キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる…

この記事の所要時間: 325




檻に入れられる罪人

 

「将来食いっぱぐれそうになったら刑務所入ろ」

なんて言っている人は身近にいませんか?

 

彼らの本気度がいかほどのものかは測りかねますが、

事実、生活に困って万引きなどをしてわざと捕まり、

刑務所に入ってご飯にありついているという人は少なくないみたいです。

 

どうやら最近の刑務所はご飯が食べられるということ以外にも

たくさんのメリットがあるようです。

 

冬でもあたたかい部屋で寝起きできますし、病気になればタダでお医者さんに診てもらえます。

そしてどうやら新しい刑務所では個室も完備されているのだとか…!

これは将来…おっとこれ以上は言いませんよ!

 

ところで、古代中国の牢獄はどのようなところだったのでしょうか?

少なくとも今の刑務所よりも居心地が悪かったことは確かでしょうが…。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

関連記事:曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図

 

 

夏の時代に牢獄がつくられた

檻

 

中国の歴史を読んでいると、偉い人の気に障ることをした人は

必ずと言っていいほど死刑になるか牢獄にぶち込まれるかしていますよね。

 

中国史において数えきれないほどの人が放り込まれた牢獄ですが、

その歴史は伝説の夏王朝から始まります

 

夏王朝を興した()の子・(けい)は、中国史上初めて実の親から天子の位を譲り受けた人物です。

そしてこの啓は、中国史上初めて牢獄を作った人物でもあります。

 

彼が創り出した牢獄は「釣台」もしくは「夏台」と呼ばれています。

この「釣台」、実はそれらしき遺跡が発掘されているのです…!

 

その遺跡は河南省禹州市にあります。

「台」というくらいですから、

小高い丘の上に建てられた監獄をイメージしてしまいそうですが、

写真を見る限り牢獄自体は地面を掘って作られていたみたいです。

 

そしてこの牢獄、別名「圜土」とも呼ばれているのですが、

この名前から類推するに、当時の牢獄の形は円形だったようです。

 

中には地上に円形の壁を築いて作られた牢獄もあったのだとか。

角をつくるとよじ登って脱出しやすくなるため、それを防ごうと考えたのでしょうか。

 

ちなみにこの「釣台」には後に殷王朝を興す湯王が夏の桀王によって

収監されていたことがあるそうです。

 

 

なぜかほとんどの文献に牢獄の詳細は書かれていない

書籍

 

夏王朝以降も殷王朝には「羑里」、周王朝には「囹圄」という牢獄があったとされていますが、

これらは全て「圜土」に分類されるものだったようです。

 

しかし、秦以降の牢獄がどのようなところであったのかは、

どの文献を当たってみても見つけることができません。

 

秦以降に牢獄は無くなったのでしょうか?

いえいえ、もしそうならば、史書の投獄シーンだって無くなるはずです。

 

そのため、一応牢獄は存在していたと考えるべきでしょう。

それでも、その存在の詳細が明かされていないのは、

もしかすると牢獄の存在は王朝にとって隠しておきたいものだったからかもしれません

 

「法」の力で国を治めていた秦はともかく、

以降の王朝は主君すなわち天子の「徳」によって人民を治めるというのが基本スタンスでした。

 

そのため、天子は罪を犯した人民をも、

その「徳」で感化して更生させるべきだと考えられていたはずです。

 

それなのに、「法」の権化ともいえる牢獄の存在を堂々と明かしてしまえば、

天子の力量不足が疑われてしまうでしょう。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

そもそも牢獄って感じではなかった…?

洛陽

 

天子たちのメンツを保つためにその存在にモヤがかけられているらしい牢獄。

でも実際に罪人は牢獄に送られていたという記述がありますから、

牢獄は間違いなく存在していたはずです。

 

しかし、そもそも我々が想像している牢獄とその当時の牢獄とはちょっと違うのではないか…?

という説もあるようです。

 

飯尾秀幸(イイオヒデユキ)「秦・前漢初期における里の内と外――牢獄成立前史――」によれば、

どうやら前漢時代には牢獄という施設は存在せず、

罪人は里の外側に住まわされただけであったようなのです。

 

昼は里内であらゆる雑役をこなすことを課せられ、夜は里の外側で暮らしていただけで、

ずーっと狭い部屋に住まわされていたわけではないっぽい当時の囚人たち。

 

しかも、中には里の中の人と結婚する囚人もいたのだとか…!

今でも獄中結婚はありますが、その当時の獄中結婚は昼間であればいつでも会えるということで

今よりもずっと敷居が低そうです。

 

三国志ライター chopsticksの独り言

chopsticksの独り言

 

しかし、昼間だけ会える旦那は常に真っ赤な服を着ており、額には罪名などが彫られていた模様。

う~ん、昼間はけっこう自由でも、額に恥ずかしい入れ墨が彫られているんじゃ

むしろずっと牢獄に閉じこもっていた方がましなような気がします…。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉

関連記事:三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いら…
  2. 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道)
  3. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…
  4. 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編
  5. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!…
  6. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  7. 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はか…
  8. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の厳顔

おすすめ記事

  1. 三国夢幻演義 龍の少年 第4話「地獄の淵で」配信日が決定しました
  2. 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?
  3. 全世界3000万DLを突破!本格戦略ゲーム『三国天武』の魅力と攻略のコツ
  4. まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓
  5. 【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」の魅力をたっぷりご紹介
  6. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

三國志雑学

  1. 亡くなる孫堅
  2. 韓非の本を熟読して感銘を受ける政
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは? 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの? kawauso編集長のぼやきVol.27「真似は大事」 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ 古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった!

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」
  2. 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス
  3. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その2「龍の目覚め」
  4. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由
  5. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  6. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部
  8. 【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP