キングダム




はじめての三国志

menu

西郷どん

桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実

この記事の所要時間: 340




桂小五郎

 

長州藩士で幕末三傑のひとりに数えられる桂小五郎(かつらこごろう)木戸孝允(きどたかよし))は京都潜伏中に、

妻となる女性、幾松(いくまつ)と出会いました。

 

そして、幾松にほれ込んだ桂小五郎は幾松を身請けしようとしますがそのときライバルがいました。

そのライバルを蹴落とすため、桂小五郎はとんでもない方法を使います。

そして、幾松は身請けされ、桂小五郎の最も苦難の時代を支えるのです。

 

今回は、桂小五郎と幾松、

のちに妻となる木戸松子の出会いと結婚生活の恋愛エピソードを調べてみました。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは?

関連記事:桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は??

 

 

料亭の芸奴「幾松」と桂小五郎の出会い

桂小五郎の出会い

 

桂小五郎は京都で活動しているときに幾松に出会います

幾松は才色兼備の芸妓として人気があり、「幾松」という名も先代の名を継いだものです。

 

桂小五郎は幾松を身請けしようとしますが、

そのときに幾松に入れあげているのは桂小五郎だけではなかったのです。

 

山科(やましな)の豪商が桂小五郎に張り合います。

双方で相当なお金をつぎ込みますが、とうとう桂小五郎は切れたのでしょう。

 

長州藩士で、後に初代総理大臣となる伊藤博文(いとうひろぶみ)に刀を抜いて脅させたのです。

これで、桂小五郎は幾松を身請けしたのです。

 

 

志士・桂小五郎の妻は命がけ!

新選組

 

長州藩でも過激な攘夷思想をもっていた桂小五郎は、

京都で新撰組をはじめ幕府側の治安組織に狙われまくります。

 

桂小五郎はそのため、乞食、商人、女装など、変装して追手を逃れます。

幾松は、乞食の変装で逃げていた桂小五郎におにぎりなどの差し入れをいれていました。

泥棒

 

新撰組は当然、幾松と桂小五郎の関係を知っていますので、

幾松を連行し、桂小五郎の潜伏先を聞き出そうとします。

幕府の追及も厳しくなってきており、桂小五郎は丹波の国の出石に潜伏先を変えます。

 

そして、幾松への監視は更に厳しいものとなり、

長州藩士らの助けによって対馬藩の屋敷にかくまわれていました。

新選組

 

幾松は会津藩士の取調べをしていた男に襲われそうになり、

三味線を叩きつけて対馬藩邸に逃げてきたという逸話を伊藤博文が残しています。

 

その後、これ以上京都にいるは危険だとして、幾松も下関に潜伏することになります。

ふたりが再び出会うのは明治新政府が幕府を倒してからでした

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

ようやく入籍!幾松に惚れ込んだ木戸孝允(桂小五郎)の溺愛ぶりがすごすぎる!

木戸松子Wikipedia

(画像:木戸松子Wikipedia)

 

桂小五郎と幾松が結婚した時期については確かな史料は残っていませんが、

明治元年に桂小五郎は実家のある萩に幾松をつれていっています。

このあたりで正式に入籍していたとする説が有力です。

 

幾松の身分や桂小五郎が多忙を極めたことで、

正式な入籍が遅れたという説がありますが、実際のところはよく分かっていません。

 

木戸松子(きどまつこ)となった幾松には洋装の明治に入ってからの写真があります。

美人です。時代を超えた凛とした感じの美貌の妻です。

 

これだけの美しい妻ですから木戸孝允と名乗るようになった桂小五郎にとっても自慢の妻で、

ダイヤモンドの指輪を買い与えたり、夫婦で海外旅行に出かける計画も立てていたといいます。

この計画は木戸孝允は旅行に行く前に病死してしまい、実現できませんでしたが。

 

このような木戸孝允の妻への溺愛ぶりは、彼が残した日記に書かれていることです。

木戸孝允は、日記に妻との生活のことかなり書きのこしています。相当に惚れこんでいたのでしょう。

 

木戸孝允の急逝・その後の幾松(木戸松子)は?

 

木戸孝允は西南戦争が起きた年に持病が悪化し亡くなります

酒が好きで過度の飲酒により肝臓障害によって亡くなったのではないかと言われています。

 

木戸孝允は今わの際に「西郷もいいかげんにしないか」と

西南戦争の首魁となった西郷隆盛(さいごうたかもり)を叱責するかのような言葉を残しました。

満43歳での死でした。

 

残された木戸松子は、仏門に入り名前を「翠香院(すいこういん)」とします。

その後は二人が出会った京都に住居を移し、

木戸が生きているときに養子とした忠太郎(ちゅうたろう)を育てつつ、夫の墓前を守る生活を送ったのです

そして、木戸の死後9年、木戸松子も夫の待つ世界へと旅立ちました。享年44歳でした。

 

幕末ライター夜食の独り言

幕末ライター夜食の独り言

 

維新三傑の一人で、最もバランス感覚があったと評されるのが木戸孝允です。

長州出身でありながら薩長中心で作られていく明治政府に苦言を呈していました。

もっと広く人材を登用すべきだということです。

 

先を見通す能力では特に傑出していたといいます。

幕府に追われている京都で出会い、

逃亡、潜伏する木戸孝允(当時、桂小五郎)を支え続け守った幾松もまた女傑でした

 

もし、彼が別の女性を選んでいたら、

また身請けができなかったらどうなっていたかなと考えてしまいます。

 

それだけ、幾松、妻となった木戸松子は木戸孝允にとっても

大きな存在であったのではないでしょうか。

維新三傑のひとり木戸孝允は、女性を見通す目も確かだったのでしょう。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人

関連記事:伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性…
  2. 橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だ…
  3. 中村半次郎(桐野利秋)はどんな人?本当は冷血な人斬りではなかった…
  4. 勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々!
  5. 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった?
  6. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  7. 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を…
  8. 島津豊久と島津斉彬はどんな関係?豊久と斉彬の共通点も紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将
  2. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女
  3. 三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義
  4. 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉
  5. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 【8月の見どころ】8/23は諸葛亮の命日、五丈原を様々な角度から解説予定 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛 【ネタバレ注意】キングダム542話 楔 レビュー&今後予想 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの? 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!? 2017年はじめてのストライキ宣言文 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観
  2. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  3. 陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析
  4. キングダムネタバレ最新573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー
  5. 卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説】
  6. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  7. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  8. 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP