はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

春秋時代

【孔門十哲】仲弓(ちゅうきゅう)ってどんな人?孔子も太鼓判を押した弟子




儒教

 

孔子は理想の主君を常に追い求めていました。

 

彼はいつか魯を建国した周公旦(しゅうこうたん)のような聖人に仕え、

理想の君主のもとで周王朝のような理想の国家を築きたいと考えていたのです。

 

そんな孔子に君主たる器があると太鼓判を押された弟子がありました。

彼の名は仲弓(ちゅうきゅう)です。

 

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

 

 

孔子もベタ褒め

孔子もベタ褒め

 

孔子が両手放しで褒めちぎった人物と言えば顔回(がんかい)が有名ですが、

仲弓だって負けていません。

 

仲弓は出自があまりよくありませんでしたが、

そのことについて孔子は「まだら牛の子でも、

赤い毛並みが揃っていてその上角まで生えていたら、

山や川の神々もこぞってその牛を求めるだろう」

と言って仲弓を励ましました。(『論語(ろんご)雍也(ようや)篇)

 

仲弓の人格が大変優れているため、

たとえその出自が悪くても必ず見出されて大抜擢(だいばってき)されるはずだと

孔子は信じていたのですね。

 

実際に仲弓は()の大夫・季氏(きし)に抜擢されます。

仲弓は政治では自分に厳しく人に寛大であろうとし、

徳によって人々を治めようと努めました。

 

 

孔子、仲弓をディスった人に猛反論

 

そんな真面目な仲弓は、

どうやらおべっかをつかうのが上手ではなかった模様。

 

それが不器用に見えたのでしょう、

ある人が孔子に次のように話しました。

 

「仲弓は人を思いやる仁の心を持っているけれど、

どうにも弁が立たないね。

気の利いたことを少しでも言えたらいいのにね。」

 

これに対し、孔子は猛反論!

 

「どうしておべんちゃらが言える必要があろうか?

人と応対するのに耳ざわりのいい言葉ばかり言っているような者は、

よく人から憎まれるものだ。

仲弓が真に仁を心得ているかどうかは知らないが、

仲弓がおべんちゃらを言える必要はない!」(『論語』公冶長(こうじちょう)篇)

 

孔子は自分の愛する弟子がディスられて頭に血がのぼったのでしょうか?

 

「おべんちゃらなんて必要ない!」と2度も言っています。

 

孔子は「巧言令色鮮(こうげんれいしょくすくな)し仁」と言っているような人ですから、

そもそもおべっかつかいに否定的。

 

それなのに、「お前のとこの弟子、最低限のおべっかもつかえねぇのな」と言われ、

自分が馬鹿にされたような気もして

なおのこと腹が立ったのでしょうね。


はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

臆することなく孔子と言葉を交わし合う

 

おべっかもつかえないと人からディスられていた仲弓ですが、

孔子と楽しそうに言葉を交わす様子が

『論語』の中にもチラホラ見受けられます。

 

仲弓は子桑伯子(しそうはくし)という人物について孔子はどのように思っているのかを尋ねます。

 

孔子はその人物について、

「いいんじゃない?

細かいことに気をとられず、ゆとりがあって好感が持てるよ」

と答えます。

 

しかし、仲弓は孔子のこの言葉に対して不満に思ったらしく、次のように反論。

 

「慎み深くゆとりをもって政治を行い、

それによって人民に臨むのならば大いに結構ですね。

しかし、おおざっぱに構えておおざっぱに政を行っているのでは、

あまりにもゆとりがありすぎるというものではありませんか?」

 

この仲弓のまくしたてるような弾丸トークに圧倒されたらしく、

孔子も「仲弓が正しい」と答えています。(『論語』雍也篇)

 

師の言葉であっても間違っていると思えば

臆することなく反論する仲弓の姿勢からは、

その実直な性格がにじみ出ているように感じられますね。

 

また、仲弓は「仁」とは何たるかについて孔子に問うています。

 

孔子はこれに対し、「仁」について次のように答えています。

 

「家の外では大切な客に応対するように(うやうや)しく他人と接し、

人の上に立って人民を使うときには大切な祭に仕えるように身を慎み、

自分が嫌なことを人にしむけないように。

そうすれば国のトップに立っていても怨まれることはなく、

家にいても怨まれることはない。」

 

つまり、万民に思いやりを持って接しなさいと言っているのですね。

 

仲弓は「私は愚か者ですが、今の先生の言葉を実行していきたいと思います!」

殊勝(しゅしょう)に答えています。(『論語』)

 

この仲弓が問うた「仁」は、

私たちがなんとなく「フォトジェニック」だの「コミット」だのというカタカナ語を

意味を知ってか知らずか連発して理解している気になっているように、

当時の孔子の弟子たちにとっても

よくわからないけれど理解している気になっているが故に

わざわざ孔子に尋ねようと思わなかった概念なのかもしれません

 

それをわざわざ孔子に直接問うたのだとすれば、

仲弓は真に孔子の言う「仁」を理解しようとしたという点で

学問に対し誠実な人だったと考えることもできるでしょう。

 

また、もしも仲弓が孔子に「仁」を尋ねなかったら、

後世の人々は孔子の考える「仁」を理解できていなかったかもしれません。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

仲弓は季氏に仕えた際にとても張り切っていましたが、

季氏のもとではその理想を叶えることができないと悟って絶望し、

わずか3か月で職を辞しています。

 

根性なしと思う人もいるかもしれませんが、

信念を曲げないための英断だったと捉えることもできませんか?

 

関連記事:孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【春秋左氏伝】宋の南宮万は春秋無双!?呂布もびっくりの暴れん坊
  2. 汗血馬を手に入れる李広利 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  3. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあっ…
  4. 【孔門十哲】冉有(ぜんゆう)とはどんな人?ちょっぴりネガティブな…
  5. 関羽に無視される孫権 【春秋左氏伝】横恋慕から旦那と主君を殺し人妻をゲットした華父督
  6. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…
  7. 孔子と儒教 論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは?…
  8. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権 弔い出陣
  2. 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ)
  3. 一騎打ちをする太史慈と孫策

おすすめ記事

  1. 諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?
  2. 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望
  3. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶 ハッポウ茶
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第13部
  5. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  6. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは??  三国志時代のひざまくら

三國志雑学

  1. パワハラをする張飛
  2. 張遼・楽進・李典
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 曹操に降伏する教祖・張魯
  3. 赤兎馬

おすすめ記事

劉邦をなだめる陳平と張良 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦 三国志バトル3DRPG『異世界三国志』の予約Top10における事前予約受付をスタート 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史 美女を集めた曹叡 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた! 過労死する諸葛孔明 どうして蜀は人材難に陥ったのか? キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP