ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

西郷どん

五代友厚は大阪再生の立役者だった!

幕末 帝国議会





五代友厚

 

五代友厚(ごだいともあつ)北海道開拓使官有物(ほっかいどうかいたくしかんゆうぶつ)払下げ事件や

NHKの連続テレビ小説『あさが来た』で有名になりました。

大阪市の商工会議所に五代友厚の銅像があり、五代友厚は関西と縁があります。

五代友厚は薩摩藩の藩士の頃から長崎の外国商人グラバーのもとに出入りしていました。

グラバーのもとに出入りしていたのは薩摩藩士の小松帯刀、

長州藩伊藤博文(いとうひろぶみ)井上馨(いのうえかおる)でした。

 

長崎で外国人の商人のところに出入りしていたことから商売を覚えたと考えられます。

この記事では、五代友厚について薩摩藩士の頃から新政府の貨幣政策を一手に担い、

大阪経済を再生するまでに至った功績について紹介します。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬は日蓮正宗に帰依していたの?

関連記事:阿部正弘と島津斉彬は本当に親友だったの?

 

 

世界地図を目の当たりにした五代

島津斉彬

 

五代友厚は薩摩藩士の父・五代直左衛門秀尭(ごだいなおざえもんひでたか)のもとで生まれました。

父は薩摩藩の記録奉行で藩主島津斉彬(しまづなりあきら)の側近くに仕えていたため、

五代友厚は14歳のときから世界地図を模写するよう命じられました。

模写した地図を参考に自作の地球儀を作ったことがあります。

 

五代が23歳のとき長崎の海軍伝習所に派遣されました。

薩摩藩から五代含め16人が派遣されました。

五代は長崎の海軍伝習所で航海術・砲術・測量・数学などを学びました。

また、幕府の勝海舟(かつかいしゅう)榎本武揚(えのもとたけあき)、同藩の寺島宗則(てらしまむねのり)とも親交を深めまました。

 

 

藩の貿易係を仰せつかった五代

黒船

 

1865年、藩の命令により寺島宗則や森有礼(もりありのり)らとともに

薩摩藩遣英使節団(さつまはんけんえいしせつだん)として英国に出発しました。

欧州各地を訪問し、ベルギーのブリュッセルでモンブランと

貿易商社設立契約に調印しました。

諸要因により失敗に終わりましたが、

この経験が五代友厚の経営手腕に大きな影響を与えることになりました。

 

1866年、五代友厚は薩摩藩の会計係に就任しました。

会計係に就任すると、長崎のグラバーと合弁で長崎小菅にドックを開設するなど

実業家の手腕を発揮し始めます。

 

蒸気船

 

幕府倒幕後、明治新政府の参与職外国事務掛(さんよしょくがいこくじむがかり)となり、

外国官権判事(がいこくかんごんのはんじ)大阪府権判事(おおさかふごんのはんじ)を兼任して大阪に赴任し、

堺事件やイギリス公使パークス襲撃事件などの外交処理にあたりました。

また、大阪に造幣寮(現・造幣局)を誘致し、初代大阪税関長となりました。

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

衰退する大阪の経済を復興させた五代

 

五代友厚は大阪に造幣寮を誘致することに成功しましたが、

明治初期の大阪経済は低迷していました。

大坂経済低迷の要因として銀主体の商取引の廃止や

藩債の整理による富豪や両替商の資産消失が挙げられます。

 

このような事態を打開するために財界指導者の有志15名が

1878年7月に大阪商法会議所設立の嘆願書を大阪政府に提出しました。

後に大阪商工会議所の基礎となります。

 

設立背景として、国内に事件がおこると常にドサクサに紛れて金儲けをする者が増えました。

ドサクサに紛れて金儲けをするのを防ぐため、また互いに助け合うために

実業家たちの一致団結による協力と意見交換の場が必要とする考えに至りました。

 

五代友厚は強引な方法で会員を獲得し、初代大阪商工会議所会頭になりました。

設立したころの商工会議所の創立委員の中には

鴻池善右衛門(こうのいけぜんうえもん)三井元之助(みついもとのすけ)(のちの三井財閥)がいました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は大阪再生の立役者としての五代友厚について取り上げました。

連続テレビ小説『あさが来た』で、ディーンフジオカが演じてから

五代に対する見方が変わった人が多いと思います。

 

『あさが来た』が放送される前、ほとんどの人は五代友厚のことを

北海道開拓使官有物払下げ事件の人という印象を受けていると思いますが、

放送後の五代友厚を大阪経済の立て直しに貢献した人物として

見方が変わった人が多いと思います。

今後、大久保利通のように大阪遷都を計画した人物に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった

関連記事:大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  2. 西郷隆盛像 西郷園(その)はどんな人?実は吉二郎の再婚相手だった女性
  3. 阿部正弘 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介
  4. イギリス海軍軍艦に吹き飛ばされる清軍船 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!
  5. 徳川斉昭 徳川斉昭とはどんな人?色々やり過ぎて嫌われた水戸の天才藩主
  6. 新選組の土方歳三 土方歳三の趣味は俳句、どんな句を詠んでいた?
  7. 徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは?…
  8. 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター黒田レン
  2. 黄巾賊を撃退する太史慈
  3. 食糧庫を焼かれて慌てる袁紹軍
  4. 甘寧と呂蒙と凌統
  5. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  6. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  7. 呂布のラストウォー 呂布
  8. 後悔する孫権

おすすめ記事

  1. 李福(りふく)はどんな人?諸葛孔明の遺言を運んだメッセンジャー
  2. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情
  3. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発
  4. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  5. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 梁興と馬騰
  6. 司馬懿は孫子の兵法を戦いで用いたことある? 司馬懿

三國志雑学

  1. 最弱武将と対峙する張飛
  2. 張飛の男気人生
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  4. 呉蜀赤壁の戦い


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 夏侯淵
  2. 鮮卑大人、育延
  3. 始皇帝(キングダム)
  4. 日射病で失神する金栗四三 いだてん
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  7. 孫権と三国アヒル
  8. 疫病が流行った村

おすすめ記事

董卓を倒す呂布 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの? 李カク、献帝 劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察 項羽 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何? キレる劉備になだめる黄権 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード 司馬懿と曹操 もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった? 劉邦をなだめる陳平と張良 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】 司馬懿 【極悪】司馬懿はいかにして屯田制を食い物にしたのか? 張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん) 魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP