物なので

返済に困ると自分か家族を売って奴婢になるしかなかったのです。

 

このような奴婢は犯罪を犯して奴婢になったケースと違い、

契約書を交わして奴婢になっていたので、契約によって奴婢の期間は

一生涯から有期、弁済して自由になれる/なれないという取り決めがありました。

 

斉の宰相の晏嬰(あんえい)(しん)に行った時に、奴婢に身を落とした越石甫(えつせきほ)を見つけ

どんな契約で奴婢になったか?を尋ね、弁済で解放されると聞いたので、

連れて来た予備の添え馬を主人に渡して越石甫を買い戻しています。

 

不思議な事に同じ奴婢でも国家の奴婢の方が少し民間より偉かったようです。

数としては圧倒的に民間の奴婢が多いものでした。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

三国志のあの人は大量の奴婢を抱えていた

幸せのピモが当たった劉備

 

時代が進んでくると、社会にも大金持ちが出現しそれらが競って奴婢を持ちました。

前漢時代には、あまりに王侯の抱える奴婢が多く、農民の仕事を奪うので、

その数を規制するという法律が出されたりしています。

 

しかし、そんな取り決めは守られなかったようで、三国志に登場する

徐州下邳の大旦那で、劉備(りゅうび)の金ヅル麋竺(びじく)は1万人という奴婢を所有していたと

蜀志に出ています。

呂不韋

 

キングダムに登場する大商人呂不韋(りょふい)も、奴婢を1万人抱えていたそうですから、

麋竺って時代は隔たるとはいえ、相当な大金持ちですね。

劉備は、こういうスポンサーを探し出すのが本当に上手です。

陳平

 

当時、奴婢は堂々たる財産であり、相続すべきモノでした。

楚漢戦争で名を馳せた謀臣の陳平(ちんぺい)は、奴婢百人を陸賈(りくか)に贈っています。

奴婢は贈答品でもあったのです。

 

大量に売買され価格が安定していた奴婢

三国志時代のモブ

 

奴婢のマーケットはかなり巨大であったようで、値崩れが起きて、

市場の暴落が起きないように、標準価格が定められていました。

春秋戦国の頃は1万五千銭、梁の劉整(りゅうせい)の時代には七千銭だったようです。

しかし、実際には、奴婢にも老幼、体力の大小があると考えられるので

ある程度値幅を決めて、その範囲内で売買していたのでしょう。

 

そんな奴婢ですが、昔程扱いが過酷で周や秦の時代までは、

主人は役所に理由を告げて、奴婢を殺害する権利を持っていました。

さすがに、これはひどいというので、前漢の文帝の時代には、

官の奴婢を解放して庶人にしたりして人権の擁護(ようご)が図られ

奴婢であっても主人が殺害してはいけないという法律が出来ます。

 

これは真面目に守られたようで、前漢の趙広漢(ちょうこうかん)丞相魏相(ぎしょう)の夫人が

婢を殺害したとして告発しています。

この一件は虚偽で、夫人の婢は鞭打ちされて叱責された後に

自殺したのですが、奴婢の殺害が当時、罪になった事が分かります。

 

その後光武帝(こうぶてい)の時代には奴婢を殺害したり、虐待する事を罪とする

法律が出来てその後も概ね、奴婢でも殺害は許されませんでした。

光武帝

 

しかし、殺害が禁止されただけで、主人が奴婢を鞭打つ権利は残され

例えば密室で行われた虐待の末の殺害は、誰も告発しない場合には、

病死として扱われるなど、奴婢の人権は非常に軽いものでした。

 

プチ奴婢、傭人

光武帝

 

奴婢のような賤民ではなく自由民である良民であっても、

一時的に金に困るようなケースはありました。

そのような場合には、最小で1日、長い時には数年という期間で

他人に身売りし賃金を受けるという傭人(ようじん)という雇用形態がありました。

古くは春秋戦国時代から存在しましたが、次第に盛んになり、

魏晋の時代には、とても多くなったと言われています。

 

もっとも期間が短い、数日の傭人を客作(きゃくさく)と言い、後漢の夏馥(かふく)や、

魏の焦先(しょうせん)も行いました。

傭人は元々良民なので自由があり、かつ、お金が稼げるので

需要と供給が上手くかみ合い、官公庁や民間まで広く使われました。

 

食うに困れば傭人になって、お金を稼ぐのは恥でもなんでもなく

古人は、身一つを売ってお金に換えていたわけで、

期限付きのプチ奴婢のようなものですね。

しかし、傭人は南北朝の頃から、段々いなくなりました。

次第に物が豊かになり、財産というものが生まれて身売りをしなくても

困窮をしのげるようになったからです。

 

逆に言えば、三国志の時代は良民階級でも大半は自分の身以外に

貨幣価値のある物を持たない質素な人が多かったでしょう。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

奴婢は、三国志の時代の労働力の中核を占めていました。

そればかりではなく、税金を支払えなくなった農民が土地を捨てて

豪族の庇護を受けて小作になるのも、過酷な労働条件下で、

農業や雑用、時には兵士として使役されるのを考えると、

実質、良民階級でも奴婢と待遇は変わりませんでした。

項羽を見切る陳平

 

一方で罪を犯して奴婢にならない場合には、契約書の内容次第では、

金銭やモノで自分を買い戻し良民に戻る方法もあったので、

奴婢と言っても一様ではなかったのですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将

関連記事:【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ)

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義…
  2. 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  3. 魏を破る朱然 徐盛と朱然は名将なのにマイナーな武将だった!?
  4. 鍾会を説得する姜維 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  5. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…
  6. 袁術と呂布 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山…
  7. ロボ関羽 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  8. 魏の曹操孟徳 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏から蜀に下る姜維
  2. 趙雲
  3. 李広利
  4. 腐れ儒者気質な孔融
  5. 西洋が好きな霊帝
  6. はじめての三国志 画像準備中
  7. 京劇の格好をした関羽

おすすめ記事

  1. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの? 女と金
  2. kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すってよ!」
  3. 陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相 責められる陸遜
  4. 東京五輪のエンブレム問題とはどんな問題だったの? 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  5. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴
  6. 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得

三國志雑学

  1. スーパーDr華佗07 尹正
  2. 孔明の留守宅の壁に長々と漢詩を書いて汚す劉備
  3. 三国志 象兵
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 関羽
  3. 孫策の人生に一辺の悔い無し

おすすめ記事

【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選 宋銭 お金と紙幣 宋銭はどんな風に使われていたの?突入、消費経済時代へ! 光武帝 三国志 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 島津斉興「せごどん」では教えない真実 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ! 【形勢不利の薩長】一発逆転の王政復古大号令の影響力とは? 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP