三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

ペリーと黒船常識。ウソ?ホント?




黒船

 

歴史は小説やドラマなど題材となることが多いことから、

フィクションと事実がごちゃごちゃになってしまうことが多いですね。

 

また、歴史の研究では、真事実が発見されるなどで、

今まで教科書で教えていた内容が変わってしまうこともあります。

 

ペリーの黒船についても、一般に思っている「常識」が実は「ウソ」であったりすることがあります。

今回は、ペリーの黒船についてのウソと本当のことについて、解説していきます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る

関連記事:ペリーは蒸気船の父!アメリカ海軍近代化プロジェクトX

 

 

【黒船のウソ1】黒船はペリー艦隊のみではない

ペリー艦隊

 

今の日本人が「黒船」と聞けば「ペリーの黒船」のことを思い出すと思います。

黒船とはペリー艦隊の軍船のことであると思っている人は多いのではないでしょうか。

「ペリーの黒船の来航によって日本は開国しました」という記述になんの違和感も感じないでしょう。

 

実は「黒船」と呼ばれるのは大型の西洋式航洋船のことで、江戸時代以前から、

日本にやって来ていたこの種の船の「総称」のようなものです。

 

確かに、ペリー艦隊の軍船も「黒船」ではありますが、ペリー艦隊の軍船「だけ」が

黒船と呼ばれたわけではありません。

 

戦国時代から豊臣秀吉の時代に、盛んに日本にやってきた西洋の大型帆船も「黒船」と呼ばれており、

ペリー艦隊もその一種として「黒船」と呼ばれているのです。

 

船体の黒は防水のために塗りこまれたタールの色です。

ただ、蒸気船が日本にやってきたのは、ペリー艦隊が初めてのことになります

 

 

【黒船のウソ2】黒船は鉄では無かった

イギリスの船

 

ペリー艦隊というと、当時最新鋭の巨大船で「黒船」と言う言葉から「黒金(鉄)」を結びつけ、

鉄製の軍船であったと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

ペリー艦隊の4隻の軍船は全て木造であり、鉄製の船ではありませんでした

その当時は丁度、木製軍艦に鉄板を貼り付けた船や、全鉄製の船などの建造も進んでいる

過渡期ともいえる時期でもあり、普通に木造軍船も艦隊の主戦力として運用されていたのです。

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

【黒船のウソ3】蒸気船は2隻だけ実はショボかったペリー艦隊

蒸気船は2隻だけ実はショボかったペリー艦隊

 

ペリー来航の際の狂歌に

「泰平の眠りを覚ます上喜撰たった四杯で夜も眠れず」

という有名なものがあります。

 

「上喜撰」とは高級なお茶(お茶にはカフェインが入っています)で、

そのお茶を四杯飲んだら眠れなくなってしまったという狂歌です。

 

「上喜撰」を「蒸気船」に掛けたもので、この歌が有名なせいか、

ペリーの船は全て蒸気船であったのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ペリー艦隊の4隻のうち蒸気機関を搭載した船は2隻で

旗艦のサスケハナとミシシッピだけです。残りの サラトガ 、プリマスは帆装船です。

 

ペリーは日本に対する威圧のために4隻の蒸気船を要求しましたが、

アメリカ政府は2隻しか許可しませんでした。予算の問題がそこにはあったのです。

 

蒸気船は、アメリカにとってもまだ貴重だったのです

 

しかし、蒸気船の来航は日本にとって初めてあり、それだけ強烈な印象を日本に残しました。

その結果、ペリー艦隊の全てが蒸気船であったという思い込みが今でも残っているのかもしれません。

 

【黒船のウソ4】浦賀に来たアメリカ人はペリーが最初じゃない!

ジェイムズ・ビドルWikipedia

(画像:ジェイムズ・ビドルWikipedia)

 

ペリー艦隊が浦賀に来航する7年前に、アメリカ船が浦賀にやってきていました。

浦賀にやって来たアメリカ人は、ペリーが最初ではなかったのです

 

ペリーの前にやって来たのは、ジェームズ・ビドルの率いるアメリカ船2隻です。

ビドルは本来、清に駐在していた公使に、

日本との開国交渉を開始する命令書を送りに来たのですが、公使が病気になっていました。

 

そのため、ビドル自身が日本と交渉を行うことになり、彼は日本に向かいます。

浦賀に来航し、日本と条約を結びたい旨を伝えました。数日待たされ、幕府の役人がやってきて、

ビドルの船に乗船します。その間、ビドルの艦隊は日本船に取り囲まれていました。

 

乗船した幕府の役人がビドルをぶん殴り、刀を抜くと言う事態までいきましたが、

これは日本側が謝罪して事なきを得ました。

 

ビドルは、日本の開国、条約締結を要求しますが、幕府は交渉を拒否します。

幕府はビドルに長崎に回航するようにと型どおりの返答をしました。

ビドルはそのまま交渉を諦め浦賀から出て行き、それ以上、日本との交渉は行いませんでした。

 

【黒船のウソ5】幕府も庶民も黒船を怖れてはいなかった

江戸

 

江戸の一般庶民は、江戸湾に現れたペリー艦隊、

いわゆる黒船を恐れてパニックになったと思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、全くそんなことはありませんでした。

確かにいきなり巨大な船が煙を吹いて現れたのですから『驚き」はしたでしょうが、

恐怖やパニックとは全く無縁でした。

 

そもそも「泰平の眠りを覚ます上喜撰たった四杯で夜も眠れず」という狂歌も

「上喜撰」=「蒸気船」と書いているように船が蒸気で動いているというメカニズムを

日本人は理解していたということです。

その証拠に幕府は幕府は再三「異国船見物禁止令」を出しています。

 

浦賀は黒船見物人が集まり、一大観光地かイベント会場のようになってしまっていました。

浦賀には屋台まで出てくると言う始末でした。

 

幕府が再三この禁止令を出していると言うことは、庶民が幕府の禁令に関係なく、

黒船見物に殺到したという証拠です。

 

中には船に乗って黒船に接近する江戸庶民もいました

そんな日本人を見て、ペリーは日本人に対し、

他の非西洋諸国と違う何かを感じたのかもしれません。

 

【黒船のウソ6】艦砲射撃より江戸湾を占拠される兵糧攻めを怖れた

江戸湾を占拠される

 

江戸幕府がペリーの黒船を恐れたのは、艦砲射撃で江戸の町が焼かれることよりも、

江戸湾が封鎖され、江戸の物流が止まってしまうことでした。

 

当時100万人を超える世界一の巨大都市となっていた江戸は大消費地であり、

その物流は海運と、運河、河川を利用した物が中心となっています。

 

浦賀は、東側に千葉県の富津岬が突き出しており、東京湾の中でも最も狭い場所になっています。

ここを四隻の軍船で封鎖されれば、江戸の物流は止まり、経済的に大打撃を受けてしまいます。

 

その不満は直接幕府に向かうでしょう。

幕府が何よりも恐れたのは、艦砲射撃よりも、江戸湾を封鎖、占拠されることによる物流の阻害

いわゆる兵糧攻めによる経済的な打撃だったのです。

 

幕末ライター夜食の独り言

幕末ライター夜食の独り言

 

ペリーの黒船に関しては、他にも幕府はうろたえて何もできなかったと言う話や、

弱腰外交であったというような話も一般に信じられています。

 

しかし、幕府はオランダからかなりの情報を収集しており、

また西洋技術についても知識としては有していました。

 

ですので、ペリーも日本人は、西洋の技術に対し遅れてはいるが、

知識階層はそれが何であるのかと言う点を理解しているということを書き残しています。

 

幕府の交渉も、自分たちを「弱国」であるという冷静な認識の元で

最大限の譲歩を引き出そうとしています。

徹底した筋論で戦い、ペリーの要求した小笠原の領有権などを認めさせませんでした。

 

歴史には新たな発見があり、自分が小学校、中学校で教わっていたことが、

今は全然違った話になっていると言うことも多くあります。

 

また、幕末、戦国時代などはフィクションで取り上げられることが多く、

どうしても、フィクションとごちゃごちゃになってしまうことがあります。

見事な考証を行いつつ上手いウソを混ぜる歴史小説などでは、

騙されてしまうこともよくあります。

 

ペリーに関しても信じていたことが、

実は「ウソ」だったということが多かったのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ペリーの性格とは?熊親父とは正反対なエンジニア

関連記事:阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 江戸時代の犯罪はどう裁かれた? 今とは違う価値観を紹介
  2. 大村益次郎 幕末 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは…
  3. 佐久間象山、幕末の天才奇人はどうして暗殺された?
  4. 橋本左内ゆかりの福井県をナビゲート
  5. 西郷隆盛 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?
  6. 西郷どんキャスト表「島津斉彬」「坂本龍馬」の配役は誰?
  7. 立見尚文とはどんな人?八甲田山の雪中行軍の悲劇も紹介
  8. 幕末 西郷糸子 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  2. 孔融と禰衡
  3. 徳川慶喜 幕末

おすすめ記事

  1. 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?
  2. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  3. 郭嘉と法正って似ている所あったの?
  4. 【有料記事】董卓が洛陽の人々から強奪した金額は何と○○円!
  5. 中村半次郎(桐野利秋)はどんな人?本当は冷血な人斬りではなかった!
  6. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操

三國志雑学

  1. 関羽に無視される孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

橋本左内には写真が存在するの? 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主 ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん) 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い

おすすめ記事

  1. 【キングダム予想】龐煖久しぶりの登場はレクイエムの序章?
  2. 廃刀令とはどんな法律?武士の特権を奪ったリストラ政策 鄧禹と兵士
  3. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国
  4. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 馬超と羊
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】
  6. 【お知らせ】はじめての三国志コミュニティに参加しよう! バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  7. 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの? 解煩督 呉
  8. 【三国志平話】張遼が軍師で諸葛亮が剣客に!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP