曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

西郷どん

小栗忠順は天才だった?天才であったがゆえに招いた悲劇?

この記事の所要時間: 259



 

小栗忠順(おぐりただまさ)幕末(ばくまつ)にフランスの支援を受けて軍事力を強化することに成功しました。

天才として注目されていますが、天才であったがゆえに明治新政府に恐れられました。

小栗を逮捕後、取り調べがほとんどないまま処刑されたという

悲劇の人物としても知られています。

 

この記事の前半では小栗が貪欲に海外の知識を得ようとしたきっかけや

富国強兵で実践したことについて取り上げます。

 

後半では新政府軍が江戸城に向けて迫っている中、

撃滅作戦(げきめつさくせん)を提案しますが、採用されませんでした。

撃滅作戦を実行すれば歴史はどのように変わったのかということを取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生

関連記事:徳川慶喜の功績って一体何があるの!?

 

 

知らないことを貪欲に吸収しようとした小栗

小栗忠順

 

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』によれば、

小栗が見たものしか信じなかった要因として、

敵を知るには敵の懐に進めという格言の実践と外国奉行時代に

外国人との交渉経験が豊富だったことを挙げました。

 

しかし、小栗の知らないことを貪欲に吸収しようとした動機として

言及していませんでした。

 

ここでは、小栗が貪欲に知識を吸収するきっかけについて紹介します。

小栗は開国派だった安積艮斎(あづみごんさい)の塾で学びました。

安積の塾で小栗は海外貿易の必要性を学びました。

小栗は幕府の外国奉行の役人に任命されました。

阿部正弘

 

安積は諸外国の事情に明るく、幕府の最高学府・昌平黌(しょうへいこう)の教授を務めていること、

阿部正弘(あべまさひろ)堀田正睦(ほったまさよし)など開国派が老中であったことから

海外に対する問題意識が高かったと考えられます。

 

 

富国強兵を実践しようとした小栗

黒船

 

富国強兵(ふこくきょうへい)を実践するきっかけはポーハタン号で渡米したことであると考えられます。

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』では、

フィラデルフィアでは、日本国内の経済が混乱していたため

交換比率の見直しの交渉をしました。

小栗は小判と金貨の分析実験をもとに主張の正しさを証明しましたが、

比率の改定には至りませんでした。

 

小栗忠順とレオンロッシュ。最後までフランスが幕府を支援していた理由とは?

によれば、横須賀に製鉄所を建設する際、フランス人技術者を中心に招聘しました。

フランスの支援を得られたので、軍事力強化に力を入れます。

具体的には、海軍力強化のため44隻の艦船と大砲や銃を大量に購入しています。

 

幕末のおじゃるズ公家
公家

 

実践されなかった小栗の「官軍撃滅計画」

敗北する旧幕府

 

大政奉還(たいせいほうかん)後、新政府軍と旧幕府軍との間で鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いが起こりました。

この戦いで旧幕府軍は負け、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)恭順策(きょうじゅんさく)を取りました。

一方で、小栗忠順・榎本武揚(えのもとたけあき)らは徹底抗戦を主張しました。

新政府軍が箱根に入ったら迎撃し、榎本武揚の艦隊を駿河湾に突入させて

相手の後続を砲撃で足止めし、箱根で孤立した相手を殲滅するという作戦でした。

 

もし、この作戦が実行されていたらどのように歴史が変わっていたのでしょうか。

新政府軍にいた大村益次郎(おおむらますじろう)はこの作戦を聞いて、実行されれば新政府軍は

全滅していただろうと言っています。

 

幕府を再興する!小栗の深遠な計画があだとなる

小栗忠順

 

小栗忠順は徳川慶喜に対して徹底抗戦を主張しますが、

御役御免となり、幕府から追放されました。

小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?』によれば、

小栗は栃木県に退きます。小栗の知行地は会津(あいづ)越後(えちご)にも通じていて、

戦争の際、要害となる場所でした。

 

小栗は栃木県に大砲一門・鉄砲二十挺および弾薬を運びこみ、

600両を投じて居館を新築しました。現地の農民を徴発(ちょうはつ)して訓練したと言われています。

徳川の財産を欲しがっていた新政府軍は徳川埋蔵金(とくがわまいぞうきん)に注目します。

 

江戸城無血開城で金庫を見たら何もなかったので、

小栗が武器の運び込みや農民の訓練をしていたことから

埋蔵金を持ち出したのではないかと疑います。

結果、小栗は逮捕されますが、取り調べがほとんどないまま処刑されました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は小栗忠順の貪欲に知識を得ようとする姿勢と

幕府の再興計画について取り上げました。

もし、小栗が明治新政府に加わっていたら

歴史がどのように変わったのか気になります。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?

関連記事:徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?

 

【幕末のエンジニア達】
幕末のエンジニア達

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる
  2. 西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想
  3. 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?
  4. 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは?…
  5. 【ざっくり解説】開国と攘夷って一体どういう思想なの?
  6. 阿部正弘は大奥でモテモテ、それって史実どおりなの?
  7. 天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離
  8. 篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  2. 三国志の時代に象兵はいたの?
  3. 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族
  4. 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策
  5. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  6. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!? Webサイトリニューアルのお知らせ 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった! 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】 もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの? 儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

おすすめ記事

  1. 【3000文字でわかる】!禁門の変(蛤御門の変)をすっきり解説
  2. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  3. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  4. 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志
  5. 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  6. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  7. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計
  8. 何で日本人は三国志が好きなの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP