小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

これまでの小栗忠順(おぐりただまさ)について、

『小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』

『小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪』

『小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?』など

様々な記事において小栗が処刑されたことについて取り上げました。

 

幕政改革の天才で明治維新が小栗の模倣(もほう)であることが

明らかにならないようにするために処刑につながったと結論付けていましたが、

この記事では本当に小栗を殺す必要があったのか改めて考えたいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生


徹底抗戦を求めた小栗

小栗忠順

 

小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?』によれば、

大政奉還(たいせいほうかん)後、新政府軍と旧幕府軍との間で鳥羽伏見の戦いが起こりました。

この戦いで旧幕府軍は負け、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)は恭順策を取りました。

一方で、小栗忠順・榎本武揚(えのもとたけあき)らは徹底抗戦を主張しました。

 

新政府軍が箱根に入ったら迎撃し、榎本武揚の艦隊を駿河湾に突入させて

相手の後続を砲撃で足止めし、箱根で孤立した相手を殲滅(せんめつ)するという作戦でした。

もし、この作戦が実行されていたら新政府軍は殲滅して

旧幕府軍は巻き返した可能性があります。

 

徳川慶喜は徹底抗戦の主張を退け、恭順する決意を固めていました。

鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いで、錦の御旗(みはた)が掲げられたことから、

徳川宗家が朝敵(ちょうてき)になることを恐れていたと考えられます。


財宝とともに?小栗は栃木に引きこもる

お金

 

小栗忠順は御役御免となり、無位無官となりました。小栗は栃木県に移り住みます。

『小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪』によれば、

江戸城の金庫を見た新政府軍は金庫の中が空であることに驚きました。

栃木県にいる小栗が埋蔵金を持ち出したと疑い、

小栗の逮捕と御用金を探すために栃木県に向かいます。

 

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』によれば、

大砲一門・鉄砲二十挺および弾薬を運びこみ、600両を投じて居館を新築しました。

現地の農民を徴発して訓練していたという記録があります。

旧幕府軍の挽回を狙っていたと考えられます。

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬

 

小栗を捕らえた新政府軍、そして小栗の最期

小栗忠順

 

小栗忠順は栃木県に引きこもっていましたが、新政府軍に見つかり、逮捕されました。

幕府の埋蔵金の有無について問い詰めたが、小栗は何も答えなかったため、

取り調べがほとんどないまま処刑されました。


新政府が小栗を恐れていた本当の理由

新政府が小栗を恐れていた本当の理由

 

これまでの小栗忠順に関する記事で、

『小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』

『小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪』

『小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?』など

様々な記事において小栗が処刑されたことについて取り上げました。

 

処刑された原因として、幕政改革と軍事の天才で生きていると

新政府軍が危うくなること、明治維新が小栗の模倣であることが

明らかにならないようにするためと結論付けていました。

 

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』では、

榎本武揚については明治新政府に加わっていることを指摘しました。

小栗忠順と榎本武揚の違いは次の点にあると考えられます。

 

小栗はフランスのロッシュの支援を受けていたことからフランスとのパイプがありました。

一方で、榎本武揚はロシアとのパイプがありました。

新政府軍にとってイギリスの敵であるフランスとつながっている人物を閣内に入れることで、

イギリスと対立することを恐れたと考えられます。

 

ロシアとパイプを持っていた榎本武揚についてはロシア大使として明治政府に加わります。

榎本は千島列島と樺太の国境が確定していなかったため、

領土交渉で樺太千島交換条約を締結するなどロシア外交で活躍します。


  

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

この記事では小栗忠順は有能であるにもかかわらず

なぜ殺されなければならなかったのかという疑問について考えました。

 

新政府軍は明治維新が小栗の模倣であることを恐れたことや

軍事力を恐れたから処刑されたと結論付けてきましたが、

小栗がフランスとパイプを持っていたことが

処刑しなければならない原因になったと考えられます。

小栗忠順の処刑の動機について、今後の研究の動向に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史

関連記事:徳川慶喜の功績って一体何があるの!?

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん


 

関連記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  2. 西郷隆盛像
  3. 明治天皇
  4. 幕末 帝国議会

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP