ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

三国志夢幻演義 龍の少年

【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その3「疎開の旅」

三国夢幻演義バナー 龍の少年

 

こんにちは。光月ユリシです。

拙著「三国夢幻演義 龍の少年」に関心を持ってくださり、ありがとうございます。

この小説では、著者の意向により、記録に残る様々な

人物にスポットを当て、活躍の場を与えています。

中には、それ誰?と首を傾げるような人物も登場します。

 

解説3回目はそんなマイナーだけど、

重要なキャラクターについて説明したいと思います。

 

方士・葛玄とは何者?

 

小説では、孔明と疎開の旅と共にすることになる葛玄。諸葛玄じゃありません。

葛玄は164年生まれで244年死去、

後漢末期から三国時代にかけて動乱の時代のど真ん中を生きた人です。

 

本籍は瑯琊となっています。

そうです、孔明と同郷なのです。

ここで思い出されるのは葛氏と諸葛氏のエピソード。

これに関しては作中で紹介しています。

 

さらに葛玄は三国志に登場する仙人・左慈の弟子で、

予章の閣皂(かくぞう)山で修業し、丹陽に遷ったとあります。

これは彼も瑯琊から江南に疎開したのだろうことを想像させます。

 

彼の雅号を「烏有」としたのは、

「烏角先生」こと左慈の弟子であることを意識してのことです。

 

葛玄は方士として有能だったのでしょう。

後に葛玄は孫権に重んじられ、葛一族は呉政権で栄達します。

そして、晋代に神仙思想をまとめた「抱朴子(ほうぼくし)」を

著す葛洪の出現に繋がっていきます。

 

葛玄が孔明らと共に疎開したというのは私の独自見解ですが、

赤壁の戦いの際に方術で東南の風を起こしちゃう孔明です。

それ以前に方術を学んだ先生がいたと考えるのが妥当でしょう。

その上、葛玄は諸葛玄の赴任地となる予章郡の山奥で修業に励んで

いるのですから、孔明の方術の師として、これ以上の適任者はいないでしょう。

 

・・・ということで、孔明と葛玄の関係性にも注目しながら、今後の展開にご期待ください。

 

メジャーなのにマイナー、袁秘

 

其之三の冒頭で名門・袁氏について簡単に紹介しましたが、

もう少し物語が進展すると、あるマイナーな袁氏が登場します。それが袁秘です。

フライング気味ですが、今後の展開を予告する意味で、袁秘を紹介しておきましょう。

 

袁秘は沛国相を務めた袁忠の子で、

袁紹袁術とは同じ血筋ですが、遠縁にあたります。

史書の記録によると、黄巾の乱が起こった際に太守を守って死んでしまいます。

ですから、皆さんが知る三国志には出てきません。

 

では、なぜその袁秘がこの小説に登場するのかというと・・・

 

そうです。小説である「三国夢幻演義」では違った展開があったのです。

その辺のエピソードはいつか機会があれば紹介するとして・・・

 

「三国夢幻演義」では、各袁氏はその名声と同じく重要な役割を演じます。袁忠然り、

袁秘然り。袁紹袁術については皆さんもご存じのとおり。

 

その手に物語の行く末を占う鍵を握る袁秘。

彼がどう孔明と関係してくるのか、こちらもご期待ください。

 

光月ユリシの独り言

 

皆さん、もうおわかりだと思いますが、「三国夢幻演義 龍の少年」の主人公は孔明です。

そして、「龍の少年」とあるのは、

この作品が孔明を主人公に据えるためのスピン・オフ作品であることを示しています。

 

「三国夢幻演義」の本編は孔明が生まれるずっと前の、

曹操孫堅劉備の青年時代からスタートします。

 

そして、彼ら三人を主人公にして、清流派と濁流派の政争、黄巾の乱の勃発と収束を経て、

皆さんが知る董卓専横、群雄割拠の時代を史実に則りながらも、

新しいビジョンと展開で描いていきます。

 

上で紹介した袁秘の件はその途中で語られています。

「龍の少年」にも登場する曹操劉備が思わせぶりな台詞を吐くのは、

この本編が根底にあるということを頭の片隅に留め、

何があったのか想像を膨らませながら読んでいただけるとうれしいです。

 

できるだけ早い時期にこちらの本編も発表したいと思っています。

 

そのためにも、「三国夢幻演義 龍の少年」共々、応援よろしくお願いいたします。

光月ユリシ

光月ユリシ

投稿者の記事一覧

九州某県某市出身。いつの頃からか「三国夢幻演義」の執筆をライフワークとし、ついにはロケハンを兼ねて中国で働くことに決めたという筋金入りサンゴクサー。休みがあれば、三国遺跡や自然美を求めて中国を遠征する旅人系サンゴクサー。またある時は現地中国人との交流を深め、一人外交に従事する日中友好サンゴクサー。夢見がちだが、割合いい人との評判。

関連記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始!
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第5話:三国夢幻演義 龍の少年「別離の日」配信中
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第9話:三国夢幻演義 龍の少年「江南動乱」配信中
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その7「廬江の少年たち」
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】三国志の世界を冒険しよう
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【告知】はじめての三国志が本格三国志巨編に挑むよ!
  7. 四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査して…
  8. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第7話「廬江の少年たち」配信日が決定しま…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 蜀の外交官・鄧芝
  3. 親バカな諸葛孔明
  4. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  5. 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう)
  6. キングダム
  7. 張翼
  8. 抜き出た曹操

おすすめ記事

  1. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった! キングダムの王騎
  2. 【芸は身を助く】曹植が邯鄲淳に一発芸を披露、王位継承者に近づく 曹植
  3. ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房
  4. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式
  5. 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかった 長曾我部元親(長宗我部元親)鳥なき島のコウモリ
  6. 董卓が幼き皇帝を救った!そのとき宮廷にいた何進は何をしていたの? 盧植と何進

三國志雑学

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 孔明 司馬懿 名前はどこで
  3. 呂布に従う陳宮
  4. 問題を解決する楊脩
  5. 亡くなる孫堅


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 祁山、街亭
  2. 吉川英治様表紙リスペクト
  3. 徳川斉昭
  4. 張飛の男気人生
  5. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜
  6. 呉南蛮異民族をボコボコにする潘濬(はんしゅん)
  7. 水野勝成

おすすめ記事

【大三国志 攻略7】大注目!序列第1位のあの同盟が登場!天下乱舞はどうなっているのか!? 孟節(南蛮討伐) 孟節とはどんな人?南蛮制圧の真の勝利者でもあり蜀兵を助けた南蛮族 宋姫 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由! 荀彧の系図を調べてみるととんでもない○○が判明!? 【11/23】朝まで三国志第2弾の電子書籍が出版されるよ! 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦 あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え 【告知】Youtubeとtwitterのヘッダー看板リニューアルのお知らせ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP