呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

幕末の偉人は外国人をどのように思っていたの?

 




 

現代の日本では観光に来る外国人が多くなり、様々な言語を耳にする機会が多くなりました。

多くの外国人が観光やビジネスで来日するのが当たり前になっていますが、

開国で揺れていた幕末の人々は外国人をどのように思っていたのか気になると思います。

 

攘夷派は外国人嫌い、開国派は外国人嫌いではないと考えられがちです。

 

また、日米修好通商条約で開港した神奈川について、本当は横浜であるにもかかわらず、

神奈川を開港すると外国人を見たことがない庶民が混乱するからという理由で、

横浜を神奈川とだまして開港したと言われています。

 

この記事では、実際に幕末の偉人は外国人をどう思っていたのか。

当時の日本人は外国人嫌いをどのようにして直したのか。この2点について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:江戸時代の犯罪はどう裁かれた? 今とは違う価値観を紹介

関連記事:江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?

 

 

井伊直弼は開国派だったが外国人は嫌いだった

 

井伊直弼(いいなおすけ)と言えば、勅許なしで強引に日米修好通商条約に調印したことで有名です。

なぜ勅許なしで強引に条約に調印したのか。

 

背景として、アメリカの総領事ハリスから中国の清のように

イギリスやフランスに侵略される前に条約を調印したほうがよいと説得されたと言われています。

 

日米修好通商条約の内容と言えば、

関税自主権がないことや治外法権(領事裁判権)を認めていることなど

日本にとって不平等な内容でした。

アメリカだけでなく、オランダ・ロシア・イギリス・フランスとも同じような不平等条約を結びました。

 

直弼が責任を負うと言って老中らを説得したことで条約の調印に成功しました。

条約は調印されましたが、水戸藩と薩摩藩の浪士が1860年の桜田門外の変で直弼を殺害しました。

 

開国に踏み切った井伊直弼は外国人が好きなのか嫌いなのか。

『井伊直弼とは何者?英雄・冷酷な独裁者?』によれば、

アメリカと実力差があるため戦っても勝てないと考えました。

いったん開国して貿易で富を蓄えてから外国と対等に交渉することを考えていました。

 

 

とにかく外国人が嫌いだった孝明天皇

 

これまでの幕末の大河ドラマを見ている人にとって、

孝明天皇(こうめいてんのう)と言えば、外国人嫌いという印象が強く残っていると思います。

孝明天皇は外国人嫌いであることから幕府の開国に対して発言力を高めました。

 

孝明天皇の外国人嫌いは何故か。

外国人を実際に見たことがない人が

得体の知れないものとして天皇や朝廷に広まったことが考えられます。

具体的には、動物の生き血を飲み、肉を食べると広めたそうです。

 

幕末の人々にとって外国人が恐ろしいものを食べていると感じたかもしれませんが、

現代ではワインや牛肉・豚肉など当たり前に食べているものです。

 

幕末のおじゃるズ公家
公家

 

岩倉具視は最後まで外国人を嫌っていた

 

岩倉使節団の集合写真において、団長の岩倉具視(いわくらともみ)だけがちょんまげで着物姿です。

外国に行く前、岩倉は西洋化に賛成でも髷を落とすことに反対して、

日本の伝統文化を重んじていました。

 

まげを落とすなど日本古来の伝統を変えることに抵抗があったと考えられます。

岩倉は下級の公家であったことから外国人に対していい印象を持っていなかったことが考えられます。

 

着物という日本古来の服装という出で立ちでアメリカに渡りました。

アメリカ人は歓迎したと思われていましたが、

岩倉はちょんまげと着物という物珍しさに集まっていたことを知り、まげを落とすことを決意しました

アメリカの首脳と会談したとき、まげを落として洋装だったと言われています

 

はじめて外国人公使と面会を望んだ明治天皇

 

現代では天皇陛下が公務の一環として

外国の大使や総領事に面会されるシーンをよく目にすると思います。

 

開国後、外国人公使と面会したのは明治天皇(めいじてんのう)でした。

明治天皇は15歳の時に即位しましたが、

当時の日本人は外国人嫌いで外国人に対する事件が起こっていました。

 

1868年、イギリスの公使パークスが京都に入ったとき、暴漢に襲われますが、

パークス自身には怪我はありませんでした。

 

明治天皇はこの事件に関して悔恨の辞を述べ、

今後暴行することを許さないことを国民に宣言しました。

この宣言を機に外国人に対する事件はほとんどなくなりました。

 

日本では明治天皇が外国人に対する堂々とした態度を示したことに対して評価されました。

一方で、イギリスでは明治天皇をどのように評価したのか。

 

10代後半の明治天皇がイギリスの皇族や公使など要人を堂々と迎えしたことに対して、

イギリスでは対等の独立国家として交際するべきであるということが示されたと評価しています。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

この記事では幕末の日本人の外国人嫌いから

明治天皇の行動で日本人の外国人に対する意識が変化する過程を取り上げました。

 

終わりに、外国人から見た日本人はどのような印象だったのか。

イギリスの公使オールコックは日本人ほど

封建主義的政府の下で幸福に生活し繁栄したところはないだろうと評価しています。

 

他の外国人の日本に対する評価を取り上げることで、

幕末の日本の評価について考え直したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう!

関連記事:衝撃!江戸時代は1862年に終った?一会桑政権vs明治政権の戦い

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. ペリーの性格とは?熊親父とは正反対なエンジニア
  2. 西郷どんが坂本龍馬を殺したって本当?
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について
  4. 横井小楠 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは?
  5. イギリス海軍軍艦に吹き飛ばされる清軍船 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!
  6. お酒が強い篤姫 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!
  7. 木戸孝允 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  8. 橋本左内の書籍にはどんなものがあるの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用
  2. 三国時代の船 楼船
  3. 孔明
  4. 牛輔と董卓
  5. 張飛のヨメ
  6. 張飛
  7. 関羽が殺されキレる劉備
  8. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布
  2. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~
  3. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの? 過労死する諸葛孔明
  4. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」 キングダム
  5. 昔の日本は中国と比べるとかなり遅れてたらしいけど、漢代の頃はどんな感じだったの? 邪馬台国と魏軍の兵士
  6. 漢王朝成立の歴史を美麗に描く!おすすめの映画3本をご紹介

三國志雑学

  1. 呉の勢力を率いる孫策
  2. 龐統
  3. 曹操は褒め上手
  4. 魏の曹操孟徳
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の姜維
  2. 袁家をイジメる董卓
  3. 曹茂

おすすめ記事

呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長 肉を食べる曹操 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの? 嬴政(始皇帝) 秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦 卞夫人 曹操 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の功績を「麒麟がくる」放送前におさらいしよう セミナリオ(教会) 明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関係も? 騎馬兵にあこがれる歩兵 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの? 親バカな諸葛孔明 諸葛亮の末裔たちの村がある!諸葛八卦村と諸葛亮の子孫についてご紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP