呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

西郷どん

小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?



 

これまでの小栗忠順(おぐりただまさ)について、

『小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』

『小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪』

『小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?』など

様々な記事において小栗が処刑されたことについて取り上げました。

 

幕政改革の天才で明治維新が小栗の模倣(もほう)であることが

明らかにならないようにするために処刑につながったと結論付けていましたが、

この記事では本当に小栗を殺す必要があったのか改めて考えたいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生

 

 

徹底抗戦を求めた小栗

小栗忠順

 

小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?』によれば、

大政奉還(たいせいほうかん)後、新政府軍と旧幕府軍との間で鳥羽伏見の戦いが起こりました。

この戦いで旧幕府軍は負け、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)は恭順策を取りました。

一方で、小栗忠順・榎本武揚(えのもとたけあき)らは徹底抗戦を主張しました。

 

新政府軍が箱根に入ったら迎撃し、榎本武揚の艦隊を駿河湾に突入させて

相手の後続を砲撃で足止めし、箱根で孤立した相手を殲滅(せんめつ)するという作戦でした。

もし、この作戦が実行されていたら新政府軍は殲滅して

旧幕府軍は巻き返した可能性があります。

 

徳川慶喜は徹底抗戦の主張を退け、恭順する決意を固めていました。

鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いで、錦の御旗(みはた)が掲げられたことから、

徳川宗家が朝敵(ちょうてき)になることを恐れていたと考えられます。

 

 

財宝とともに?小栗は栃木に引きこもる

お金

 

小栗忠順は御役御免となり、無位無官となりました。小栗は栃木県に移り住みます。

『小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪』によれば、

江戸城の金庫を見た新政府軍は金庫の中が空であることに驚きました。

栃木県にいる小栗が埋蔵金を持ち出したと疑い、

小栗の逮捕と御用金を探すために栃木県に向かいます。

 

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』によれば、

大砲一門・鉄砲二十挺および弾薬を運びこみ、600両を投じて居館を新築しました。

現地の農民を徴発して訓練していたという記録があります。

旧幕府軍の挽回を狙っていたと考えられます。

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬

 

小栗を捕らえた新政府軍、そして小栗の最期

小栗忠順

 

小栗忠順は栃木県に引きこもっていましたが、新政府軍に見つかり、逮捕されました。

幕府の埋蔵金の有無について問い詰めたが、小栗は何も答えなかったため、

取り調べがほとんどないまま処刑されました。

 

新政府が小栗を恐れていた本当の理由

新政府が小栗を恐れていた本当の理由

 

これまでの小栗忠順に関する記事で、

『小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』

『小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪』

『小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?』など

様々な記事において小栗が処刑されたことについて取り上げました。

 

処刑された原因として、幕政改革と軍事の天才で生きていると

新政府軍が危うくなること、明治維新が小栗の模倣であることが

明らかにならないようにするためと結論付けていました。

 

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』では、

榎本武揚については明治新政府に加わっていることを指摘しました。

小栗忠順と榎本武揚の違いは次の点にあると考えられます。

 

小栗はフランスのロッシュの支援を受けていたことからフランスとのパイプがありました。

一方で、榎本武揚はロシアとのパイプがありました。

新政府軍にとってイギリスの敵であるフランスとつながっている人物を閣内に入れることで、

イギリスと対立することを恐れたと考えられます。

 

ロシアとパイプを持っていた榎本武揚についてはロシア大使として明治政府に加わります。

榎本は千島列島と樺太の国境が確定していなかったため、

領土交渉で樺太千島交換条約を締結するなどロシア外交で活躍します。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

この記事では小栗忠順は有能であるにもかかわらず

なぜ殺されなければならなかったのかという疑問について考えました。

 

新政府軍は明治維新が小栗の模倣であることを恐れたことや

軍事力を恐れたから処刑されたと結論付けてきましたが、

小栗がフランスとパイプを持っていたことが

処刑しなければならない原因になったと考えられます。

小栗忠順の処刑の動機について、今後の研究の動向に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史

関連記事:徳川慶喜の功績って一体何があるの!?

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!
  2. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候
  3. 来島又兵衛の豪傑ぶりと、その人間の魅力に迫る
  4. 西郷従道 幕末 西郷慎吾(従道)はどんな人?大器だが能天気な西郷どんの弟
  5. 酒乱の徳川慶喜 徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?
  6. 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?
  7. 井伊直弼とは何者?英雄・冷酷な独裁者?
  8. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  2. 桓公(かんこう)
  3. 始皇帝
  4. 新選組の土方歳三
  5. 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用
  6. はじめての三国志
  7. kawauso編集長、おとぼけさん、コーノさん、廉さん
  8. 成廉、魏越、呂布
  9. 諸葛恪の栄光と破滅

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした? 酒乱の徳川慶喜
  2. 【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽 関羽千里行 ゆるキャラ
  3. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女
  4. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの? 袁紹と曹操
  5. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  6. 劉岱とはどんな人?優柔不断が死を招いた?英雄の板挟みにあった悲劇の人物 戦う劉岱

三國志雑学

  1. パワハラをする張飛
  2. 夏侯惇
  3. 空箱を受け取る荀彧
  4. 君たちはどう生きるか?劉禅
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三
  2. 黒田官兵衛
  3. 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  4. かぼちゃと孫権
  5. 王翦
  6. 晋の陳寿

おすすめ記事

キングダム45 キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直 呂雉(りょち) 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話 曹操から逃げ回る劉備 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相 黄忠VS夏侯淵 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ導いた法律の番人 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家 孔明 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP