ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

儒教(儒家)ってどんな思想?知るともっとキングダムも理解できる?

孔子と儒教


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

春秋戦国時代、諸子百家と呼ばれるさまざまな思想が生まれましたが、

その中でも特に重要な思想と言えば、儒教(儒家)でしょう。

 

儒教は中国のみならず、東アジア全域に多大な影響を与え、創始から2000年以上経った現代にも、その影響は続いています。

日本にも伝来し、後の学問にも大きな影響を与えています。

 

はたして儒教とは、一体どんな教えなのでしょうか?


戦乱が生み出した儒教

 

儒教の始祖である孔丘=孔子(「子」は尊称で、「先生」の意味)が生まれたのは紀元前552年、

その頃の中国は春秋時代と呼ばれる時代の中にありました。

 

春秋時代と、それに続く戦国時代は数多の列強が覇を競って戦った戦乱の時代でした。

諸侯は武力によってその力を誇る「覇道」に従い、

実力ある者が目上の者を蹴落として成り上がる実力主義が横行していました。

 

春秋戦国時代以前、周という国が覇権を握った時代には、身分制度に基づいて秩序だった社会が営まれていました。

しかし、その周の勢力が衰えて春秋戦国の時代になると、その時代の秩序はどんどんと失われていったのです。

 

そんな時代にあって、孔子は周の時代の古き良き社会の復活を理想とし、身分制度による秩序と、支配者が徳を持って社会を支配する仁道政治を掲げました。

儒教は長く続いた戦乱の時代に倦んだ人々が、戦乱によって乱れた社会秩序の復活を望んだことで生まれた教えといえるかもしれません。

 

関連記事:【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王


五常によって五倫を維持する?

 

儒教の教えの基本に『五常』と呼ばれる5つの徳性があります。

 

仁:人を思いやること

義:私利私欲に囚われずに、己のなすべきことをなすこと

礼:仁を具体的な行動として体現すること。後には特に人間の上下関係で守るべきこと

智:学問に励むこと

信:ウソをつかないこと、約束を守ること、誠実であること

 

この五常を守り広めることで、五倫(個人と他者や社会との関係。父と子、君臣、夫婦、長幼、友情)と呼ばれる関係性を守り維持すること。

これが儒教の目的とするところでした。

 

春秋戦国時代末期、全土統一を果たした秦の始皇帝は法治主義を唱える法家の思想を重んじ、

他の思想活動を厳しく弾圧、儒教もその例外ではなく、その教えを説く者を生き埋めにし、その教えを記した書物を焼き払う『焚書坑儒』が行われました。

 

しかし、漢の時代に入ると儒教の価値は見直され、武帝が儒教を学問の正統として、五経博士という役職を起きました。

以降、儒教は中国思想・宗教の中心的な考え方としてその影響力をアジア全域に広めたのでした。


儒教がもたらした悪影響……外戚の問題

 

秩序ある理想社会の実現を目指して創始された儒教でしたが、それが社会にもたらしたものは、良い影響ばかりではありませんでした。

 

中国では古来から、先祖崇拝に基づく家父長制度が社会の基板とされてきました。

先祖を祀ることを「孝」と呼びましたが、儒教を信奉する者はこの「孝」を徳のひとつとし、家庭において子が親に尽くすことを説きました。

現代でも使われる「親孝行」は、この「孝」の教えよりきています。

 

儒教が広まることにより、「孝」の考え方も一般化していきましたが、そのことが政治に思わぬ悪影響を与えました。

それが外戚の問題です。

 

外戚とは、皇帝、または王の母親や、妃の一族を意味します。

 

「孝」の教えによれば、皇帝や王といった人の上に立つ君主は、

人民の模範になるよう進んで母親やその親族に「孝」を尽くすべきだとされていました。

 

その結果、皇帝が過剰に母方や妃の親類を重用する風潮が生まれました。

 

外戚たちは政治面でも権限を与えられてしまい、彼らが好き放題をした挙句、世の中が乱れるという事態が度々繰り返されました。

 

漢王朝の末期、宮廷内部では、権力を得た外戚と、

同じく宮中にあって政治的権力を得ていた宦官(去勢した男性の役人、主に皇帝の後宮に仕えた)と呼ばれる者たちが争っていました。

政治は乱れて民衆は飢え苦しみ、最終的にそれは黄巾の乱を引き起こす原因となってしまいます。

 

関連記事:宦官VS外戚の争い

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

関連記事:十常侍ってなんぞや?

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

 

 

また、三国時代には儒教の教えを嫌い、新しい思想の道を模索する者たちも現れました。

彼らは老子や荘子といった道家の教えを信奉し、世俗を超越した哲学的な議論を好みました。

その学問は玄学と、その議論は清談と呼ばれました。清談をよくした人物として「竹林の七賢」が知られています。

 

関連記事:白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語

関連記事:曹家の文才「三曹七子」って何?

関連記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

 

 

再評価が進む儒教

 

中華人民共和国の成立以後、儒教は文化大革命において社会共産主義による革命に対する反動思想として徹底的な弾圧を受けました。

中華人民共和国を建国し毛沢東は、儒教を痛烈に批判した曹操を好み、三国志を愛読していたと言われています。

 

しかし21世紀に入り、中国では儒教の再評価の熱が高まり、2005年以降、孔子の生誕祭が国家事業として執り行われるようになっています。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

 

【THE奇人・変人三国志よりイッてる人々】
春秋左氏伝

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 敵対勢力を殺害する賈南風 賈充の娘である賈南風はドン引きするほどの悪女だった
  2. はじめての三国志 画像準備中 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗…
  3. 曹操から逃げ回る劉備 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!…
  4. 病気がちな孔明 諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?
  5. 衝立の向こうから周瑜と話をしている孔明と魯粛に悪態をつく小喬 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん
  6. 陸遜 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格
  7. 陸遜 徐盛の意見に陸遜はどうして賛成しなかったの?劉備を討ち取らなかっ…
  8. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 陸遜
  3. 劉虞
  4. 水時計
  5. 劉備
  6. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

  1. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説 鄧艾
  2. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族 夏侯覇の妻は誰?
  3. 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何? 張角逝く
  4. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将 夏侯覇
  5. 明智光秀が保護した延暦寺とは?明智光秀が延暦寺を保護した理由 お茶を楽しむ明智光秀
  6. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖

三國志雑学

  1. 合肥の戦いの満寵
  2. 劉禅に気に入られる黄皓
  3. 合肥の戦いで痛い目にあった孫権
  4. 孫権と張昭
  5. 蔣琬(しょうえん)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 于禁
  2. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  3. 貂蝉
  4. 野球をする呂布、孔明、劉備

おすすめ記事

どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの? ペリーは蒸気船の父!アメリカ海軍近代化プロジェクトX 林冲(水滸伝) 林冲の性格は三国志演義の張飛にそっくり!林冲の性格を分かりやすく解説 眠る董卓 なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由 呉蜀赤壁の戦い 赤壁の戦いは計略の宝庫 孫堅逝く 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期 曹操の曽祖父曹萌が気前良すぎて逆に怪しすぎる! 武田信玄と徳川家康 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP