三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?

この記事の所要時間: 259



 

小栗忠順(おぐりただまさ)幕末(ばくまつ)にフランスの支援を受けて軍事力を強化することに成功しました。

天才として注目されていますが、天才であったがゆえに明治新政府に恐れられました。

小栗を逮捕後、取り調べがほとんどないまま処刑されたという

悲劇の人物としても知られています。

 

この記事の前半では小栗が貪欲に海外の知識を得ようとしたきっかけや

富国強兵で実践したことについて取り上げます。

 

後半では新政府軍が江戸城に向けて迫っている中、

撃滅作戦(げきめつさくせん)を提案しますが、採用されませんでした。

撃滅作戦を実行すれば歴史はどのように変わったのかということを取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生

関連記事:徳川慶喜の功績って一体何があるの!?

 

 

知らないことを貪欲に吸収しようとした小栗

小栗忠順

 

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』によれば、

小栗が見たものしか信じなかった要因として、

敵を知るには敵の懐に進めという格言の実践と外国奉行時代に

外国人との交渉経験が豊富だったことを挙げました。

 

しかし、小栗の知らないことを貪欲に吸収しようとした動機として

言及していませんでした。

 

ここでは、小栗が貪欲に知識を吸収するきっかけについて紹介します。

小栗は開国派だった安積艮斎(あづみごんさい)の塾で学びました。

安積の塾で小栗は海外貿易の必要性を学びました。

小栗は幕府の外国奉行の役人に任命されました。

阿部正弘

 

安積は諸外国の事情に明るく、幕府の最高学府・昌平黌(しょうへいこう)の教授を務めていること、

阿部正弘(あべまさひろ)堀田正睦(ほったまさよし)など開国派が老中であったことから

海外に対する問題意識が高かったと考えられます。

 

 

富国強兵を実践しようとした小栗

黒船

 

富国強兵(ふこくきょうへい)を実践するきっかけはポーハタン号で渡米したことであると考えられます。

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』では、

フィラデルフィアでは、日本国内の経済が混乱していたため

交換比率の見直しの交渉をしました。

小栗は小判と金貨の分析実験をもとに主張の正しさを証明しましたが、

比率の改定には至りませんでした。

 

小栗忠順とレオンロッシュ。最後までフランスが幕府を支援していた理由とは?

によれば、横須賀に製鉄所を建設する際、フランス人技術者を中心に招聘しました。

フランスの支援を得られたので、軍事力強化に力を入れます。

具体的には、海軍力強化のため44隻の艦船と大砲や銃を大量に購入しています。

 

幕末のおじゃるズ公家
公家

 

実践されなかった小栗の「官軍撃滅計画」

敗北する旧幕府

 

大政奉還(たいせいほうかん)後、新政府軍と旧幕府軍との間で鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いが起こりました。

この戦いで旧幕府軍は負け、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)恭順策(きょうじゅんさく)を取りました。

一方で、小栗忠順・榎本武揚(えのもとたけあき)らは徹底抗戦を主張しました。

新政府軍が箱根に入ったら迎撃し、榎本武揚の艦隊を駿河湾に突入させて

相手の後続を砲撃で足止めし、箱根で孤立した相手を殲滅するという作戦でした。

 

もし、この作戦が実行されていたらどのように歴史が変わっていたのでしょうか。

新政府軍にいた大村益次郎(おおむらますじろう)はこの作戦を聞いて、実行されれば新政府軍は

全滅していただろうと言っています。

 

幕府を再興する!小栗の深遠な計画があだとなる

小栗忠順

 

小栗忠順は徳川慶喜に対して徹底抗戦を主張しますが、

御役御免となり、幕府から追放されました。

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』によれば、

小栗は栃木県に退きます。小栗の知行地は会津(あいづ)越後(えちご)にも通じていて、

戦争の際、要害となる場所でした。

 

小栗は栃木県に大砲一門・鉄砲二十挺および弾薬を運びこみ、

600両を投じて居館を新築しました。現地の農民を徴発(ちょうはつ)して訓練したと言われています。

徳川の財産を欲しがっていた新政府軍は徳川埋蔵金(とくがわまいぞうきん)に注目します。

 

江戸城無血開城で金庫を見たら何もなかったので、

小栗が武器の運び込みや農民の訓練をしていたことから

埋蔵金を持ち出したのではないかと疑います。

結果、小栗は逮捕されますが、取り調べがほとんどないまま処刑されました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は小栗忠順の貪欲に知識を得ようとする姿勢と

幕府の再興計画について取り上げました。

もし、小栗が明治新政府に加わっていたら

歴史がどのように変わったのか気になります。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?

関連記事:徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?

 

【幕末のエンジニア達】
幕末のエンジニア達

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 土持政照とはどんな人?西郷どんの命の恩人に迫る
  2. 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)…
  3. 東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった!
  4. 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!
  5. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女
  6. 吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説
  7. 吉田松陰留魂録はどんな内容?いつ書かれたの?
  8. 大久保利通紀尾井坂の変は自業自得?斬奸状に記された暗殺の理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析
  2. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?
  3. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの?
  4. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?
  5. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】
  6. 幕末にサソリ固め!来島又兵衛の壮絶なアラフィフ人生

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

残念ながら本当です!三国志赤壁の手柄は99%呉のモノ 月刊はじめての三国志2018年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が載る理由?」 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!? 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます! 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る! 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!

おすすめ記事

  1. 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか?
  2. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  3. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!)
  4. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  5. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  6. 三国志バトル3DRPG『異世界三国志』の予約Top10における事前予約受付をスタート
  7. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  8. 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP