三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?

孫権 冠
この記事の所要時間: 239




孫権 冠

 

三国志の時代の人々は、外出時には、必ず冠を被って歩いていました。

お役人ばかりではなく、一般人も巾と呼ばれる布製の冠を常用いています。

 

これは、中々伝統のある習慣で紀元前11世紀の周の時代には、

制度化されていたといいます。

 

では、当時の人々が被っていた冠には、どんな種類があったのでしょうか?

ちょっと勉強してみましょう。




・冕(べん)

袁紹&袁術

 

皇帝から卿大夫以上の人々が被っていました。

あの四角い冠に細長い板が載って硝子や

宝石がスダレのように垂れ下がっているアレです。

重大な儀式がある時にのみ、これを被っていたようです。




・弁(べん)

皇帝から、士と呼ばれた下級役人までが被りました。

鹿の皮などで造られた帽子状のもので、

身分により宝石などを縦に並べて飾った豪華なものもありました。

こちらは、一般の儀式で被られたようです。

 

 

・冠(かん)

劉邦 竹 冠

 

金属製の冠で、行事がない一般の時に被っていました。

こちらも士が被っていたので庶民と士大夫を区別する

重要なステイタスシンボルでした。

 

余談ですが、漢の高祖劉邦(りゅうほう)は、

幼馴染の䔥何(しょうか)の口利きで、

沛県の亭長という現在の区長レベルの仕事に就きました。

 

劉邦は、「いよいよ、俺も士大夫になった」と威張りますが

お金がないので金属の冠を造る事が出来ません。

そこで、自分で竹を加工して冠を造って被っていました。

しかし、周囲は皆、劉邦の竹の冠を見て大笑いをします。

気分を害した劉邦は思いました。

 

(俺が天下を取ったら、皆が竹の冠を羨むようにしてやる)

 

後に劉邦は天下を取った時に、三公以下には竹の冠を被る事を

厳禁にしました。

 

これは劉氏冠と呼ばれ、士大夫が皆羨む冠になったのです。

 

 

・巾(きん)

黄巾装着

 

巾は、一般庶民が被っていたもので、

布製のハチマキのようなものだったようです。

ただ、そんな庶民も行事がある時には冠を被りました。

 

何で被りたがるの?

霊帝 無能

 

漢民族は、儒教の影響で身体に刃物を入れるのを

親からもらった肉体に傷をつける行為と嫌いました。

 

そこで、髪さえ切らず、頭髪は頭のてっぺんで結いあげて

布で包んでから、そこに簪を刺し、

その上から、巾やら、冠やら、弁やらを被っていたのです。

 

良くできたもので、弁や、冠には、簪を通す穴が空いていて、

ここから、簪を刺す事で、顎紐を用いなくても冠を固定できたようです。

 

また、冠を被らずに外を歩く事は、

裸で人前を通る程に恥ずかしい事と考えられていて、

正史三国志の「魏略」には、

焦先(しょうせん)という賢者がいて草を編んでズボンにしていたが、

冠を被っていなかったので、道で婦人に会うと、こそこそ隠れて、

頭を抑えて婦人が通り過ぎるのを待ったそうです。

 

記述を読むと、焦先は奇抜な服を着た奇人のようですが、

それでも冠を被っていない事が恥ずかしく、こそこそと

逃げるように通りを歩いていたのですね。

 

 

冠を被る習慣がなくなったのはいつ頃なの?

あざな 三国志 習字

 

中国の冠文化は、17世紀前半の明の滅亡までは存続しますが、

満洲族の清朝が建国すると、髷を結わず、辮髪の満洲族の習俗が

一般化して、冠を被る習慣は消えていきます。

 

満洲族は、陣笠のような被りモノに羽や宝石を散りばめた

ものを正装にしたので、冠は要らなかったのです。

 

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 飛信隊 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  2. 始皇帝 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行…
  3. 週間まとめ三国志 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/2…
  4. 袁紹が宦官を惨殺に行く 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  5. 三国志平話 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  6. photo credit: SMC Takumar 50mm f1.4 via photopin (license) 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人…
  7. 曹操 まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄…
  8. 曹操 ほめ上手 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 世界情勢
  2. 武田勝頼 wikipedia
  3. 宴会マナー 酒
  4. 真田丸
  5. 水滸伝
  6. 孔明
  7. 郭嘉
  8. 烏桓
  9. 周瑜くやしい 呉
  10. photo credit: Monday colors for my friends via photopin (license)

おすすめ記事

  1. 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人 馬場信春 wiki
  2. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! 劉備
  3. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相 管仲(衣食なして礼節を知る)
  4. 三国志って何?はじめての人向け 三国志っておいしいの
  5. 21話:汜水関の戦いの功労者 関羽VS華雄完成
  6. 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介 光武帝

三國志雑学

  1. photo credit: Smoke art - Lemon lime via photopin (license)
  2. 曹操
  3. 朝まで三国志
  4. 三国志演技 三国志正史
  5. 三国志クイズ

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 関羽 死
  3. 頴娃 おとぼけ
  4. 烏桓
  5. 曹丕 残忍
  6. 朝まで三国志
  7. 陸遜
  8. 曹操 船酔い

おすすめ記事

おんな城主03b 今川義元セリフあり 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る! 3fes2015_Main-Visual 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう! photo credit: A dreamy pair via photopin (license) 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人 photo credit: orchid bloom via photopin (license) 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達? SWITCHインタビュー 達人達(たち)「原泰久×シブサワ・コウ」 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発 山本勘助 wiki 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎 小帝 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる 三国志タクティクスデルタ 引用 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム?

おすすめ記事

  1. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2 photo credit: Getting closer via photopin (license)
  2. 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能 荀攸
  3. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い? 馬
  4. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! 竹 f
  5. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】 仙人を演じる少年
  6. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】 海音寺潮五郎
  7. 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの? 孫権 劉備 対立
  8. はじめての三国志 4コマ劇場 その1 三国志 4コマ 曹操 1

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP