キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人




五代友厚と勝海舟

 

この記事では、薩摩藩士(さつまはんし)五代友厚(ごだいともあつ)と幕臣勝海舟(かつかいしゅう)について

それぞれ別の立場で名を残した2人の偉人について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々!

関連記事:勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?

 

 

薩摩藩士の子・五代友厚と幕臣の子・勝海舟

 

五代友厚は父五代直左衛門秀尭(ごだいなおざえもんひでたか)の次男として鹿児島城下に生まれました。

14歳のとき、藩主・島津斉興(しまづなりおき)がポルトガル人から入手した世界地図を見ました。

友厚は父からこの世界地図の複写を命じられ、模写した地図を自分の部屋に貼りました。

この出来事が世界に興味を持つきっかけとなります。

 

その後、長崎海軍伝習所(かいぐんでんしゅうじょ)へ藩伝習生として派遣され、オランダ士官から航海術を学びました。

薩英戦争(さつえいせんそう)ではイギリス海軍の捕虜となりますが、横浜でイギリス艦から脱出します。

地元薩摩ではイギリスの捕虜となったことが悪評となったため薩摩に帰国できず、

しばらく潜伏生活を送りましたが、薩摩への帰国を許されました。

勝海舟

 

一方で、勝海舟は幕臣の家庭に生まれました。蘭学(らんがく)を学んでから私塾を開きます。

安政の改革で老中阿部正弘(あべまさひろ)に出した建白書が評価され、注目されるようになりました。

その後、長崎海軍伝習所に入所し、1860年には咸臨丸(かんりんまる)で渡米しました。

帰国後、軍艦奉行となり神戸海軍操練所を開設しました。

 

戊辰戦争(ぼしんせんそう)時には幕府軍の軍事総裁となり、

徹底抗戦を主張する小栗忠順(おぐりただまさ)に対し、江戸城無血開城を主張しました。

 

明治維新後、勝海舟は参議・海軍卿・枢密顧問官を歴任しました。

後に伯爵に叙せられるなど明治政府にも関わりました。

また、政治結社明六社を支援する活動もしています。

 

 

海軍伝習所での出会い

 

五代友厚と勝海舟は接点があったのか。接点があった場所は長崎海軍伝習所です。

長崎海軍伝習所は長崎奉行所につくられました。

主に学んでいた人は幕臣・長崎の役人・佐賀・福岡・鹿児島などの

雄藩の藩士から選抜された人でした。

 

授業内容は航海に関するものだけではなく、医学や気象学など幅広い学問もあります。

この伝習所の修了生には日本海軍創設に重要な役割をした人物だけでなく、

近代医学の発展や気象事業の発展にかかわった人材も輩出しています。

 

五代友厚と勝海舟は長崎海軍伝習所の一期生として学びました。

勝海舟は2期目も海軍伝習所に残り、幕臣の榎本武揚(えのもとたけあき)とともに学びます。

勝海舟は卒業後、咸臨丸で太平洋を横断しました。

帰国後、海軍の乗員を身分に関係なく養成するべきと主張し、

神戸に私塾海軍操練所と神戸海軍塾を作りました。

 

一期生の五代友厚は海軍伝習所卒業後政界よりも経済界で尽力しました。

東京に首都が移ったことや銀取引廃止で衰退していた大阪経済を立て直しました。

大阪商法会議所の開設など商工業の組織化を行いました。

五代と勝は長崎海軍伝習所の一期生ですが、航海の知識を活かして

薩摩藩士と幕臣という違う立場で功績を残すことになります。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

いざイギリスへ。五代は「貿易」で名をはせる

 

長崎海軍伝習所の一期生となってからグラバーのもとに出入りするようになりました。

長崎で外国人だけでなく長州藩の高杉晋作とも知り合いになります。

五代は薩英戦争で捕虜になったことで藩から追われる立場になりましたが、

長崎に戻り潜伏生活を送りました。

同じ薩摩藩士の取り計らいにより、帰国が許されました。

 

帰国後、イギリス留学に派遣されました。

五代は帰国後貿易係となり、薩摩藩の貿易を担当しました。

貿易を一手に引き受けることで、経済を学びます。

明治新政府になってから、この薩摩藩での経験を大阪経済の再生に活かします。

 

薩長に立ち向かった勝・その時五代は?

西郷隆盛と勝海舟の会談

 

江戸幕府は大政奉還後(たいせいほうかんご)

新政府軍と旧幕府軍との一連の戦いである戊辰戦争が始まりました。

戊辰戦争の最初の戦いである鳥羽・伏見(とばふしみ)の戦いで、新政府軍が勝利すると、

江戸に向かいます。

 

勝海舟は新政府軍の西郷隆盛と交渉し、江戸城無血開城を実現することに成功しました。

一方で、五代友厚は戊辰戦争の表舞台にほとんど出ていません。

当時、神戸事件・堺事件・パークス襲撃事件など外国人との

トラブルの解決に追われていました。

また、薩摩藩の貿易担当という立場で、

商人のグラバーからの武器の買い付けを行っていました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

この記事では長崎海軍伝習所の一期生の五代友厚と勝海舟について取り上げました。

五代友厚は低迷していた大阪経済の立て直しに努めました。

一方で、江戸城無血開城後の勝海舟について、あまり知られていませんが、

明治新政府に加わっていたことが分かりました。

今後、五代と勝以外の長崎海軍伝習所の学生の修了後の活躍に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉興「せごどん」では教えない真実

関連記事:島津斉彬と天璋院篤姫は実際どんな関係だったの?

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ
  2. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化
  3. 島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅
  4. 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?
  5. 島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの?
  6. 渋沢栄一 渋沢栄一とはどんな人?大政奉還後、明治時代の実業家になるまで
  7. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷隆盛の征韓論とはどんなもの?
  8. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台
  2. 裏切った呂布
  3. キングダム

おすすめ記事

  1. 曹丕は陰湿な性格じゃない!実は優しくて兄弟想いの皇帝だった 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠
  2. 劉備と呂布の関係って現代でも通用する?裏切られたら容赦はしない、が乱世の基本 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備
  3. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介 黄月英
  4. 吉田松陰の名言を解説「諸君狂いたまえの意味とは?」 吉田松陰(極悪顔)
  5. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ! 成廉、魏越、呂布
  6. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?

三國志雑学

  1. 三国志 武器
  2. 陸遜
  3. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 蜀の厳顔
  3. 曹操の弱点(蟻)
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 曹操に仕えることを検討する荀彧

おすすめ記事

李儒と三国志 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた? kawausoって、何者? 曹植 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの? 黒田官兵衛 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた? 英雄曹操とナポレオンを比較 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた ログイン時の画像認証導入のお知らせ どうして一橋慶喜と島津久光の仲は悪くなった? 【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP