呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

春秋時代

【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵された徳行者




儒教

 

孔門十哲(こうもんじってつ)と称される孔子の10人の弟子の中で、

特に徳行において優れている者は4人挙げられています。

 

それは、孔子の最愛の弟子とされる顔回(がんかい)

孝行者として名高い閔子騫(びんしけん)

孔子に君主の器があると評された仲弓(ちゅうきゅう)

そして、冉伯牛(ぜんはくぎゅう)です。

 

徳行者として孔子に認められたという仲弓ですが、

彼に関するエピソードは『論語(ろんご)』において1条しか見当たりません。

 

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

 

 

孔子「これはもうだめかもわからんね」

 

冉伯牛の唯一のエピソードは『論語』雍也(ようや)篇に見えます。

 

冉伯牛がある病気にかかってしまった。

孔子は冉伯牛を見舞い、

窓の外からその手をとった。

 

そして孔子は次のように言われた。

「これはもうだめだねぇ…運命というものだろうか。

これほど素晴らしい仁徳者である冉伯牛がこんな病にかかるなんて。

これほどの者がこんな病に侵されるなんて…。」

 

孔子は冉伯牛病に回復の見込みが無いことを悟り、

仁徳者である冉伯牛の悲しい運命を呪わしく思っています。

 

孔子がいかに冉伯牛を高く評価していたかがわかりますね。




 

冉伯牛の病はハンセン病だった!?

冉伯牛の病はハンセン病だった

 

ところで、冉伯牛が侵されたという病は一体何なのでしょうか?

 

これについては南宋の学者・朱熹(しゅき)

「先儒以為癩(先儒以て(らい)と為す)」

と『論語集注』で述べています。

 

この先儒とは誰なのかはわかりかねますが、

前漢時代に淮南王劉安が集めた学者たちによって編まれた

淮南子(えなんじ)』精神訓に「冉伯牛、為()(冉伯牛、(れい)と為る)」という記述が見えます。

 

これらの文献に見られる「癩」や「厲」は

ライ病、すなわちハンセン病のことです。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

ハンセン病ってどんな病気?

 

ハンセン病については、

中国最古の医学書である『黄帝内経(こうていないけい)』にも記されています。

 

「病大風、骨節重、鬚眉墮、名曰大風。

(病の大風、骨節重にして、鬚眉堕つるを、名づけて大風と曰ふ。)」

 

この記述によれば、

ハンセン病の患者には骨や節の損傷が激しく見られ、

ひげや眉毛が全て落ちてしまうことが特徴として挙げられていることがわかります。

 

ひげや眉毛が抜け落ちるだけで相当見た目の印象が変わるものですが、

実は、このハンセン病にかかると顔がパンパンに膨れ上がり、

ウロコ状もしくはかさぶた状のできものが体中にでき、

その上骨が溶けてしまうために鼻や耳の軟骨も失われ、

手先も曲がって鷲や猿のような手になってしまいます。

 

顔や体のできものについては治療が進むにつれて消えていきますが、

失われた毛や骨が再生することはありません。

 

そのため、病と闘っている最中はもちろん、

完治した後もその外見に悩まされることになります。

 

その外見のあまりの変貌ぶりに人々は恐怖を抱き、

秦代にはハンセン病患者の隔離施設ができたそうです。

 

家に引きこもって人目を避けた冉伯牛

 

ハンセン病は主に鼻や口から入るらい菌によって感染しますが、

その感染力は非常に弱いもので

現代の日本ではほとんど見られない病になりましたし、

もし感染してしまっても適切な治療を受ければ重い後遺症がのこることもありません。

 

しかし、適切な治療など無かった春秋時代に生まれた冉伯牛は、

変わり果ててしまった自らの姿を人に見せて怖がらせないように、

家にこもって一人で静かに病と闘うしかなかったようです。

 

自らの体の変化にすっかり心も沈んでしまったことでしょうし、

身体中のあちこちの神経が損傷するために感じる激痛に

脂汗をダラダラとかきながら耐え忍ぶ日々はさぞかし辛かったことでしょう。

 

そんな折に見舞いに訪れてくれた師の孔子のために、

冉伯牛は病で動きにくい体を起こして窓辺に寄りかかります。

 

そして孔子から伸べられた手にその手を重ねたとき、

とても心が安らいだことでしょう。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

冉伯牛が具体的にどのような点で徳行を重ねた人物であったのかは、

『論語』にはもちろん『史記』などにも記されていません。

 

しかし、孔子がわざわざ見舞いに訪れるだけではなく、

その手を重ねて冉伯牛を惜しむ言葉を漏らしていることから、

彼が孔子にとってどれほどかけがえのない存在であったかが窺えます。

 

関連記事:春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル

関連記事:孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【孔門十哲】子路(しろ)とはどんな人?孔子と憎まれ口をたたきあっ…
  2. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子
  3. 関羽に無視される孫権 【春秋左氏伝】兄弟思いの衛の二公子の切なすぎる顛末
  4. 孔子と儒教 老子っていつ生まれて何をしていた人なの?
  5. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの?
  6. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…
  7. これは座右の銘にしたい!『論語』のおすすめの言葉10選
  8. 【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権に諫言する陸瑁
  2. 魏から蜀に下る姜維
  3. 楽進
  4. 韓玄(かんげん)
  5. 陶謙
  6. 京劇の格好をした関羽
  7. 年を取った司馬懿

おすすめ記事

  1. 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀 法正と夏侯淵
  2. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは
  3. 三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの? 三国志 武具 軍備
  4. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 魏曹操と魏軍と呉軍
  5. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君 信陵君
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】

三國志雑学

  1. 梁興と馬騰
  2. 孫策に攻撃される黄祖
  3. 趙雲
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操 詩
  2. 反董卓軍010
  3. 王允と呂布

おすすめ記事

龐徳が曹操から関羽に乗り換えなかった理由は何? 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第1話:三国夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀と熊本藩との関係は?細川ガラシャが関係している? 織田信長 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を攻略する織田家 魏から蜀に下る姜維 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた! はじめての三国志 画像準備中 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP