英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

中国人のオシャレアイテム冠の歴史を語ろう

始皇帝(キングダム)




杜甫

 

詩聖・杜甫(とほ)の「春望」は日本人でも知らない人はいないほどの名作です。

中学校の国語の教科書には必ずと言っていいほど掲載されていますよね。

 

その「春望」の最後は

「白頭掻かけば更に短く、渾べて簪に勝えざらんと欲す」

という言葉で締めくくられています。

 

白髪頭をかけば指に髪が絡むほど抜け毛が酷く

、かんざしも挿せないほど髪が薄くなってしまった。

髪が白くなった上に禿げてしまうほどの心労…。

 

想像しただけで胸が苦しくなりますよね。

でも、当時の人たちはこの聯を読んで私たち以上に胸を痛めたことでしょう。

なぜなら、簪を挿せないということは、冠もまともにかぶれないということだからです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは?

関連記事:関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!

 

 

なぜ皆冠をかぶっていたのか?

袁術

 

「弱冠」という言葉があるように、男子は成人すると冠をかぶることが『礼記』に記されています

特に、儒教が国教として採用された漢代以後は猫も杓子も冠をかぶって歩くようになりました。

 

 

どんな冠があったのか?

どんな冠があったのか?

 

冠には様々な種類があります。

庶民が身につけていた布でできた(きん)

 

ただし、位の高い人たちでもオフのときはこれを身につけて家で寛いでいたと言います。
黄巾の乱で暴れまわった賊も黄色の巾を身につけていたと言われていますよね、

 

そして、(かん)

普段、士大夫が身につけている、金属でできた冠でした。

士大夫が一般人に格の違いを見せつけられるアイテムですね。

 

簪を挿して髪にしっかり固定することでかぶれる冠ですから、髪の毛が薄いとうまくかぶれません。

そのため、杜甫は髪が薄くなって冠がまともにかぶれないと嘆いていたのです。

 

祭事があるとき、士大夫は(べん)という動物の皮でつくられた冠をかぶります。

ちなみに、皇帝は普段この弁を身につけていました。

皮は鹿のものが多かったようです。

装飾の無い地味なものから、宝飾品を綺麗にあしらった豪華絢爛なものまで

様々なものがあったようです。

始皇帝

 

最後に、皇帝をはじめとする身分の高い人だけが身につけることを許された(べん)

前と後に簾のようなものが垂れているあの冠です。

簾の数は何やら決まりがあるようで、皇帝の冕には最高で前後に12本ずつ簾がついています。

本当に特別なときにしかかぶらない冠だったそう。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

冠をかぶらないのはズボンをはかないのと同じ

禰衡

 

三国時代の隠者に焦先という人物がいました。

彼は戦乱を避けて山に棲むようになり、草で編んだ粗末な衣服を身につけて冠もかぶらず、

亡くなった人を埋葬して暮らしていました。

 

そんな彼を人々は気味悪がりますが、焦先はお構いなし。

 

ところが、そんな焦先が避けるものがあったのです。

それは女性。

 

冠をかぶらずに女性の前に出るということは、

股間を女性に晒すのと同じくらい恥ずかしいことだったようです。

 

世捨て人でさえ恥ずかしいのですから、一般人ならいわんやをやですよね。

 

冠文化は清朝に終焉を迎えた

辮髪

 

漢民族の成人男子の誇りの象徴ともいえる冠ですが、その伝統は清朝に終焉を迎えます。

清朝は女真族という異民族王朝。

 

彼らは漢化政策をとって自ら漢民族に歩み寄りましたが、

一方で漢民族に自らの文化を押し付けるという政策もとります。

 

その1つが薙髪令です。

漢民族の誇りともいえる髪を頭頂部を残して全て剃り上げ辮髪にするように命じたのでした。

辮髪とは『キン肉マン』に出てくるラーメンマンの髪型です。

 

これには人々も猛反発。

そんなことをしたら冠どころか簪も挿さらない!

そもそも親からもらった髪を傷つけるなんて不孝!

ギャースカギャースカ喚き散らす漢民族。

三国志モブ

 

ところが、儒教?何それおいしいの? といった具合の女真族は聞く耳を持ちません。

何でこいつらこんなに騒いでるんだ? とイラついた女真族はついにブチギレ。

 

「頭を残したければ髪を残すな! 髪を残すなら頭を残さないぞ!」

 

こうして漢民族は辮髪にせざるを得なくなり、冠文化に幕を閉じたのでした。

女真族にとっては髪を残すと兜をかぶったときに蒸れて気持ち悪いでしょ?

くらいのものだったのに、思わぬ猛反発が起こってびっくりしたでしょうね。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏

関連記事:劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 袁紹が得意とした坑道戦とは?
  2. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  3. 現実主義曹操 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  4. 顔良と文醜 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  5. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  6. オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義…
  7. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  8. 孫権に煽られて憤死する陸遜 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 光武帝 三国志
  2. 曹操と夏侯惇
  3. 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 孔子と儒教

おすすめ記事

  1. 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった? 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  2. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  3. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  4. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?
  5. 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権
  6. 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性 王元姫

三國志雑学

  1. 郭嘉の本
  2. 異民族に好かれる董卓
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 法正

おすすめ記事

江藤新平の功績を知ろう「この国のかたち」 キングダム53巻 キングダム591話ネタバレ雑学「秦の家庭は核家族だった」 旅馬 三国志 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 船冒険する諸葛直 船 三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!? 韓当(かんとう) 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP